DVD観賞 『セブンソード』
今日も晴れて暖かいです。
なのに、私の手と足にはしもやけが!うぅ~、この季節がやってきましたよ(_ _;)


セブンソード [DVD]セブンソード [DVD]
(2006/02/03)
レオン・ライ、ドニー・イェン 他

商品詳細を見る

『英雄剣』(感想はこちら→)と共に、reiさんからお借りしているDVDです。
レンタルして観たはずなんですけど、内容をほとんど(全くと言ってもよい(^_^;ゞ)覚えていないので、また観たいなぁと思っていたところ、reiさんが快く貸してくださいました。
いつもありがとうございます~m(_ _)m

時は清朝。皇帝は禁武令を出して庶民が武術を学ぶことを禁止し、清軍は武装する集落を女子どもも含めて容赦なく殲滅して行く。明朝の死刑執行人だった傳青主は、韓志邦、武元英と共に天山へ助けを求める…



初めて観たときは、たぶん、“武侠”というものを知って間もない頃で、俳優さんの名前もよくわからず(今だって詳しくないけど)、登場人物も舞台背景も把握しきれないままに終わってしまったんだと思うんですよね。
今回は、とりあえず、人物関係と背景はある程度わかっている(ドラマ版の観賞が途中でストップしてますが、十分間に合いました(^_^;ゞ)ので、余裕を持って観ることができました。
そして、陸毅ルー・イー(孔明@『三国志 Three Kingdoms』)と周群達ダンカン・チョウ(王振威@『鏢行天下』)が出演していると聞いていたのを、「あ、ホントだ」と確認できました(笑)

ドラマ版の最初の部分が映画になったような感じなので、ドラマ版と同じく、『セブンソード(七剣)』というタイトルながら、内容は天山三部作(『白髪魔女伝』『塞外奇侠伝』『七剣下天山』)の中の第2部『塞外奇侠伝』になるようですね?
先にドラマ版を観ていたおかげで観やすかった面もありますが、逆に違和感を感じるところもありました。
映画版では元英は女性で、楊雲驄と意識し合うようになるし(飛紅巾も明慧も登場しないので、女性要員が少ないから?)、楚昭南は緑珠と同じ民族(高麗人)だし、村人の元英は雲驄から剣の使い方を教えてもらってたけど、牧童の志邦は教わらなくても舎神剣を使いこなしていたり。
映画という時間の制約があっては仕方のないところもありますが、剣士たち個々の来歴や性格まで掘り下げて描ききれなかったのももったいない感じです(まぁ、ドラマ版を観ているからそう思ってしまうのかもしれませんが)。
でも、アクションシーンは見応えがありました!
(『新笑傲江湖』のアクションがイマイチなもんで飢えてたのか、この映画を観たら妙にスッキリしたという…相当溜まってたらしい・爆)
流血のえげつないシーンもありましたが、剣士それぞれに見せ場があって、穆郎の日月剣とか面白い使い方だったし、昭南と雲驄が力を合わせて闘うシーンも見応えありました。
由龍剣、カッコいいわ~(笑)
そして、争いごとを好まない郁芳が初めて人を殺めた後の取り乱しようは現実味がありました。人の言葉に流されがちだった郁芳が子どもたちを守るために自ら行動した結果ですが、このことが彼女を強くしていくんだろうね。自分を守ろうと剣士たちと別れた志邦を、剣士たちの下へ送り出せたんだから。

人物関係や背景がわかっていなかったら内容が分かりにくい、というのが難点で、一般ウケはしませんが、中華版「七人の侍」だと思ってみると、面白く観られるじゃないでしょうか。
アクション重視で見る分には、充分観賞に堪えると思います。
私にはとても面白かったです!

ドラマ版の視聴を再開しなくては…と思いつつ、なかなか手をつけられないでいます。この高揚感が覚めない内に取り掛かれればいいけどなー、無理かなー(^^;ゞ
昨日からLaLaTVで、また新しい中国ドラマ『傾城の皇妃』が始まったんで録画しているのですが、そっちを観てたら時間なさそう(林心如主演で『美人心計』に似た感じ?とも思いますが、霍建華と厳寛<秦歌さま@『大人物』>が出演してるんで、見てみようかと・笑)。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/12/03 16:36 】 | 映写室 武侠ドラマ 七剣下天山 | コメント(8) | トラックバック(1) | page top↑
『七剣下天山』 第19集~第21集 感想




