『三生三世 十里桃花』
最近、武侠ドラマとか中国古装劇とかのレビューを全然書いていませんが、観てないわけではありません。
LaLaTVやチャンネルネコで放映中の『花千骨』や『四大名補』もちゃんと(?)録画視聴しています(その前にチャンネル銀河でやってた『女医明妃伝』も『一枝梅』も観てました―観てる時も思ってたんだけど、霍建華ウォレスフォばっかりや・・・)。
私にとって、レビューは備忘録でもあるので、書かなきゃな~と思ってはいるんだけど、なかなか気力がわかなくて・・・記事にできずにいます(^^;)

そんな中、今一番ハマっているのが、YouTubeで観ている『三生三世 十里桃花』。
主演は楊冪。


日本語字幕がなく、中国語字幕なので、何とな~く、の雰囲気でしか意味はつかめてませんが、あらすじ紹介サイトなどを頼りながら視聴してます。

全58集の内、第26集まで観ました。
天君とか東華帝君とか九尾狐とか、神話の世界のような、中華ファンタジーっていうんでしょうか、『古剣奇譚』と同じような雰囲気です。
何しろ、2万歳とか7万年前とか、語られる年の単位が桁外れ(笑)
(人間界での1年が天界での1日とか。それでン万年って、どんだけやヾ(^o^;))
あと、武功ではなく、魔法のような法術が使われます。


物語は、すれ違いやら三角関係やら~の王道の恋愛モノではありますが(私が今まで観てきた印象です)、情感が丁寧に描かれていて美しくも切ないドラマで、観始めたらその世界にどっぷりハマっちゃいました。


三生三世3
青丘の九尾白狐族、白止帝の娘、白浅。
男装し“司音”と名乗って、崑崙の上神・墨淵の弟子となる。
その後、故あって、記憶、法術を封印されて人間界に落ち、
天君の孫・夜華と出逢い、彼が天界の皇太子と知らずに恋に落ちる。

三生三世5
天君の孫で皇太子、夜華。
崑崙の上神・墨淵に生き写し。
金猊獣退治のため人間界に降りた折、
記憶を失くした娘(白浅)と出逢い、恋に落ちる。
娘に素素という名を与える。

三生三世1
折顔
十里桃林に住み、九尾白狐族と親交が深い。
医術に優れる。

三生三世6
翼族の第2皇子(その後翼君)、離鏡。
ひょんなことから司音(白浅)と出逢い、好意を抱く。
(司音は男装してたけど、女性だとバレちゃったのね)

三生三世4
白浅の姪、白凰九。
金猊獣に襲われたところを東華帝君に助けられ、
恩返しをする、と帝君につきまとう。

三生三世2
東華帝君
天君より位が高いっぽい。
本性は石らしいんですが・・・。
情を持たないとか言われてましたけど、さて。

この中の人、どこかで見たことある・・・と思ってたんですが、
やっとわかった!
『古剣奇譚』の尹千觴だ!

第26集で、白浅の封印は解かれ、記憶と法術は戻ったんだけど、心の傷は深くて~ってところで続く。
次集から三生が始まるんでしょうな。
一生が司音で、二生が素素で、次の三生は白浅としての恋?
ハッピーエンドでありますように・・・。


スポンサーサイト
【2017/09/07 01:01 】 | リビング 雑記 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
砂の美術館 第10期
お盆休み、久しぶりに『砂の美術館』へ行ってきました。
せっかくのお休み、どこかに遊びに行きたいな~と思っていたんだけれど、「どこ」というはっきりした場所も思い浮かばず、お盆の準備とかあってあまり遠出もできないし、近場で―って思いついたのが、何年ぶりに訪ねるかっていうくらい久しぶりの砂の美術館。
気がつけば、もう第10期展示ですよ。
前回見たのは、第6期だから4年前?随分来てませんねぇ(^^;)
人づてに、昨年のアフリカ編南米編(すみません、間違ってました)が今までで一番よかった、と聞いたんですが、結局行きそびれちゃったしねぇ。

