餅つき
いよいよ年末、お正月を迎える準備に追われる頃ですね。
正月用の餅をつくお手伝いに、再び夫の叔父の家へ行ってきました。
デジカメを忘れてしまって、携帯カメラで撮ったので、写真の画像はあまりよくありませんが…

餅つき1蒸篭でもち米を蒸しています。
もち米、何と2斗研いだとか。
叔父さんの息子達や私達家族の分もあるので、大量です。
白餅のほか、ヨモギ餅と栃餅を作ります。

餅つき5蒸しあがったもち米は餅つき機でつきます。
昔は臼と杵でついたんでしょうけれど、さすがに今はそれはありません。

餅つき4餅つき2つきあがったお餅は、餅を切る機械“まるちゃん”で切ります。
単純な作りながら、なかなかの優れもの。
ただ、しっかり台を抑えていないと、作業をしているうちに少しずつ動いてしまうのが玉に瑕。。。


餅つき3切れたお餅は丸めて、固くなるまで置いておきます。
こちらでは、丸餅が一般的です。
2斗のもち米を10回餅つき機でつきました。6回は白餅、2回はヨモギ餅、2回は栃餅です。
1回にだいたい50~60個の餅が出来たので、、、えーと?全部で5~600個?おぉ!
お餅を丸めるのが楽しくて、結構夢中でやっていましたが、改めて数を数えると、すごいですねぇ。よくやったもんだ(笑)叔父が「ケンカと餅は1人じゃできん」と言っていましたが、なるほど、納得。
でも、6家族で分けるんだから、それくらいの数にはなりますね。
つきたてのお餅を特権とばかりにツマミ食い。つきたては、やはり美味し~(^-^)


夫が正月休みに入り、年末準備やらで忙しくなるので、年内の更新は今日でおしまいです。
年明けにまたお会いしましょう。
よいお年を!

スポンサーサイト
【2007/12/29 01:32 】 | お外 農作業 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
フォトスタンド
出産祝い3 出産祝い1 出産祝い2

以前、中国語を習っていた先生に赤ちゃんが生まれました。
私が習っていた頃は大学に通う留学生だったのですが、今は結婚して、地元企業で働いています。
先日、先生ご一家に会う機会があったので、お祝いに、フォトフレームにクイリングをしてプレゼントしました。
急に会うことが決まったので、クイリングも急ごしらえ。
何か不揃いだけど、、、手作りってことで許してもらおう(^_^;)
【2007/12/27 14:53 】 | アトリエ クイリング&カリグラフィー | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
味噌作り
夫の叔父が兼業農家で、自家製味噌を作っています。
時々分けてもらっていたのですが、3年ほど前、夫の母が自分達の分は自分達で作ろうと言い出して、叔父の指南を受けながらの味噌作りが始まりました。
今回は3回目です。
道具は全部叔父から借りなければならないので、作るのは叔父の家です。
叔父の家は鳥取の山間部にあって、とても寒さの厳しい所です。
行った日(クリスマス・イブ)は、雪には降られませんでしたが、晴れたかと思うと急にみぞれが降ってきたりという、あまりよくない空模様の下での作業となりました。

味噌作り1まず、大豆を指の先で簡単につぶせるほど柔らかく茹でます。
茹で上がった大豆をざるにあげているところです。
今回は7升の大豆を3回に分けて茹でました。

味噌作り3茹で上がった大豆をミンサーですりつぶします。
結構重労働。ハンドルが重く回りにくくなったら、大豆のゆで汁を少し流して動きをよくしながらすりつぶします。

味噌作り2これは米麹。
固まっているのでほぐしているところです。
今回は21枚。(お米を渡しての物々交換だったらしい)

味噌作り4すりつぶした大豆に米麹と塩を混ぜ込みます。
固さ加減を大豆のゆで汁で調節します。
大豆7升に対して塩は6㎏弱だったかな?(結構アバウト(^^;ゞ)

味噌作り6大豆と米麹と塩がまざったら、お団子を作ります。
泥んこ遊びを思い出したりして…(笑)

