たい焼き
ずっと気になっていたお店があります。
それはたい焼き屋さん。
最近(と言っても、3,4ヶ月くらい前かな?)、市内で見かけるようになったお店で、
『薄皮たい焼き たい夢』という名前です。
市内には2店舗(南吉方と叶)あったと思いますが、どちらのお店も、いつも行列が出来ているのです。
行列が出来ていたら、気になりますよね?
私、期間限定とか季節限定とかにも非常に弱いんで、行列になってると、ヒジョーに気になります(笑)
で、機会があって、ようやっと買うことが出来ました♪

たい焼き1パリパリの薄皮が売りで、餡は、北海道十勝産あずき、とバニラビーンズ入りカスタードクリームの2種類。

たい焼き2こちら、あずき餡のたい焼き。
餡がぎっしり入ってます。

たい焼き3こちらはカスタード。
かなり食べた後なんで、少なく見えますが、こちらもぎっしり入ってました。

食べた感想ですが……
う~ん、、、正直言うと、私には、イマイチ 口に合いませんでした(^_^;)
皮がパリパリなのは美味しいと思うのですが、餡が多過ぎて。
過ぎたるは及ばざるが如し と言いましょうか。
皮と餡のバランスが大事だと思うんですよね。
多けりゃいいってもんじゃないんじゃないかと…(_ _;)
カスタードも、バニラビーンズ入りということで、期待してたんですけど、思った程では…(^_^;)
まぁ、好みなんて人それぞれですからね。


そんなことがあった後。
川端通りを通ることがあって、ついでに、たぶん鳥取では誰もが知っている
老舗のたい焼き屋さん『らっぱ屋』さんのたい焼きを買いました。
たい焼き4こちらのたい焼きは、ちょっと小ぶりです。
しかも、ちょっとリアル。
たい焼きというより、何?フナ?(^_^;)
さかなって感じがします。

たい焼き5中には、つぶあんがぎっしり。

ここのたい焼きも薄皮でした。
でも、つぶあんが美味しい!!
この味は好き♪ (バランスが大事だとか何とか言っておきながら…σ(^_^; )
この『らっぱ屋』さん、大正時代の創業だそうです。
長年、地元の人たちに愛されてきた味なんだなぁ~
何だか、ホッとする味なんですよね。
『たい夢』さんのたい焼きはもう買わないかもしれないけど(好きな方、ごめんなさい)
『らっぱ屋』さんのは、たまに買いたくなりそうです。
read more...
スポンサーサイト
【2008/03/31 22:52 】 | お外 地域情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バラのバースディ・カード
バラのバースディカード1バラのバースディカード2

バラのバースディカード3バラのバースディカード4



写真をクリックすると大きく見えます。


今日が誕生日の友人に送ろうと、久しぶりにクイリングでカードを作りました。
といっても、練習で作り貯めていたバラの花を使ったので、すぐ出来ちゃいました。
バラの花、なかなかうまく出来ないんですが、
まぁ、これも手作りのご愛嬌ということで…σ(^_^;
文字はまたしてもパソコンのフォントに頼ってしまいました。
カリグラフィー、全然練習してません(^^;ゞ
来月にも友人の誕生日があるので、その時のバースディカードこそは、
頑張ってみたいと思います。(あくまで努力目標。←すでに弱気)
【2008/03/28 15:22 】 | アトリエ クイリング&カリグラフィー | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
春の花
今日は晴れてよいお天気です。
予報では、晴れるのは朝の内だけで、昼頃から雲が多くなる・・・とのことだったのですが、
昼を回っても晴れが続いていて、気持ちがよいです。
今日は郵便を出すついでに、ちょっと足を伸ばして、袋川まで出かけてみました。

春の花2
ミモザ。
ちょうど見頃です。
この袋川の土手は桜並木になっていて、桜が満開の頃はそれは美しいのですが、
ミモザと桜の満開の時期が重なれば、薄紅色と黄色がよく映えて美しいだろうになぁ・・・

春の花1
ポンポンのような花が可愛い♪

春の花3
桜の蕾もずいぶん膨らんでいました。
開花はいつ頃になるのかな~?