それはさておき、第10期はアメリカ編です。

砂の美術館第10期 1
アメリカって言えば、ハリウッドだよね。


以下、つづきにて~。

read more...
【2017/08/28 23:48 】 | お外 地域情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
『フェデネージュ』でバースディ・ディナー
先月末の事ですが、備忘録として書いておきます (;^ω^A

今年の私のバースディ・ディナーは、初めて行くところで、鳥取市内の結婚式場にある『フェデネージュ』というお店で頂きました。
自分の中ではまだまだアウェーな感じの鳥取なんですが、鳥取に移り住んですでに10年以上経ってるんで、行ったことのないお店を探すのも結構大変になってきました(笑)

で、この日は、「ヨルパリ」という期間限定イベントが利用できないということだったので、テイスティングコースを注文。

フェデネージュ1
アミューズは、桃のスープと生ハム。
以前にも桃のスープは飲んだことがあるけれど、ここのはしっかり濃い味。
でも、ジュースじゃないんだな。

フェデネージュ2
鯛とイカ、紅芯大根のサラダ ビーツのソース。
お魚が新鮮で美味でした。

フェデネージュ3
コーンスープ。
上の白い泡は、ベーコンで香りづけされてました。
一体どうやって作るんだろ!?

フェデネージュ5
米粉のパスタ レモンクリームソース。
意外とサッパリしてて美味しかった。

フェデネージュ4
骨付き鶏。
フランスの伝統的な茄子のソースって言ってたような気がするんだけど・・・
忘れた(^^;)

フェデネージュ6
デザートは、グレープフルーツのゼリー。
上に載ってる白いのは・・・ココナッツだったかな~?


落ち着いた雰囲気で、ゆったりお食事できましたが、味は全体的に濃い目かな。
で、お値段もちょっと高め。
リピートはしないかもな~。でも、ランチは食べてみたいな。


【2017/08/08 16:29 】 | お外 地域情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ペットファウンテン
話は、4月に遡りますが・・・
我が家の愛猫、ななの耳の根元と口元にぽちっと粒状のデキモノがあることに気づきました。
厳密にいうと、耳の根元に水泡状のモノあるのは前から知ってましたが、あまり気にしていませんでした。
それが最近大きくなってきてるんじゃないか?とオットが言い出し、口元に米粒状のデキモノがあることにも気づいたのです。
以前、友人の飼い猫が鼻の下に癌が出来たという話を聞いていたので、心配になって、動物病院で検査を受けることに。
で、高齢猫でもあるので、この際、ななだけでなく、ぱせりも一緒に検査を受けることにしました。

検査は、デキモノに針を刺して組織を採取し、それを調べるというもので、結果は、耳の根元からは肥満細胞が見つかったので肥満細胞腫。口元からは肥満細胞は見つからなかったけど、見つからなかったからと言って肥満細胞腫ではない、とは言えない、というものでした。
肥満細胞腫って何?と思っていたら、先生の説明では、犬の場合は絶対手術を勧めるけど、猫の場合は、体が小さいので、手術でマージンが大きく取れないこともあり、手術しないでそのまま様子を見ることもできる、というものでした。高齢猫の場合は、手術をしない選択もあります、と。
ガンなんですか?って聞いたら、「そうです」って言われました。
デキモノが大きくなるようなら、やはり手術した方がよい、でも、手術をしても再発の可能性はある、と。
ななに痛くて怖い思いをさせるのはどうか、と思い悩みましたが、デキモノが大きくなってからの手術はより大きな負担だし、今回は手術をすることにしました。
そして、5月、無事に手術を終え、今は、点滴のために剃られた手首の毛も生えそろってきて、すっかり元通り―というか、食欲大魔神と化し、食欲は術前の5割増しになっております。
「メシ出せ」コールがうるさいのなんのって。。。(_ _;)
ペットファウンテン2


一方、一緒に血液検査を受けたぱせりですが。
こちらは関節炎な上に腎臓も悪いことが判明。普通の餌から腎臓病の療法食に切り替えることになりました。
これがね~、めっちゃお高いのですよ~(ノД`)・゜・。
しかも!
動物病院から貰った各メーカーの療法食の試供品は、結構パクパク食べたので、よかった、どのメーカーでも大丈夫そうだ、と喜んだのに、いざ正規品を買ってみたら、ヒルズは食べないΣ(゚д゚lll)ガーン
ROYAL CANINに飽きたっぽかったので、ヒルズのを買ったのに。「これイヤ」とばかり、臭いをかぐだけでプイっとする。
何だよ~、試供品は喜んで食べてたくせに~。2kgも買ったのに、どーすんだよ(´;ω;`)
とりあえず、ROYAL CANINの食いつきが悪くなったら、こっそり混ぜてやってみようと思ってますが。

で、ROYAL CANINを買ったら、掃除機とか4種類くらいだったかな、景品が当たる応募はがきがついてたので、応募してみたんですね。一応、にゃんこのため、と思って、にゃんこ用の景品に。
そしたら、何と、当たっちゃいました(笑)
ペットファウンテン1
猫用の給水器、ペットファウンテン。

だれも使ってくれないんだけど。。。(´-ω-`)





【2017/08/01 16:32 】 | リビング 猫 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
護衛艦さみだれ&いなづま
ご無沙汰しております。
またしても、久々の更新です(^_^;)

去る7月23日、鳥取港に寄港していた護衛艦の見学に行ってきました。
今回は、「さみだれ」と「いなづま」(船名は気象由来ですね)の2隻です。
2隻も、どないやって停泊してるんかな~?と思ってたら、縦列駐車じゃなくて二重駐車だった(笑)

護衛艦さみだれ&いなづま1

23日の午後2時頃に出かけたんですが、駐車場に入る車でまさかの行列(@_@。
何回か護衛艦を見に来たことあったけど、こんなに車が行列しているのは初めてで、見学時間が午後3時半までだと思っていたので、大丈夫かしら?とちょっと焦りました。
駐車場に車を止めた後も、手荷物検査のために長い行列ができてたんですが、懸念するほどのこともなく、無事、時間内に見学することができました。
(実際は、午後4時まで見学できたみたいで。受付時間が午後3時半までだったんだわね)

護衛艦さみだれ&いなづま3

護衛艦の装備についてはあまりよくわからなくて―ていうか、説明パネルを読めば、スゴイ装備なんだってことはわかるし、そういう装備で我々は守られていて、有事の際には威力を発揮するのだと、理解はしているのだけれど、やっぱり、どこかでそういうものを使わないでほしい、と思いながら見学することへの引け目みたいなものもあって、ちょっと複雑な心境になってはいました。

護衛艦さみだれ&いなづま4

が、それ以上に、私は、とにかく横づけになっている船と船の間を渡ってみたくて、ワクワクしていたのであります(笑)
この時丁度、“来艦者が増えてきたので、「さみだれ」の後甲板を解放します”みたいなアナウンスがあったので、実はラッキーだったのかもしれません。

護衛艦さみだれ&いなづま5
青い垂れ幕がかかっているところからお隣の艦に渡れます。

「さみだれ」では、ラッパの演奏(って言わないよなー、多分(^^;ゞ)があって、「いなづま」では、ロープの結び方とかラッパを吹く体験なども催されておりました。
ロープ結び、挑戦してみたかったけど、何しか、暑い!!汗が背中をたら~っと流れるのが判る程で・・・(´д`;)
早々に撤退しました。

護衛艦さみだれ&いなづま6
帰り際、「いなづま」が掲げているあの旗の意味を乗員さんに
尋ねたら、「Welcome」だと教えてくれました。


地上では、PAC3や155ミリ榴弾砲も展示されてました。
護衛艦さみだれ&いなづま2

護衛艦と一緒に写真に撮れるよう配置したらしいですがー・・・
護衛艦さみだれ&いなづま8
何だか、イマイチ(_ _;)

てか、護衛艦を全部収めようとするのがまず無理だし。
「一緒に」の意味が私の想像と違ってたわ(^▽^;)

最後に対岸から。
護衛艦さみだれ&いなづま9


ちなみに前回護衛艦を見学した記事はこちら→
もう、3年も前なのね(;^ω^A

【2017/07/27 23:54 】 | お外 お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