味噌作り5できた味噌団子を漬物樽に空気を抜きながら詰めていきます。

味噌作り7仕上げに、上に味噌が隠れるくらいの塩をのせてフタをします。
後は熟成させて食べごろを待つだけ。
叔父が言うには、3年ほど熟成させるのが一番美味しいそうです。
美味しいお味噌になってね~♪
3年後が楽しみ(^-^)

【2007/12/27 00:00 】 | お外 農作業 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
キャンドル・ナイトとクリスマス・ディナー
22日、冬至のキャンドル・ナイト。やってみました。
心配していた猫たちの行動ですが、とりあえず、大丈夫(^-^)v
蝋燭をひっくり返すことなく、おとなしく(ってわけでもないけど…蝋燭にくんくん鼻近づけてたし)事故もなく。
蝋燭の明かりだけっていうのも、なかなか素敵ですね。

キャンドル1

キャンドル2

クリスマスもついでに祝っちゃいました。

クリスマスディナー定番!骨付き鶏もも肉のオーブン焼き。
実は結婚して初めて作った気がする・・・
子供の頃、クリスマスやお誕生日に母がよく作ってくれてました。
夫もクリスマスには骨付き鶏もも肉を食べていたそうですが、夫の家では素揚げにしてたそうです。
各家庭にそれぞれの味がありますね。


【2007/12/25 22:09 】 | リビング 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
クリスマスカード
クリスマスカードを作りました。

クリスマスカード1 クリスマスカード2

クリスマスカード3 クリスマスカード4

今年は冬のグリーティング切手を購入したので、クリスマスカードを作って友達に送ろう!と張り切っていたのに、気がつけばクリスマスはもう間近。
カードはこの2枚しか作れなくて…( ̄ロ ̄lll)
結局、カードは身内にしか送れませんでした。。。

赤い方のカードの文字も、本来なら自分で書こうと思っていたのに、カリグラフィーを練習する時間がなくて、パソコンのフォントで作っちゃいました。
来年は、もう少し計画的にカードを作らなくては…(もう来年の話しかっ(^^;ゞ)


明日は冬至です。
柚子風呂に入らなくちゃ。もらった柚子がまだ大量に残っているので、それを使いましょう。ありがたや、ありがたや。
かぼちゃも食べなきゃね。
明日の夜は、8時から10時まで、電気を消して蝋燭の明かりで過ごそうというキャンドルナイトが各地で催されるようですね。
蝋燭の明かりでゆったり過ごす…ということを一度やってみたかったのですが、猫たちには危なそうなので断念していました。でも、やってみなくちゃわからないわけだし・・・。明日の夜は、ちょっとキャンドルナイトにトライしてみようかなと思っています。
【2007/12/21 15:44 】 | アトリエ クイリング&カリグラフィー | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
本能?
今日は晴れて暖かく、過ごしやすいお天気でした。
12月とは思えません。まだ積もる程の雪も降ってないし。
雪が積もるのはイヤなんだけど、こんなんでいいのか?とも思ったりする…

さて、我が家の庭には紅葉があるのですが、今、ちょうど散り盛りです。
風が吹くとひらひらと黄色い葉っぱが散っています。
それを窓辺のキャットタワーから眺めるのがぱせりさんのマイブーム。
動く葉っぱが虫か何かに見えて本能がうずくのか、じーっと紅葉の樹を見上げては、葉っぱが散るとその行方を追っています。
こんな感じです↓
ぱせりと紅葉1ぱせりと紅葉2ぱせりと紅葉3ぱせりと紅葉4ぱせりと紅葉5

ぱせりと紅葉6飽きないのね・・・


で、散った葉っぱで庭はこんなん・・・(網戸越しに写真を撮ったので、何だか霞んでますが)
本当は掃除しなきゃいけないんでしょうけど、ほったらかしで~す(^_^;)
庭の紅葉