春の花4
こちらは、お隣の玄関先にある沈丁花。
前を通る度、香りが漂ってきて、
「春だなぁ~」と思います。


陽射しは暖かくても、風がちょっと冷たくて、
でも、それが春らしく感じられるサイクリングでした。
【2008/03/27 13:56 】 | お外 花&鳥 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
読書感想『黄金の王 白銀の王』
昨日は、夕方から雷が激しくて、慌ててパソコンの電源を落としました。
コメントのお返事できなくてすみません。
今日も雨。
おまけに寒いです~(>_<)

さて、今日は2月の末に読んだ本のご紹介。

『黄金の王 白銀の王』
沢村 凛      幻冬舎

黄金の王 白銀の王

鳳穐(ほうしゅう)の頭領、穭(ひづち)は、翠(すい)国の王。
旺廈(おうか)の頭領、薫衣(くのえ)は、囚われの身。
鳳穐も旺廈も、翠国の建国の王、穡(しょく)大王の嫡流の血を引く一族だが、常に玉座を争ってきた。
鳳穐の頭領が王となった時には、旺廈の一族は虐げられ、殺害され、だが、生き残った旺廈の一族が、玉座を奪回しようとする。
旺廈の頭領が王となった時には、鳳穐の一族は虐げられ、殺害され、だが、生き残った鳳穐の一族が、玉座の奪回を…
そうした血で血を洗う恨みと戦いの連鎖がずっと続いてきた。
その連鎖を断ち切るため、翠国の王である穭は、囚われの身である薫衣にある提案をもちかける・・・



歴史書を読んでいるような、淡々とした調子で物語は進みます。
そうした抑えた表現だからこそなのか、思わず、親子の情や夫婦の情に泣かされました。
後半、さらっと流された子供たちの代の物語も、ぜひ読んでみたかった・・・

恨みの連鎖を断ち切ることの難しさを思います。
<殺せ><殺したい><殺すべきではない><殺したくない>
この言葉に込められた作者の想いが世界に届くとよいのにと思います。

しかし、漢字が読めません!
せめて、見開きページに初登場した漢字は、ルビを振ってほしいです(^_^;)
稲積(にお)  豊穣(ほぜ)  鶲(ひたき)  潁(ほさき) 樊(まがき) 
鬼目(ほろし) 霾(つちふる) 添水(そうず) 鯷(ひしこ) 五加木(うこぎ) 
斑雪(はだれ)・・・
皆、登場人物の名前なんですが、みなさん、どれだけ読めますか?

ところで、作中、漁師たちの話す言葉が、どうも鳥取弁のようだなぁ?と思っていたのですが・・・
作者は、鳥大農学部卒の方でした。
やっぱり鳥取弁なんだ!と納得してしまいました(笑)

【2008/03/26 22:10 】 | 本だな SF、ファンタジー | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
オットの手料理 その3 
今回の夫の手料理は、日曜日のお昼ご飯~
作ってくれたのは、これ。
オットの手料理 その3 
トマトとほうれん草の焼きうどん
作り方はこちら

美味しかったです。
が、うどんよりパスタの方が合うかな…(^^;)
使ったうどんが、普通のゆでうどんだったからか、ちょっとべちゃっとしてしまったのが残念。
讃岐うどんなら、パスタのような感覚で食べられたのかな…?


【2008/03/25 15:20 】 | キッチン つくったもの | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
春祭り
春祭りすっかり春めいてきましたね。
東京や熊本や静岡で、桜の開花宣言がされていますが、鳥取はまだまだのよう。
その代わりと言ってはナンですが、お向かいの庭の白木蓮が咲き始めています。


この間の(土)は、夫の両親が住む地域の春祭りでした。
春祭りというのは、氏子が集まって氏神様に五穀豊穣を祈願するお祭りです。
祈願の後は、神様を「宿」にお迎えし、一晩接待して(つまり宴会)、翌朝、神社に帰っていただくのです。
神様をお迎えする宿は、昔は氏子の中からくじで選ばれた者(宿主)の家だったそうですが、
時代と共に、それは公民館に変わり、さらに、今年からは「改革」ということで、神様は降りてこないことになりました。
それでも、宿主の務めは残っています。
神様はお迎えしないけれど、神主と氏子が集まって宴会はするからです。
宿主は、祈願の時のお供えやお料理の手配などをしなければなりません。
そして、この宿主、今年は夫の両親が当たっていたのでした。
宿主の両隣の家も手伝ってくれるのですが、私たち夫婦も手伝いに行きました。
宿主はくじで決めますが、うまく順番に当たるようになっているらしく、氏子の数の年(25,6年)に一度しか当たりません。
夫の母も、前に宿主になったのは嫁にきた頃だったとかで、要領がわからず、慣れない事に
右往左往しました(^^;ゞ
が、とにかく何とか終わりました~

公民館に神様を迎えていた頃は、宿主は、一晩公民館に泊まらなければならなかった(神様が泊まってるわけですから、神様を放って帰るわけにはいきませんわな(^^;ゞ)そうですが、
今年は、神様はいらっしゃらないので、泊まらなくてもよくなり、夕方6時ごろから始まった宴会は、9時頃には散会になり、10時には片付きました。