楊雲驄を助けるため清の砦を襲う飛紅巾たち。
混戦の中、雲驄は哆格多の矢を受け負傷し、飛紅巾は楚昭南に助けられて撤退する。
傷を負った雲驄は、納蘭将軍の娘、明慧に助けられ、介抱される。多くの清兵が負傷しているのを見ている明慧は、雲驄が多くの人を殺してきたと責めるが、雲驄の「清兵も同じコトをしている」との言葉に現実を知る。
明慧は、傷が回復した雲驄を逃がすが、雲驄をかくまっていたことが哆格多にバレてしまう。
明慧をここに置いておけぬ、と思った哆格多は、納蘭に明慧を伊梨に送るよう命じ、さらに、この戦が終わって杭州に戻ったら明慧を妻にする、と告げる。
こうして、明慧は清兵に守られて砦を出発するのだが、その隊列を飛紅巾らは清の要人の護送と判断、ちょうど居留地の近くを通りかかるのを狙って襲いかかり、明慧は捕らわれてしまう。
一族の仇、と明慧を殺そうとする飛紅巾に対し、雲驄は明慧を助けようとするのだが――というお話。

以下、ネタバレ感想です。
read more...
【2009/12/13 00:30 】 | 映写室 武侠ドラマ 七剣下天山 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
『七剣下天山』 第16集~第18集 感想



納蘭将軍の娘 明慧


飛紅巾は、仲間を連れ、水源を探して砂漠を旅していた。埃爾江(処刑された飛紅巾の昔の恋人)から「飛紅巾を助けてやってくれ」と頼まれていた楊雲驄は、彼らと行動を共にしていたが、別行動をとった方が効率がよいと判断、一行を離れて水源を探した結果、川を見つける。
その夜、一族は川辺で喜びの宴を張り、雲驄と飛紅巾は意気投合して酒を酌み交わす。
翌日、「このまま仲間になればいい」と言う飛紅巾に、雲驄は「山へ帰る」と告げる。その山が天山だと知った飛紅巾は、態度を豹変させ、雲驄を追い出しにかかるのだった。
砂漠の清軍の砦には、納蘭将軍の娘 明慧が、兵士たちに家族の手紙を携えてやって来ていた。
手紙によって里心がつくと士気にかかわる、と、明慧に軍の規律を乱されることを懸念していた哆格多だが、やがて、美しく聡明な彼女に心惹かれていく。
飛紅巾らと別れた雲驄は、清軍が飛紅巾たちを討伐しようと砂漠を進軍するのを見かけ、急を知らせに戻る。これに恩を感じた飛紅巾は、崖下に落ちた青幹剣を一緒に探し、青幹剣は雲驄の手に戻る。
一方、哆格多は、丘東洛の師父 斎真君を陣中に迎え入れ、七剣士たちと戦わせようとしていた。
砂漠で飛紅巾と雲驄を見つけ出した斎真君は二人に襲い掛かり、飛紅巾と雲驄は苦戦。そこへ楚昭南が現れて――というお話。

以下、ネタバレ感想です。

read more...
【2009/12/04 15:03 】 | 映写室 武侠ドラマ 七剣下天山 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『七剣下天山』 第13集~第15集 感想



穆郎から武芸を習う郁芳


自分は役立たずだと嘆く郁芳に、穆郎は「自分が剣を教えるから、郁芳老師は字を教えて」と提案。穆郎の手解きを受けて、郁芳の剣術は上達する。
そして、はぐれていた紅槍会の頭領や元英らは、郁芳たちの居所を探しあて、無事に再会する。
清兵が迫っていることを知った郁芳たちは、身を寄せていた趙家の主人の好意で、結婚式の行列に紛れて清兵の目を逃れようと画策。新郎新婦(郁芳、穆郎、子どもたち)の組と、清兵をひきつける騎兵(頭領、元英、志邦たち)の組の二組に別れて、何とか村を脱出するのだった。
その後、頭領たちは、傅青主、辛龍子と再会。
傅青主は、都の紅槍会のメンバーに「本部(杭州だったか?)に集まれ」との頭領の言を伝えるため、元英、辛龍子を連れて北京へ向かうことになる。
一方、楚昭南は、緑珠を荼毘に付したあと、楊雲驄を探しに天山へ。
その雲驄は、天山近くの牧夫の家に世話になっていた。そこで、追手に追われて匿われていた男と意気投合するのだが、追手の飛紅巾という女傑が現れ、男を連れ去った上に青幹剣も持って行ってしまう――というお話。

以下、ネタバレ感想です。
read more...
【2009/11/29 08:30 】 | 映写室 武侠ドラマ 七剣下天山 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
『七剣下天山』 第10集~第12集 感想





哆格多が楚昭南を助けたのは、他の剣士の行方を質すためもあったが、由龍剣と共に味方に引き入れたいがためであった。昭南との直接交渉は決裂するが、哆格多は緑珠と取引し、昭南の愛を得れば金と自由を与える、と約束する。程なくして、緑珠は昭南の愛を得たと報告するが、哆格多はそれを証明するため、二人で逃げて由龍剣を入手し、その後は昭南を毒殺するよう命じるのだった。
一方、郁芳、韓志邦、穆郎と子どもたちは、清兵から逃れるため川を下り、ある村で世話になっていた。
しかし、各地に紅槍会の捕縛命令が出されており、郁芳たちにも清兵の追手が迫る――というお話。

以下、ネタバレ感想です。
read more...
【2009/11/18 14:34 】 | 映写室 武侠ドラマ 七剣下天山 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