【2007/12/20 15:16 】 | リビング 猫 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
親蟹づくし♪
山陰の冬の味覚といえば、蟹!
福井では「越前蟹」と呼ばれている蟹、鳥取では「松葉蟹」と言います。同じズワイガニです。
味もピカイチです。
でも、ジモティがいつも松葉蟹を食べていると思ってはいけません。
松葉蟹は贈答用、お客様用のもので、普段は滅多に食べません。
その代わりといっちゃなんですが、もっともよく食べられるのが「親蟹」(セコガニとも言います)です。
ズワイガニの♂が松葉蟹、♀が親蟹です。
♀ですから、タマゴを抱えてます。これが、美味しいのですよ~~♪
オヤガニ1昨日、この親蟹を6杯ももらったので、早速夕食に頂きました。
脚もげですが、美味しいのは内子とミソなので、脚の1本や2本、たとえ全部なくたってどーってことありません。
2杯は大根とみそ汁に。
2杯は蟹めしに。
残る2杯は後日に残しました。(湯がいて身をほぐして冷凍です)

オヤガニ2見て見て、この内子とミソ!!
美味しかったです~~。
満足満足♪
【2007/12/19 16:56 】 | キッチン つくったもの | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
カルピス<特選バター>
カルピスバター
あのカルピスがバターを作ってるってご存知ですか?
私も人に教えてもらうまで全然知らなかったのですが、カルピス<特選バター>は、一流フランス料理店のシェフも絶賛する知る人ぞ知る“幻のバター”なんですって。
「幻の」とか「期間限定」とかにものすごく弱い私、このバターのことを知って、食べてみたいとは思いましたが、近所のお店には売ってないし、インターネットでももちろん購入できるのですが、何しろ、「これがバターの値段!?」ってくらい、すごいお値段です。おいそれとは買えません(^_^;)
いつか、機会があったらね…と、頭の片隅にしまっておりました。

先日、お歳暮を買いに地元デパートに出かけたら・・・
お歳暮商品の中に「カルピスバター詰め合わせ」があるではないですか!
「おぉ、これが、噂のカルピスバター!!」
お歳暮にも選びましたが、思わず、自宅用にも購入してしまいました。。。
年末帰省のお土産にもなるし~♪とか、わけのわからん自己弁護をしつつ・・・。
普段、5円10円の安いものを求めてあっちのスーパーこっちのお店と走り回っていると言うのに、、、時々、こういう衝動買いをしてしまうのですね、私。。。(^^;ゞ

買った翌日の朝、早速トーストに塗って食べてみようとパッケージを開けたら…
「しろ~い!」
そう、普通のバターより白っぽいんです。何だか、新鮮。
で、気になるお味ですが。
これがバターの味?とびっくり。
口当たりが軽いんです。くどくなくて、さっぱりしています。
本物のバターってこんな味なのか~!と。
美味しい食パンを買ってこなくっちゃ!!



【2007/12/18 15:14 】 | キッチン その他の食べ物 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
大正ロマンのイルミネーション
地元ニュースで、鳥取三洋電機で「大正ロマン」をイメージしたイルミネーションが始まったと聞いて、早速観に行ってきました。
なかなか綺麗♪

鳥取三洋イルミネーション1
何でゴリラのぬいぐるみがあるのでしょう?
答えは最後にね。

鳥取三洋イルミネーション2
月も出ていました。

鳥取三洋イルミネーション3


この建物は、旧鳥取高等農業学校で、大正10年建築だそうです。(だから「大正ロマン」なのね)
今は鳥取三洋電機の敷地内にあります。
この前を通る度、「この建物は何だろうなぁ?学校みたいだけどなぁ?」と思っていたのですが、ようやく謎が解けました。

このイルミネーションは発光ダイオードを使っていて、環境にも配慮されているそうです。
チーム・マイナス6%に参加しているんだものね。
地域貢献の一環として行われているイルミネーションですが、環境にも配慮されていると聞くと、企業イメージもアップしますね。