地域の風習にちょっと興味がある私は、夫の母から
「今年は宿主で、神事の準備をしないといけないから手伝って」と言われた時には、
「どんなことをするんだろう、ちょっと面白そうだな」と思ったのですが、実際、手伝ってみると、
「こりゃ、大変だ。もし、神さんが泊まることになってたら、もっと大変だった…( ̄ロ ̄lll) 
改革されてよかった…」と思わずにいられませんでした。
地域に根ざした風習や神事が廃れていくのは残念だなと思っていたのですが、今回、ちょっと手伝ってみて、廃れていく原因が、こういった風習が農村のもので、農家が減っているせいもあるけれど、面倒だということも大いに影響してそうだと思いました。


ところで、神主さんから式年遷宮のお話がありました。
早い話が浄財集めです。
式年遷宮には何百億という費用がかかり、氏子などからの寄付で賄われているということは聞いていましたが、どこか他人事だと思っていました。
こんな所で身近に感じることがあろうとは…!
しかも、割り当てまであるんですから、オドロキです。
鳥取は2,000万円(ちなみに米子は3,000万)だそうで、一人2,000円見当なんですって。
何とも生臭いお話ですが。。。
普段見られない裏側を見てしまった気がして、何だか面白かったです。

そうそう、寄付金の額によっては、特典があるそうです。
一般参拝者には入れない、玉垣の中からの参拝が許されるそうですよ。
【2008/03/24 15:28 】 | お外 農作業 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
本日のランチ
今日は、ホープスターとっとりの1階にあるレストラン、ポワリエでランチです。
(ちょっと、ここのHP、文字がチラチラして見難いですねぇ(_ _;) )

本日のランチ4
本日の日替わりランチ。
奇数の日は和食、偶数の日は洋食です。
今日は奇数日なので和食。
鰆の焼き物、刺身、ウドのぬた、茶碗蒸し、アラ汁、香の物
これで700円。
食後にコーヒーがつけばもっと嬉しいんだけどな。
+150円でエスプレッソが飲めるようでした(と、メニューに書いてあった気がする・・・)。




何だか、ここのところ、食べ物の話ばかりですな(^^;ゞ
毎週金曜日は、友人たちとランチすることが多いので、ちょっと見栄えのするランチを食べた時には、つい紹介を・・・ってことを考えてしまいます(笑)
普段から、こんな豪勢なお昼を食べてるわけじゃぁありません(^^;)

昨日の鳥取は、冬に逆戻りしたか?っていうくらい、寒い1日でした。
今日も風が冷たくて寒く感じますが、昨日ほどではありません。
少し前までは4月並みの陽気だったので、寒さが堪えます・・・
早く暖かくなぁれ!
【2008/03/21 14:59 】 | お外 地域情報 | コメント(14) | トラックバック(0) | page top↑
ご馳走
昨日は、私の両親(父も母も鳥取出身)が、墓参りに大阪から来てくれたので、
ウェルシティ鳥取のレストランで、一緒に夕食を食べました。

ご馳走2
「味彩」
(少し食べてから写真を撮ったので、おかずが減ってますが(^^;ゞ)

ご馳走1
「白木膳」
先付の酒の麹漬け(土筆のトッピング)や緑色(豆?)の豆腐などが、
ちょっと珍しかったです。


本来なら私がご馳走してあげなきゃいけない立場なのに、
逆にご馳走になってしまいました(_ _;)
申し訳ない。。。
でも、いくつになっても、親の前ではやっぱり子供なんだなぁと
思ってしまいました。

何だかこの間からご馳走続きです。確実に太ってそう…(^_^;)
そして、太る元がもうひとつ・・・
それは<Read More>で。
read more...
【2008/03/20 23:17 】 | お外 地域情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
DVD鑑賞『傷だらけの男たち』
『傷だらけの男たち』  
出演:トニー・レオン 金城 武   監督:アンドリュー・ラウ&アラン・マック
傷だらけの男たち

『インファナルアフェア』を観てからというもの、トニー・レオンのファンです。
でも、だからと言って、トニー・レオンの出演作品を全て観ているわけではありません。
せいぜい『インファナルアフェア』3部作と
ジェット・リー主演の『英雄~HERO~』(この映画のトニー・レオンもかっこいいのですよ)くらいです。
他の作品を知らないので、きっとコメディなんかにも出ているんだと思いますが、
トニー・レオンといえば、私の中では“陰のある男”が似合う俳優というイメージ。
この『傷だらけの男たち』もまさにそんな感じでした。
予備知識なしで観たため、サスペンス(というより謎解きか)の要素が強い映画だとは露知らず、つい惹き込まれて観ていました。
あの、混沌とした、暗い、切ないものは一体どこから来るのでしょう・・・

「香港映画っていったら、カンフー映画でしょ?」くらいの知識しかない人たちに、『インファナルアフェア』と共にぜひ観ていただきたい。
私個人的には『インファナル~』の方が好きですが、この映画の金城さんは、なかなかよいです。
過去の傷をひきずって生きている切ない表情がうまい。(それは、トニーさんにも言えるんですが)


余談なんですが、似たような名前がたくさん出てきて、混乱しました(^^;ゞ
チャウやらチャンやらキョンやら・・・
『インファナルアフェア』にキョンという役で出ていた役者さんが、この映画にも出演していたんですね。役名はチョイだったんですけど。それが余計混乱の素(笑)


この映画、すでにハリウッドでリメイクが決まっているとか。
まぁ、私は、『ディパーテッド』(『インファナルアフェア』のハリウッド版リメイク)もあまり観る気がないんで、どうでもいいんですけど(^^;)






【2008/03/19 15:27 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(12) | トラックバック(0) | page top↑
ヒヨドリとの攻防
メジロちゃんが我が家の山茶花に蜜を吸いに来るようになってからというもの、
メジロちゃんのために、せっせとみかんの輪切りやバードケーキを用意していたのですが、
ついにヒヨドリが乱入してくるようになりました。
猫の額ほどの狭い庭だけど、あちこちにみかんやバードケーキを用意して、メジロとヒヨドリと両方が食べられるように心を砕いていたというのに、ヒヨドリってば、メジロを追い払って、みかんやバードケーキを独占するようになってしまいました。
気がつくと、みかんもバードケーキも全部ヒヨドリが食べてしまう有様。(体が大きいから食欲も旺盛だし)
あまりのヒヨドリの傍若無人ぶり、腹に据えかねて、ヒヨドリには食べられず、メジロちゃんには食べてもらえる工夫をあれこれした挙句、こういうことになりました(^_^;)

ヒヨとの攻防4
100円ショップで長方形のワイヤーネットを3枚買ってきて、
1枚はペンチで半分に切り、2枚はそれぞれ真ん中からくの字に曲げて、
それぞれを結束帯で縛ってカゴをつくりました。
底には釘を打ったベニヤ板を敷いて、みかんを刺せるようにしてあります。
止まり木もちゃんとつけました(^-^)v
簡単鳥かごのできあがり。(しかも費用はたったの400円!)

ヒヨとの攻防1
メジロちゃん、さすがにすぐにはかごの中に入ってくれませんでしたが、
翌日からは、ご覧のとおり、かごの中に入ってバードケーキを食べてくれるようになりました♪
メジロちゃんの写真を撮りたい場合には、この鳥かごはかなり無粋ですが、
メジロちゃんに給餌するのが目的ならば、充分OK。

ヒヨとの攻防2
最近は、みかん(といっても八朔なのですが(^^;ゞ)より
バードケーキの方がお好みのようです。
でも、この給餌方法になってから、メジロちゃん、かなり気配に敏感になりました。
以前は、居間の窓ガラスに近づいて見ていても平気だったのに、
最近はちょっと動いただけでも飛んでいってしまいます。
暖かくなって、猫も外を歩き出すし、そんなことも原因のひとつなのかな?

ヒヨとの攻防3
          この右端に写っているのがヒヨドリです 
ふっふっふ、今まで数々の私の工夫を打ち破ってきた君もこれには降参だろ!


本に寄ると、桜が散る頃までは餌を用意しておくのがよいとのことだったので、それくらいまではバードケーキを用意しておこうと思っています。
その内餌に困らなくなって、来なくなるでしょう。
また今度の冬、用意しておくから来てね!
【2008/03/18 14:27 】 | お外 花&鳥 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
バースディ・ディナー
先日の(土)、1週間遅れの夫の誕生日祝いをしました。
今回は、お気に入りのブログにも登録している『くまのおもちゃばこ』で紹介されていたレシピと、クックパッドのレシピを参考に献立を立てました。
じゃーん♪こんな感じのディナー。

バースディ・ディナー1
器が不揃いなのには、目を瞑ってください・・・m(_ _)m

<メニュー> 写真はクリックすると大きくなります。

バースディ・ディナー4 ☆鯛のカルパッチョ
    カルパッチョソースのレシピはこちら
  カルパッチョというものを家で初めて作りました。家でできるものなんですねぇ!

バースディ・ディナー5 ☆タコのガリシア風
     タコのガリシア風のレシピはこちら
  材料が揃わなかった上に(カイエンヌペッパーが…(^^;ゞ)、“タコのガリシア風”というものを食べたことがない者が作るってのはかなり無謀ですが、「うん、こんなもんだろ」のデキです。(笑)

バースディ・ディナー2 ☆プチトマト、ソラマメ、ほうれん草の白和え
     レシピはこちら
  この白和えは絶品!(≧∇≦)
  恐らく味のポイントであろう “いぶりがっこ”が手に入らなかったのは残念だけれど、無くても充分美味しいです。

バースディ・ディナー3 ☆かぼちゃとブロッコリーのサラダ
     レシピはこちら
  実はマヨネーズも手作りなのだ、えっへん(  ̄ー ̄)

バースディ・ディナー6 ☆大根のスープ
     レシピはこちら
  優しい味です。大根もスープになるんだね~。

ワインは、ピースポーター ミヘルスベルク リースリング。
とっても飲みやすくて美味しうございました~♪

どのおかずもとっても美味しくて、自分がものすごーく料理上手になったような錯覚に陥りました(笑)
今回の一番のヒットは、やはり白和えですね。
実は、夫は白和えがあまり好きではないのです。(なのに、バースディ・ディナーの一品に選んだ私(^^;ゞ)
が、その夫が「うまい!」と言って、結構な大盛りを完食してくれました。
くま・てーとく閣下、レシピを公開してくれてありがとう~!



【2008/03/17 15:43 】 | キッチン つくったもの | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
今日のランチ
今日のランチは、若桜街道沿いにあるパレットとっとり(ジモティにしかわからんな(^^;ゞ)内の『キムチ工房』で。
韓国の方がなさっていて、本場韓国の家庭料理が味わえるそうです。
私、韓国料理のお店に入ったのは初めてで、とりあえずビビンバを食べようと思っていたのですが、店の方がダッカルビビビンバ(鶏肉と野菜のビビンバ)を薦めてくれたので、それを注文しました。

本日のランチ1

本日のランチ2
酸味のあるスープがついてます。
これで650円。

本日のランチ3
このチヂミは、一緒に行った友人がこのお店の方と顔なじみだったためか、
サービスで出してくれました。ラッキー(^-^)v


メニューには、赤唐辛子で辛さの目安が表示されていて、石焼ビビンバで赤唐辛子1個、ダッカルビビビンバは2個。
辛いのはあまり得意でない私、2個表示にちょっとひるんだのですが、お店の方はあまり辛くないって言ってたので、ダッカルビビビンバにしたのですが、やはり、私にはちょっと辛かった( ̄~ ̄;)
汗かきながら食べました(笑)
ビビンバ用にタレがついてきてたんですけど、そのタレが見た目辛そうだったので最初は入れませんでした。でも、試しに一匙入れて食べてみたら、全然辛くなくて、タレというより味噌みたいで、辛味が中和されるような。
そうか、これを入れて混ぜなきゃいけなかったんだと気がついた時には、タレは、チヂミを持ってきたついでに下げられてしまっていました…(_ _;)
酸味のあるスープは、食べつけないせいか、うま~!とまでは正直思えませんでしたけど(^^;ゞ
チヂミも美味しかった~v(≧∇≦)v
もちもちした食感がお好み焼きとはまた違った感触。
しかし、全部食べたら(あ、チヂミは友人たちと3等分だけど)、かなりお腹ポンポンです・・・
唐辛子効果で帳消しになるんでしょうか???
なってほしいですが(^_^;)

さて、この『キムチ工房』さん、パレットとっとりに移転オープンして4/8で3周年を迎えるそうで
4/1(火)~4/15(火) 
ご来店のお客さま全員に韓国のキーホルダープレゼント
さらに、お食事のお客さまには、メニューにない韓国オリジナル料理1品をサービス
してくれるそうです。
韓国料理を食べたい方、この時期がチャンスですよ!




【2008/03/14 16:48 】 | お外 地域情報 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
降参?それとも・・・
動物がお腹を見せるのは「降参」の意味だと、何かで聞いたことがありますが、
ぱせりのななに対するこの格好は、果たして降参の意味なんでしょうか?

降参1

降参2

降参3

お腹を見せて降参しているかのように思わせておきながら、
“いつでもネコパンチOK”状態の左手。
「来るなら いつでも来ーい!」てな感じですが、
ななが相手にしなかったので、ぱせりの作戦は不発に終わりましたとさ・・・チャンチャン


昨日、今日と、鳥取はよいお天気です。
特に今日は気温が上昇しています。とっても暖かで、気持ちがよいです。
昨日は、景色が霞んで見えたので、黄砂か?と思いましたが、
ローカルニュースに寄ると、花粉のせいだったようですね。
今日も何となく霞んでいます。
私は花粉症にはなっていないのですが、
今頃は、外出すると、何だか目がショボショボパシパシ。
花粉症の兆候だろうか…?と戦々恐々デス ( ̄ロ ̄lll)

【2008/03/13 11:40 】 | リビング 猫 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
読書感想『魔術師(イリュージョニスト)』
『魔術師(イリュージョニスト)』
ジェフリー・ディーヴァー     文藝春秋

魔術師

<リンカーン・ライムシリーズ>第5弾。
今回の相手は魔術師。
あっという間に鍵を開け、早変わりをし、捕まえたと思ったら逃げられて、捉えどころがない。
ライムたちは、魔術師見習いのカーラの協力を得て、犯人の追跡をするのだが・・・

今回は、真相がわかったと思ったら実は違って…という展開が何回もあって、「およよよよ・・・?」という感じ。
魔術師が犯人なだけに、展開もマジックのようです。
ただ、犯人の裏をかくのは痛快ではあるのですが、出来すぎている感じも否めないです。
最後の最後に繰り広げられるシーンは、今までの作風を逆手に取った格好で、それはそれで一興かも。
今回も面白くないわけじゃないんですけど、立て続けに読んだからか、ちょっと食傷気味(^^;ゞ
それでも、次作にはどんな展開が待っているのか、読んでみずにはいられないのですけどね。



【2008/03/12 14:26 】 | 本だな ミステリー | コメント(12) | トラックバック(0) | page top↑
コンビニスイーツ♪
食後には、やはり甘いものが食べたくなりますよね?
我が家では、夕食後がおやつタイム(笑)
夫はお酒(隔日です。お酒を飲まない日はコーヒー)、私はコーヒーで、お菓子などをつまみます(^ー^* )
夫はせんべいなどの米菓が好物ですが、私はどちらかというとクッキーとかチョコとか・・・
いかにもカロリーの高い方が好み。えぇ、体型を見れば一目瞭然でしょうとも!く(*´ー`)
で、昨日のデザートはこちら。
コンビニ・スイーツ1

コンビニ・スイーツ2

ローソンで、可愛いパッケージと「イタリアの岩塩使用」「和三盆仕立て」なんていうこだわりが気になって買ったものです。
あまり塩味は感じず、バニラミルクよりキャラメルの味の方が勝ってますが、濃厚&とろとろでなかなか美味しかったです。
この他にもクリームチーズなどのバリエーションがあったので、機会があればそちらも試してみよう♪
【2008/03/11 14:49 】 | キッチン スイーツ | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
お相伴
千葉から夫の姉とその大学生になる娘さんが帰省してきているので、
先日の土曜のお昼は外に食べに行こうということになりました。
鳥取に来たら、やはり新鮮な魚介類を食べなきゃね、ということで、
夫の両親と私たち夫婦もあわせて6名で、
鳥取港(以前は「賀露港」と言ったのに、いつから鳥取港と言うようになったのか???)にある『路庵 かろばんや』というところへ行って参りました。

お相伴

これは私が頼んだ「ひので膳」。
写真が下手くそで、おかずがきちんと写っていませんが(^^;ゞ
蛸と里芋、茄子の炊き合わせ、もずく、刺身、茶碗蒸し、魚のアラの味噌汁に大きなエビフライ、それと食後にデザートがついて、1,200円。
このボリュームで、なかなかお値打ちではないかと思いますね。
店が日本海に面しているだけに、さすがに、お刺身も新鮮で美味しうございました。
茶碗蒸しにワカメが入っているところにも鳥取を感じます(笑)

夫や夫の父は、天ぷら膳と魚膳を注文。(写真は撮ってませんが)
「ひので膳」のエビフライの代わりに、天ぷらやカレイの煮付けがついてる感じ。
あ、天ぷら御膳には、カニがついてました。細い足がほんの2本ほどでしたが(笑)
こちらもデザートがついて、1,500円。

(月)から(金)の平日には、1,000円の日替わり膳があって、食後にデザートやコーヒーもつくそうで、夫の母はそれを何度か食べたことがあるらしく、お得感は、この日替わり膳が一番のようですね。
次回はぜひ、平日に。。。
って、どうやって行くんだ!σ(^_^;

【2008/03/10 15:05 】 | お外 地域情報 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
読書感想『石の猿』
『石の猿』
ジェフリー・ディーヴァー  文藝春秋
石の猿

<リンカーン・ライムシリーズ>第4弾。
今回の相手は、密入国の斡旋で荒稼ぎをする中国の蛇頭。
中国人密入国者たちを上陸させる直前に拿捕されかかった蛇頭・ゴーストは、密入国者ごと船を爆破した上に、辛うじて助かった密入国者たちも殺そうとする。
ゴーストの魔の手から密入国者を守るため、ライムたちはゴーストの行方を追うが・・・

もし、この作品が映画化されることがあったら、ソニー・リーは、ぜひジェット・リーに演じてもらいたい!
ゴーストはチョウ・ユンファ、アラン・コーはアンディ・ラウあたりがどうでしょう。。。

今回も面白く、最後まで一気に読ませます。
今回は、中国の考え方(風水や陰陽説)などが盛り込まれ、今までとちょっと毛色が違った感じです。
その考え方がライムを救うことにもなり、ちょっと感動的なシーンもあります。

日本人にはなじみが深い「相反するもので一つ」という陰陽の考え方は、欧米人にはきっと新鮮で、この作品は、欧米では、とてもオリエンタルで幻想的な雰囲気をもって読まれているのではないかと思います。
逆に、欧米人が、陰陽の考え方をここまでしっかりと書けることに、ちょっと驚きました。
しかし、孫悟空の捉え方が我々日本人とはビミョーに違っていて、その辺、かなり違和感があります。
どっちが中国人の捉え方に近いのかしら?などと余計なことを思ってしまいました(^^;ゞ

しかし、読み進んでいく内、2時間モノのサスペンスドラマを見ていて、「この時間に犯人がわかるなんておかしいぞ、最後にどんでん返しがあるな」と時間を見て勘ぐってしまうように、残りページの量で、「まだひねりがあるか?」と推測してしまい・・・そんな邪推をするようになってしまったのが、ちと残念(^^;ゞ



水仙今日、友人から水仙を貰いました。
早速部屋に飾ったら、水仙の甘い香りが漂っています。
まだまだ寒い日もあるけれど、春が近づいてきたなぁと感じられて、
何となく心が浮き立ちますね。


【2008/03/07 15:41 】 | 本だな ミステリー | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
ロールケーキ♪
昨日、千葉に住む夫の姉が娘さんを連れて帰省して来ました。
「はい、お土産!」
と渡されたのが、KIHACHIのロゴ入りの袋。
「わ~い、KIHACHIだぁ~」
と喜んで中を開けたら、美味しそうなロールケーキが入っていました♪
このところ、ケーキづいています。えへへ(^ー^* )
黒ゴマのロールケーキ。
カットして早速頂きました~v(≧∇≦)v

ロールケーキ1

ロールケーキ2
ゴマがぎっしり!!びっくり!!
こんなにゴマがぎっしり入ったケーキ、初めて食べた(笑)

カットする時指先についたクリームを舐めてみたのですが、「ん?」て感じで、それほど「うま~」とは思わなかったのです。
が、スポンジ生地とクリームを一緒に食べると、これが・・・う、ま~い♪v(≧∇≦)v
ぎっしりつまったゴマのプチプチ感や、小豆やウグイス豆などがアクセントになって、
とっても美味しゅうございます。
さすが、KIHACHI!

【2008/03/06 14:19 】 | キッチン スイーツ | コメント(16) | トラックバック(0) | page top↑
映画鑑賞『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
倉敷までわざわざ観に行った映画は、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(公式サイトはこちら)です。
「何だ、お子ちゃま向けのファンタジーか」と思われた方、侮っちゃいけません。
原作は、大人が読んでも充分面白い物語なのです。
『ハリー・ポッター』より大人向けで読み応えあります。

ここで、原作のことについて、ちょっと触れておくと…
“ライラの冒険”は、『黄金の羅針盤』 『神秘の短剣』 『琥珀の望遠鏡』 の三部作からなる物語です。
第一部の『黄金の羅針盤』は、私たちの世界とよく似た別の世界が舞台。
第二部『神秘の短剣』は、私たちの世界が舞台となり、
第三部『琥珀の望遠鏡』では、全く別の世界が舞台となる、
パラレル・ワールドを舞台にした壮大な物語です。

一作目の『黄金の羅針盤』は、イギリスの児童文学賞であるカーネギー賞を受賞した上、カーネギー賞受賞作品中、最も人気の高いカーネギー・オブ・カーネギーにも選ばれており、さらに、『琥珀の望遠鏡』は、イギリスの権威ある文学賞、ウィットブレッド賞を受賞しているのです。この賞を児童文学が受けるのは史上初だとか。

原作を読んだことがある人は、きっと映画も観てみたいはず!
まぁ、わざわざ映画を観るために遠征するかどうかは、別の話ですけどね…

ライラの冒険


映画を観ながら、まず思ったこと・・・それは、「大スクリーンで観てよかった!」(≧∇≦)
飛行船がオックスフォードの上空を飛んでいくシーンを観て、思いました。
はるばる遠征した甲斐があったというもの(笑)
それとダイモン(守護精霊)!
この第一部での世界の魅力のひとつは、何と言っても、人間が必ず持っているという動物の形をした守護精霊・ダイモンでしょう。
そのダイモンに違和感があっては、魅力半減、映画も台無しです。
どうせCG映像だし…とあまり期待していなかったのですが、これが、全く違和感なし!素晴らしいです。
さらに、物語の鍵を握る“ダスト”の映像もとても綺麗。
視覚効果でアカデミー賞を取っただけのことはあります。

さらに、キャスティングもぴったり!
主人公のライラは、1万人の中から選ばれた少女で、ちょっと勝気でお転婆な感じがぴったり。ライラの叔父・アスリエル卿には、6代目007のダニエル・クレイグ。
「卿」という品位と、冒険家としての粗野な部分の両方をうまく表現してると思います。
さらに、重要人物、コールター夫人には、ニコール・キッドマン。
その美しさだけでなく賢さでも人を魅了する悪女的なこの役は、彼女以外考えられない!と言うくらいぴったりのはまり役!!と思っていたら、原作者フィリップ・プルマンがコールター夫人は彼女をイメージして書いたそうで・・・合わないわけがないですねく(*´ー`)

これから観ようと思っている方のために詳しいことは言いませんが、なかなかうまく原作の世界を表現していたのではないかと思います。
もちろん、物足りない部分もありますけど。(私が原作を読んで涙したシーンがなかったし)
何より、三部作なんですよ、第二部と第三部もちゃんと映画化してくれるんでしょうね???
同じキャスティングでぜひ観たいものですが…撮影してるのかしら?

余談ですが、こちらのサイトで、自分のダイモンがどんな形をしているのか占うことが出来ます。
ちなみに私はテントウムシでした(笑)
名前もあったんだけど、忘れちゃった(^_^;)
興味のある方、ぜひお試しあれ。






【2008/03/05 16:23 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
オットの手料理 その2 ひなまつり
昨日は、ひなまつり。
夕食は定番のちらし寿司です。
オットの手料理 その2 1
これは、私が作りました(笑)

このちらし寿司、以前新聞に載っていた小林カツ代さんのレシピで、超簡単。
酢飯を作らず、ご飯に具をのっけて、その上からすし酢を回しかけるだけなのです。
酢飯をうまく作れない私には、とってもありがたいレシピ( ̄m ̄*)
具もちりめんじゃことかハムとかツナ缶とか、、、あるものでOK。
今回は、シャケ、鶏胸肉、エビ、大葉、ゴマ、錦糸卵と海苔。
(ポークランチョンミートも使ってみようかと思ったのですが、今回は見送りました)
簡単な上に美味しいのです♪

食後のデザートは、夫が手作りしてくれました。
またまたフルーツ編。
今回は、バナナクリームです。(作り方はこちら

オットの手料理 その2 2

何か・・・レシピの写真に比べて、ずいぶんドロドロですけど(^^;ゞ
甘甘でしたが、美味しかったですよ。
バナナジャムって食べたことないけれど、こんな感じかな?と思いました。
アイスクリームに添えても美味しいと思います。
家にはアイスがなかったので、ヨーグルトに添えて食べましたが、これも◎

でも、ご本人は納得がいってないらしく、またまたリベンジを期しているようです。
【2008/03/04 15:15 】 | キッチン つくったもの | コメント(45) | トラックバック(0) | page top↑
ケーキ♪
この間の土曜日、イオンモール倉敷へ行ってきました。
えぇ、倉です。倉でなく。
でもって、用事があったのはイオンモール倉敷ではなく、その中にあるMOVIX倉敷。
何でわざわざ倉敷なのかといいますと、鳥取の映画館ではやっていない映画を観たかったから。
そんなことでわざわざ遠方まで!?と思われるかもしれませんが、映画好きにとって、これはかなり切実なことなんです(T-T)
鳥取にも一応映画館はありますよ。鳥取と倉吉と米子と日吉津に。
いつも行くのは日吉津にあるMOVIX日吉津です。そこだけがシネコンで、話題作を豊富に上映してくれるからです。
今回観たかった映画も、そこで観るつもりでした。
ところが、MOVIX日吉津は隣接するJUSCOの増床工事に伴い現在休館中。
実は、観たかった映画は、鳥取と倉吉と米子でも、やってることはやってます。
やってるんですけど・・・
「日本語吹き替え版」しかやってないんです。
お茶の間で、テレビで観るのなら日本語吹き替え版でもいいんですけど、映画館で観るなら、やっぱり字幕版を観たいでしょ!
DVDレンタルになるのを待つ、という手もありますが、映画はやはり大スクリーンで観たいでしょ!!
ということで、はるばる倉敷まで遠征したわけなのです。
その観たかった映画の話は、また後日改めて。

で、映画のためだけに来たというのも癪なので、イオンモール倉敷を探索いたしました。
ひ、ろ~~~い!!
鳥取のジャスコ北店も去年の秋に増床して、専門店やら増えましたが、そんなの比じゃありません。
何より、書店の充実振りに感動。鳥取の一番大きな本屋さんより品揃え豊富です。
スターバックスもあって羨ましい!(同じジャスコなのに、なぜ鳥取にはないのか?悲)
そして「カフェ コムサ」を初めて見ました。
で、せっかくなので、戦利品となすべく、ケーキを買って帰ってきました。(出資者は夫だけれども(^^;ゞ)
じゃーん!

ケーキ♪1

ケーキ♪2
「フジ」

ケーキ♪3
「ショートケーキ」


1ピース、なんと750円。高っ!!!(゚Д゚ノ)ノ
たぶん、今まで食べた中で一番お高いケーキだと思います。
でもでも、高いだけあって、さすがに美味しかった~~v(≧∇≦)v








【2008/03/03 16:29 】 | キッチン スイーツ | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |