国宝展と原画展
ご存知の方はご存知でしょうが、今、京都国立博物館では、特別展覧会『国宝展』が開催されています。
10月3日から11月26日まで、国宝約210件が4期に分けて展示されるのです。

全国から国宝が集められ、いっぺんに観ることができるなんて、そうそうあることじゃありません。
しかも、京都は行けない距離じゃなし、この機会を逃す手はない!
てことで、行って参りました~(´▽`*)

国宝展と原画展1

私が行ったのはⅢ期の初日だったのですが、すでに『国宝展』に行ったことのある友人から、
「すごい人だから覚悟して行くように。まずHPなどで公開されている展示リストを見て、“これだけは観たい”というモノを確認してから行くといいよ」
というアドバイスを受けていたおかげで、すごい人の行列にも圧倒されず、観たいモノを見落とすこともなく、国宝を堪能することができました。

教科書でしか知らなかった国宝の実物を観られたのは、やはり貴重な体験だったと思います。
近くに住んでたら、全期行きたかった~!

展示以外にも、日本画の顔料や墨、螺鈿、蒔絵の製造過程を紹介するコーナーがあって、そちらもなかなか面白かったです。
胡粉(ごふん)が貝がらを砕いて作るとは知らなかったし、墨の匂いが膠の臭いを消すための香料の匂いだってことも、初めて知ったし、金印の重さを実感できたり(純金だけあって、小さいのに結構重い)。
親しみやすさと技術の素晴らしさと両方を感じられてよかったです。


そして、その翌日には、神戸ゆかりの美術館で開催されていた『萩尾望都SF原画展』へ行ってきました。
モー様は私が大好きな漫画家なのです。
学生時代、どんなに夢中になって読んだことか・・・その原画が観られるなんて、こんな機会、逃す手はない!
てか、逃してなるものか!

国宝展と原画展6

本当は、国宝展と原画展と1日で回ろうと思ってたんだけど、あまりにも無謀だというコトに気づき、実家に泊めてもらって2日に分けて行って参りました(笑)


国宝展と原画展5
レッド・星と
国宝展と原画展4
阿修羅がお出迎え~♪

国宝展と原画展3
一緒に記念撮影できるんです。
見ず知らずの人とお互い撮りあいっこしちゃったよ(笑)

はぁ~~~、もうね、素晴らしかったです。描写の繊細さと妥協のなさ、尽きない想像力と創造力。表現することへの追求というのか、とにかく、A4サイズくらいの紙面からにじみ出るパワーがすごい。
いや~、観れてよかった!感涙ものでした~

もう一回読み直そう。




スポンサーサイト
【2017/11/07 00:58 】 | お外 お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
護衛艦さみだれ&いなづま
ご無沙汰しております。
またしても、久々の更新です(^_^;)

去る7月23日、鳥取港に寄港していた護衛艦の見学に行ってきました。
今回は、「さみだれ」と「いなづま」(船名は気象由来ですね)の2隻です。
2隻も、どないやって停泊してるんかな~?と思ってたら、縦列駐車じゃなくて二重駐車だった(笑)

護衛艦さみだれ&いなづま1

23日の午後2時頃に出かけたんですが、駐車場に入る車でまさかの行列(@_@。
何回か護衛艦を見に来たことあったけど、こんなに車が行列しているのは初めてで、見学時間が午後3時半までだと思っていたので、大丈夫かしら?とちょっと焦りました。
駐車場に車を止めた後も、手荷物検査のために長い行列ができてたんですが、懸念するほどのこともなく、無事、時間内に見学することができました。
(実際は、午後4時まで見学できたみたいで。受付時間が午後3時半までだったんだわね)

護衛艦さみだれ&いなづま3

護衛艦の装備についてはあまりよくわからなくて―ていうか、説明パネルを読めば、スゴイ装備なんだってことはわかるし、そういう装備で我々は守られていて、有事の際には威力を発揮するのだと、理解はしているのだけれど、やっぱり、どこかでそういうものを使わないでほしい、と思いながら見学することへの引け目みたいなものもあって、ちょっと複雑な心境になってはいました。

護衛艦さみだれ&いなづま4

が、それ以上に、私は、とにかく横づけになっている船と船の間を渡ってみたくて、ワクワクしていたのであります(笑)
この時丁度、“来艦者が増えてきたので、「さみだれ」の後甲板を解放します”みたいなアナウンスがあったので、実はラッキーだったのかもしれません。

護衛艦さみだれ&いなづま5
青い垂れ幕がかかっているところからお隣の艦に渡れます。

「さみだれ」では、ラッパの演奏(って言わないよなー、多分(^^;ゞ)があって、「いなづま」では、ロープの結び方とかラッパを吹く体験なども催されておりました。
ロープ結び、挑戦してみたかったけど、何しか、暑い!!汗が背中をたら~っと流れるのが判る程で・・・(´д`;)
早々に撤退しました。

護衛艦さみだれ&いなづま6
帰り際、「いなづま」が掲げているあの旗の意味を乗員さんに
尋ねたら、「Welcome」だと教えてくれました。


地上では、PAC3や155ミリ榴弾砲も展示されてました。
護衛艦さみだれ&いなづま2

護衛艦と一緒に写真に撮れるよう配置したらしいですがー・・・
護衛艦さみだれ&いなづま8
何だか、イマイチ(_ _;)

てか、護衛艦を全部収めようとするのがまず無理だし。
「一緒に」の意味が私の想像と違ってたわ(^▽^;)

最後に対岸から。
護衛艦さみだれ&いなづま9


ちなみに前回護衛艦を見学した記事はこちら→
もう、3年も前なのね(;^ω^A

【2017/07/27 23:54 】 | お外 お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
ルミナリエを観てきました~
去る12月3日のことですが。
(最近こんなんばっかりやね(^^;ゞ)
所用あって神戸へ行き、そのついでにルミナリエを観てきました。

三宮から歩くのが面倒だったので、少しでも歩かずにすむように~と元町まで行ったら・・・
行ってびっくり!
駅を出て目に飛び込んできたのは、ぞろぞろと歩く人の群れ。
何じゃ、この人の群れは!?と思ったら。
ルミナリエに向かう人の列らしい。
その列の最後尾に並ぶためには、ルミナリエと反対方向に歩いてかなきゃならない上に、
交通整理のお巡りさんのいうことには、「ここからルミナリエの会場まで約1時間かかりますー」とな。
はぁ~~~~?(´゚д゚`)
三宮から歩くのがイヤで元町まで来たというのに、何でまた遠回りをせにゃならんのだ!!(;一_一)
何年か前にルミナリエを観に来たことがあるけれど、その時はこんな規制なんてなかったのに。
いつの間に!?
申し訳ないけれど、時間もないし、列に並んでまでしてぞろぞろとルミナリエを観に行く気にはなれません。
ので、規制されたルートを迂回して、別ルートからルミナリエを目指しました。
規制されたルートは、ルミナリエの「光の回廊」をくぐるためのルートで、別ルートを通った場合、当然のことながら横入り不可なので「光の回廊」をくぐることは出来ませんが、入り口を観ることはできます。

ルミナリエ5
横から見ても十分綺麗でした。

そして、別ルートで東遊園地へ。
ルミナリエ1

ルミナリエ2
「光のカッサ・アルモニカ」

ルミナリエ3

ルミナリエ4

ブルーを基調にしたとても素敵な光の芸術でした。

帰りは三宮まで歩きました。
結構、疲れた(^^;)
どうせポートライナーに乗るんだったんだから、貿易センター駅まで歩けばよかったんだねぇ。

一番の最寄り駅は、ポートライナーの貿易センター駅だわ、きっと。

【2016/12/25 00:33 】 | お外 お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
金沢 車中一泊旅行 その3
すっかりご無沙汰してしまいましたー(^^;ゞ
書きたいことはいろいろあったのですが、ちょっとまとまった時間が取れなくて放置していたら、あっという間に1か月が経ってしまいました。
体調不良とか身辺に変化があったとかそういうことではないので、ご心配下さっていた方がいらっしゃったら、ご安心ください!
これから、また、ボチボチと更新していきたいと思ってます。


ということで、金沢旅行記の続きから・・・(;^ω^A

道の駅で一泊したわけですが、その日、日中は雨に降られ、夕方は小降りになったものの、夜にはまた風を伴った大雨になりました。
車の屋根に当たる雨音の大きいこと(^^;)
どこでも寝られるのが特技だった私ですが、この夜はさすがに雨の音で目が覚めて、なかなか寝つけませんでした。
ま、それでもいつの間にか寝てたんだけどね(笑)

以下、つづきにて~
(長文なので、お暇な時にどうぞ)


read more...
【2016/11/30 23:48 】 | お外 お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
金沢 車中一泊旅行 その2
地震のおかげで、高校時代の友達と、何十年ぶり?ってくらい久しぶりに話をし、東京にいた頃お世話になっていた老師からも久しぶりにメールをいただきました。
本当に久しぶりで、不謹慎かもしれないんだけど、何だか嬉しかったです。
まぁ、無事だったからこそ、こうやって喜べるのではありますが。


さて、金沢21世紀美術館で金魚を堪能した後は、ちょっと疲れたのと、今後の予定を立てるのにゆっくり座ってお茶でもしようと、香林坊まで足を延ばしました。

金沢車中一泊旅行34
これはその途中で撮った消火栓のふた。
兼六園の風景ですね。



以下、つづきにて~

read more...
【2016/10/25 23:34 】 | お外 お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