点灯時間は午後5時15分から10時まで。
来年1月31日まで楽しめるそうです。


帰宅後、冷えた体を温めるのはこのお酒。。。(私じゃないですよ、夫が、ですよ)
菊水
香りがよいんだそうです。
夫曰く、「フルーティで芳醇な香り」



答え:サンヨーのポータブル・カーナビ「ゴリラ」の宣伝でした(笑)
【2007/12/17 15:14 】 | お外 地域情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
サービス
今日は友人と一緒にお昼を食べました。
駅前商店街にあるお店です。
初めて入ったお店で、味はとびきり美味しい!というわけではなく、可もなく不可もなくといったところ。
ただ、精算して出て行こうとすると、「今日は寒いですから」と暖かくなったホッカイロをくれるというサービスがありました。
たったそれだけのことなんだけど、何だかとっても気分がよくて。
同じ値段を出して、味も似たようなものだったら、接客が気持ちよいお店に行こうと思いますよね。
地方はどこもそうでしょうが、ここの駅前商店街もほとんど人が歩いていません。シャッターが降りたままのお店も多いです。
そんな中、頑張ってほしいなぁと思うお店でした。
で、家に帰ってこれを書いていたら、お天気雨が降ってきて、虹が!虹

ちょっとボケてますけど(^_^;)
いいことありそう♪


夜寝る時のアンカはこの子達
猫アンカ





【2007/12/14 16:31 】 | リビング 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画『戦場のアリア』
戦場のアリア
戦場のアリア

先日、ムービープラスで放映していたので観てみました。
舞台は戦場ですが、クリスマスシーズンにぴったりの映画です。
1914年、第一次大戦下。
フランス北部、スコットランド・フランス連合軍とドイツ軍が戦う前線で、クリスマス・イブに、
ドイツ軍からテノール歌手の歌声が、スコットランド軍からはバグパイプの音色が響きわたり、一夜限りの停戦協定が結ばれて・・・
というストーリー。
実際に第1次大戦下、前線のあちこちであったクリスマス停戦を基にした映画です。

兵士たちが交流するシーンには心が温まりますが、観た後には後味の悪さも残ります。
でも、だからこそ、戦争の愚かしさを痛感するのです。
秀作です。機会があれば、ぜひ観てみてください。


今日の鳥取は雨模様。わりと暖かです。でも、明日から寒くなるとか。そろそろストーブの出番でしょうか。



【2007/12/13 12:32 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
砂丘イリュージョン
砂丘イリュージョンクリスマスシーズン到来で、街中にイルミネーションが輝きだしましたね。
鳥取砂丘でも、12月22日(土)から来年1月3日(木)にかけて、イルミネーションが飾られます。
名づけて“鳥取砂丘イリュージョン”。(右の写真は去年の様子です)
今年5回目を迎えますが、年を追うごとに規模が大きくなっていて、今年は20万個の電球が輝く予定です。
砂丘の「馬の背」もライトアップされ、幻想的な風景が見られますよ。

鳥取の活性化を図るため、鳥取県が主管する「鳥取砂丘新発見伝事業」から助成を受けて開催されるこの砂丘イリュージョンですが、来年は開催されないかもしれません。
資金不足と地元観光業者の消極的な姿勢がその理由です。
神戸のルミナリエですら、資金不足で存続の危機にあるということなので、こんな田舎のイルミネーションが続けられないのも無理はないのかもしれません。。。が、残念です。
鳥取砂丘の魅力を再発見しようということで始まった企画なのに、地元観光業者が協力しないってのは、どうしたことでしょう。情けないです。

えーっと、それはともかくσ(^_^;
神戸のルミナリエや都会のイルミネーションに比べれば、大したことはないかもしれませんが、今年見納めになってしまうかもしれない砂丘イリュージョンを観に、ぜひお越しください。
夜の砂丘のまた違った一面が見られますよ!
あ、お越しの際は暖かい格好をして来てくださいね!寒いですからね!

砂丘イリュージョンのHP
http://www.tottorisakyu.jp/sakyu/iv/2008illusion_v/2008illusionv.html
【2007/12/12 20:26 】 | お外 地域情報 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
しもやけ
しもやけ「今時、珍しいなぁ」と友人からは言われてしまうのですが、私、毎年冬になると手にも足にもしもやけができます。
でも、小学生の時は、しもやけになってなかったはずなのです。同級生が両手の指を真っ赤に腫らしていたのを見て、可愛そうに思っていたくらいなので。
いつからこんな毎年しもやけができるようになっちゃったんだが…(T-T)

今年は、11月半ば頃から早々としもやけになっていたのですが、こんなにひどくはありませんでした。ひどくなったのは、12月の初め、天気予報で雪のマークが出ていたので、慌てて庭の鉢植えを室内に移動させた時です。小雨が降っていて、気温が低かったこともあって、しもやけがひどくなりました。。。もっと早く移動させておけばよかったと後悔しても、後の祭り。
しもやけ、暖かくなってくると痒くなるんですよねぇ(_ _;)
何がイヤって、買い物に行ったときに、この手でお金を払ったり受け取ったりしなきゃならないこと。
まぁ、恥らうような年でもないけども、でも、やっぱり、ちょっと恥ずかい・・・
【2007/12/11 11:55 】 | リビング 雑記 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
『異次元は存在する』
異次元は存在する
リサ・ランドール、若田光一著  NHK出版
異次元は存在する

余剰次元の可能性を説く話題の物理学者、リサ・ランドール博士と宇宙飛行士、若田光一氏の対談。
対談なので、大変読みやすいです。
我々の目には見えない5次元が存在する可能性を、図や例えを使ってわかりやすく説明してくれています。
シャワーカーテンの水滴とか、スライスしたパンとか、例えが身近なものなので、私のように物理をちゃんと勉強していない者にもイメージしやすくなっています。
が、理解とはちょっと別の話かもしれません(^_^;)

(博士の著書『ワープする宇宙』を先に読んでいたので、聞いた話だな、聞いた言葉だなと思いながら読んでいましたが、説明しろと言われても説明はできません。なんとな~く雰囲気だけつかんだって感じなのです(^^;ゞ)

対談の中で、若田光一氏がこの世の中を数式で表せることに感銘を受けたというようなことを語るシーンがあるのですが、そのことについては、私もとても不思議に感じます。
数学も物理学も天文学も、学問というものが追求しているものとは、結局のところ、同じものなのかしら?と思えてしまうのでした。

【2007/12/10 16:20 】 | 本だな その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
紅葉狩り 諏訪神社
何となく冬の気配も感じる今日この頃ですが、紅葉の写真が残っていたので、お披露目です(^^;ゞ

鳥取県智頭町には諏訪神社の分社があります。そこは地元では有名な紅葉の名所なのです。
11月25日に行った時も、まぁまぁの紅葉が観られました。

諏訪神社紅葉1

諏訪神社紅葉2
池に映った紅葉と池に浮かんだ紅葉の葉

諏訪神社紅葉3

諏訪神社紅葉4



この智頭町には、漫画『夏子の酒』にも登場した諏訪酒造という造り酒屋があります。
あまり知られていませんが、鳥取には造り酒屋が結構あって、美味しいお酒があるのです。
ということで、諏訪酒造でお酒を買って帰りました。

酒

夫が選んだお酒は「忘憂」。
・・・えっ!?
一瞬、何か悩んでいることでもあるのかと思いました(笑)
が、深い意味はなく、諏訪酒造のお酒を置いている酒屋さんでも見たことのないお酒だったからだとか。
蔵元にしか置いてないお酒だったんですね。
もうひとつの小瓶は、梅酒です。
鳥取県中部だけで栽培されている大玉の野花(のきょう)梅を清酒で漬けた梅酒です。
この梅酒、まったりとコクがあって美味しかったです♪
お酒の方は、夫の口にはちょっと合わなかったみたい。残念。


<今日のななさん>

なな

朝9:30に私が出かける時まで、ななは布団の上で丸くなって寝ていました。
布団を上げたかったのですが、起こすのもかわいそうで、そのままにして出かけました。
13:30帰宅。同じ所に丸まって寝てました。
ず~っと寝てるのかぃ!?さすが寝子・・・

【2007/12/07 15:59 】 | お外 お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
柚子のマーマレード
夫の叔父さんからこんなに大量の柚子を頂きました。

柚子1


叔父さんの家の樹になったもので、無農薬です。
こんなに大量にどうしたものか…と思いましたが、いつも夫の母が作ってくれる柚子のマーマレードを、今年は自分で作ってみることにしました。
普通のジャムみたいに、砂糖と果物を入れて煮詰めればいいのかと思っていたのですが、
柚子の場合はアク抜きしなきゃならないんですね。作り方をネットで調べてみてよかった…(^^;ゞ
で、出来ました。

柚子2


少し残っていた黒糖を使ったので、茶色になっちゃいましたが…
甘さ控えめです。柚子独特の香りと味がして、なかなか上手くできたかも。(自画自賛)
柚子12個を使って、この瓶ともう一回り大きな瓶とがいっぱいになりました。
でも、まだまだ残っている……
柚子風呂にでもするかなぁ。



今日の猫たち

ねこたち

お天気がよいので、ダンボールの箱に入って日向ぼっこ。
この2人、仲がよいわけではないので、こんなに接近しているのはとても珍しいのです。
シャッターチャンス!!と写真を撮ろうとしたら、ななが機嫌を損ねて移動してしまいました。
撮れたのは辛うじてこの1枚だけ。
猫同士がくっついて眠る猫団子。我が家で見られる日は来るのでしょうか・・・



【2007/12/06 14:43 】 | キッチン つくったもの | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
映画『めがね』
都会ではこの秋に公開になった映画ですが、私が住むところでは、12月1日からようやく上映が始まりました。
DVDレンタルで観た『かもめ食堂』がとてもよかったので、同じスタッフ&キャストによる『めがね』もぜひ観たいと思っていたのです。けれど、こういう映画は、地方では上映されないことが多く、今回も無理かもしれないと思っていたので、地元で観ることができて、とても嬉しい♪

めがね


さすがに、同じスタッフ&キャストだけあって、『かもめ食堂』と同じ空気が漂っています。
空気が澄んでいて、景色(特に海)がきれいで、食べものが美味しそうで、かなりゆる~い。
セリフも少なく、淡々とした映画なので、好き嫌いが分かれるところだと思いますが、
私は好きです。
登場人物みんなに好感が持てるし、何よりもたいまさこさんの存在感がすごい!
仕事でストレスを抱えていたり、自分の生き方に悩んでいたり、ちょっと凹んでいるような
そんな時に観ると、肩の力が抜けると思います。
映画を観終わったら、あの南のきれいな海を見に行きたくなりました。
沖縄に行ってみた~い!!
【2007/12/05 15:49 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
バースディカード
バースディカードを作りました。
カードをクイリングで飾り、文字はカリグラフィーです。
(カリグラフィーの書体は、小田原真喜子さんの本を参考にしました)

12月バースディカード1

12月バースディカード2


クリスマスカードも作らなくちゃ!

【2007/12/04 12:02 】 | アトリエ クイリング&カリグラフィー | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
大イチョウ
昨日、鳥取と岡山の県境にある菩提寺という所へ行ってきました。
ここには、樹齢900年を超える天然記念物の大イチョウがあります。
実は、1週間ほど前にも出かけてみたのですが、まだあまり黄葉していませんでした。
これはその時の写真です。
大イチョウ1

で、これが昨日の写真。
大イチョウ2

1週間前と比べると、ずいぶん黄葉はしましたが、落ちている葉っぱもたくさんあります。
見てみると、まだすっかり黄色に変わらないうちに落ちてしまっています。
どうやら、今年はあまり綺麗に黄葉しなかったようですね。

さて、このお寺、もう1つお楽しみがあります。
それは、猫たちがお出迎えしてくれること。
人懐こくてとても可愛いのです。

ねこ1

ねこ2

1週間前に来た時もこの猫たちがお出迎えしてくれたのですが、昨日は、この猫たちの他に、黒猫と黒の子猫とグレーの子猫がいました。残念ながら、その3匹はとてもシャイで写真を撮らせてもらえませんでした(^_^;)
この猫たちは、たぶんお寺の方に面倒を見てもらっている半野良だと思うのですが、ずっと居ついているところを見ると、居心地がいいんでしょうね。
山の中のお寺なので、他に民家もないんですが…
read more...
【2007/12/03 14:32 】 | お外 お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |