ようこそようこそ!鳥取よりお送りする徒然日記
雪山飛狐 第20週(39話&最終話)感想
2009年01月30日 (金) | 編集 |
今日、お昼を食べたお店で「恵方巻きの予約を承っております、如何ですか?」と店員さんに勧められました。
節分の日の丸かぶり寿司、すっかり当たり前になったんですねぇ…
しかし、寿司屋やスーパー、コンビニだけでなく、食事を出す店でも売り出しているとは知らなかったわ。
夫の仕事の関係ですでに予約していたので、私は断りましたが、ツレは申し込んでました。
こうやって、声をかけたら予約するお客さんが結構いるのかもな。

で、1週間遅れの感想です。今回で最終回。やっぱり胡斐の見せ場は……(^_^;)

[READ MORE...]
スポンサーサイト
でっち羊羹
2009年01月29日 (木) | 編集 |
近江商人に由来するでっち羊羹
有名だと思ってたんだけど、意外と知られていなかったので、ご紹介。
(私も名前は知ってても食べたのは初めてだったんだけど)
でっち羊羹1
厚みのない薄い羊羹です。

でっち羊羹2
竹の皮に包まれているので、その香りがほんのりします。
味は、水ようかんのようであっさりと素朴な味。

羊羹についていたしおりによると、
でっち羊羹は、近江商人の故郷、近江八幡に江戸時代後期より代々伝えられてきた名物だそうで、丁稚さんによく買われたところから、その名がついたそうです。

このでっち羊羹を食べる数日前に、夫の実家で「とらや」の黒糖羊羹を一切れ食べさせて貰っておりました。
「とらや」の羊羹は、そりゃもう濃厚で、みっちり!あんこ詰まってます!って感じ。重さも違うし(笑)
でも、甘ったるいのじゃなく、品があるというのか。
それに比べるとでっち羊羹は庶民の味。
一口に「羊羹」と言っても、様々あるものですねぇ。


グリムスの木にお猿が来ました(笑)
昨日の記事の「エコバッグ」という言葉に反応したようです。
グリムス さる
小猿が手を振ってるの。かわいい♪

エコバッグ
2009年01月28日 (水) | 編集 |
エコバッグ――初めて目にした時は、何か環境にいい素材を使ったカバンのこと?と思いました。
持参した買い物袋(マイバッグ)のことを、エコバッグと言うんですね。
でも、私はどうも馴染めないです、このエコバッグという言い方。
買い物袋orマイバッグでいいじゃない?
まぁ、呼び方はどうあれ、環境にいいことならば、いいんだけどもね(^^;)

私が住んでいる地域でも、マイバッグ推進のスーパーが増えました。
逸早くマイバッグに取り組んだ中小規模スーパーもあったのですが、大手のスーパーが乗り出したことで、一気に加速した感じです。
私自身は、東京に住んでいた頃にポイント目当てでマイバッグを持つようになり、鳥取に引っ越してきてからもマイバッグ持参で買い物に行っていました。
マイバッグの認知度が上がって、「袋は要りません」と言っても、店員さんに嫌な顔をされなくなったのは嬉しいことです。
で、スーパーやコンビニではレジ袋を断れても、ホームセンターでは断ってないなぁと気づき、今年はホームセンターでのレジ袋も断ろうと思い立ちました。
IKEAで買った大きな買い物袋(IKEAでは買い物袋は有料)があるので、それを使おう!と。
我が家では猫砂を買うので、大きな買い物袋が必要で、IKEAの買い物袋がちょうどいいか、と。

というわけで、先日、使ってみたのだけれど……IKEAの買い物袋では大き過ぎて、ちょっと恥ずかしい思いをしてしまいました(^^;)
よく考えてみれば、今まで貰っていたホームセンターのレジ袋を買い物袋として再利用すればよかったんですよね~(笑)
次回からそうしようと思います。

ところで、悪者にされがちなレジ袋ですが、軽いし折りたためばコンパクトになるし、持ち運びに非常に便利。
なので、カバンの中に一つは入れておくようにしています。そうすれば、マイバッグを持っていない時のふいのお買い物に役立ちます。
鳥取では、ゴミ袋は指定のゴミ袋を使用しなければなりませんが、私の実家がある自治体では、半透明のレジ袋であれば、規定のシール(有料)を貼ることで、ゴミ袋として利用できます。
レジ袋に関しては賛否両論ありますが、再利用するのならそれも可だと思います。
最も根本的な問題は、ゴミを減らすことですよね。

フェリシモキット クイリング その4
2009年01月27日 (火) | 編集 |
たまりにたまっているフェリシモのキット(^^;)
今回は、クイリングのキットを仕上げました。
4回目に届いたキットです。
クイリングは、刺繍よりまだ手間がかからないので、それなりに短時間で出来るんですけどね。
フェリシモキット クイリング その4 1

フェリシモキット クイリング その4 2

張り忘れたり、バランス悪くて張らなかったりして、パーツがいくつか余っちゃったんだけど、見本と見比べない限りわからないから、まぁ、いいや(笑)

質より量?
2009年01月26日 (月) | 編集 |
先日、友人と新しくオープンしたお店でお昼ご飯を食べました。
新しくなった鳥取商工会議所のビルの中にあるお店です。
(名前を覚えてなかったのですが、今便利ですね。ネットで調べればわかっちゃう。「板前亭 ちくま」というらしいです)
日替わり定食(その日は、さばのみそ煮)を頼んだところ――出てきたのはコレです。
質より量?
どーん!て感じで(^_^;)

え、サバ、半身?!
おまけにどんぶり茶碗?!
出されたお膳を見て、びっくり!!(苦笑)
これは、どう見ても男性向けですな。
でもねぇ、これだけメタボがどうのと世間では健康志向なのだから(その反動でメガ弁当が出てきたにしても)、もうちょっと野菜メニューを入れようよ。
サバをこの半分にして、野菜の煮物をもう一品追加してほしいぞ。
これでお値段700円。プラス100円でアフターコーヒーが飲めます。
お昼メニュー、他にはカレーやパスタなどもありました。(800円くらいだったかな)
松花堂弁当などもありましたが、ホープスターなら800円で松花堂が食べられることを思えば、お値段は高めです。
たぶん、もう行かないだろうな・・・
ごめんなさい、美味しいお店の紹介じゃなくて(^_^;)
いや、味はよかったんですよ。
でも、、、さすがにサバもご飯も完食できず、おまけに胸焼けしました・・・

女性には、パスタやオムライスがよいのかもしれません。
定食は、がっつり食べたい男性に、おススメなのかも。
が、妻としては、夫にこういうお昼は食べてほしくないなぁ、というのが正直な気持ち。
(フォローになってないがな)
雪ニモ負ケズ
2009年01月24日 (土) | 編集 |
「雪 時々 やむ」という予報だったもので、一体どんだけ降るねん?!と少々怯えていたのですが、この間の3連休ほどの降りではありません。
やみ間には日も差して、青空が見られます。
でもね、お日様が顔を出したからって、お天気が回復した訳じゃないんだよね。
その後、再び雪が降ることもよくあることなのだ。
雪ニモ負ケズ5
ちょっとわかりにくいですが、青空なのに雪が降っています。
お天気雨ならぬお天気雪。
お天気雨は「狐の嫁入り」だけど、お天気雪は何だろう?「タヌキの嫁入り」?

こんな雪の降る日ですが、メジロちゃんが来ています。
昨夜から降った雪で、カゴの中のミカンもすっかり雪に埋もれてしまっていたのですが、雪を取り除いてミカンが見えるようにすると――
「待ってました!」とばかりに、メジロちゃん、飛来。
どこかで見張ってるの?と思うくらいの素早さです(笑)
雪ニモ負ケズ1
窓ガラス越しに撮っているもので、窓ガラスの曇りまで写っちゃってますが
見苦しいのはご勘弁を(^_^;)

雪ニモ負ケズ2
カゴの外にも一羽。
順番待ち。

雪ニモ負ケズ3
メジロちゃんは、だいたい2羽でやってきます。

雪ニモ負ケズ4
偶然のカメラ目線(笑)
「明日もよろしく!」ってか?

写真には撮れなかったけれど、今朝はジョウビタキちゃんも飛来しました♪
雪なので、非常時用食料庫の我が家、そこそこの役割は果たせているようです。

雪山飛狐 第19週(37話&38話)感想
2009年01月23日 (金) | 編集 |
今日の天気予報は、くもりのち夕方から雪。
外出するけれど、夕方までには帰って来れるから、それまで天気は保つだろうと判断して出かけたのですが。(だって、家を出た時は、上天気だったもん)
友人たちと食事を済ませて店を出たら――雨が降っていた!(2時前です)
「え~!天気予報、雨降るなんて一言も言うてなかったのに~」
しかし、一番驚いたのは、道行く人が皆しっかり傘を持っていたこと。
あの上天気に傘を持って出ようとは、普通は思わないぞ。
さすがに「弁当忘れても傘忘れるな」という諺がある地域の住人。
みなさん、ちゃんと備えているのね。いやはや、びっくりしましたわ。
というか、ここに住んで9年目、いい加減学習しろよってことだよ、私!

さて、1週間遅れの感想です。今回は、ただただ若蘭がすごかった…

[READ MORE...]
げにありがたきは
2009年01月22日 (木) | 編集 |
親の愛でございます。
先日、実家の母から小包が届きました。
中身は――
げにありがたきは1
食料~♪(^O^)
父の誕生日祝いを兼ねて、滋賀に一泊旅行に行ったそのお土産。
滋賀の特産品がいっぱいです。
えび豆、鮎の山椒煮、丁子麩、赤こんにゃく、でっち羊羹などなど。

早速、丁子麩を頂きました。珍しく四角いお麩です。
麩というと、みそ汁に入れたり、すき焼きに入れたり、くらいしか思いつきませんが、パッケージに載っていたレシピが、「へぇ~、こんな食べ方があるの?」というものだったので、早速試してみたのです。
麩の辛子酢味噌あえ
げにありがたきは2
見た目茶色一色なんですが、コレ、美味しいです!!

作り方は、丁子麩を2,3コに割って水に浸し、柔らかくなったら、水気を十分絞って、辛子酢味噌(みそ、砂糖、酢、辛子)で和えるだけ。
しかも、酢味噌は添付されていたので、超簡単に出来ちゃいました(^^;)
すりごまを入れても美味しいとのことだったので、すりごまも加えてます。
しっかりした食感で、なかなか乙な味です。ただ、普通に市販されているお麩で同じように出来るかどうかは疑問。このお麩ならではの食べ方かもしれません。
他に紹介されていたレシピは、「オーブントースターで軽く焼いて、蜂蜜、バター、チーズ、ハムなどを挟んで食べる」というもの。
こっちのレシピは…試す勇気がありません(苦笑)

げにありがたきは3
こちらはえび豆
えびのダシが利いていて、お豆がもっちり柔らかく、
これも美味しうございます♪

琵琶湖畔には、えび豆を製造販売しているお店がたくさんあるそうで、今回のえび豆は、母が気に入っているお店のモノではないそうなのですが、こちらでは滅多に食べられないものですし、とても美味しく頂きました。

でっち羊羹は、その名を知ってはいても食べたことがなかったお菓子。
(おそらく関西人ならば、誰もがその名は知っている、と思う)
今晩、食後に食べようっと♪

読書感想 『雪山飛狐』
2009年01月21日 (水) | 編集 |
『雪山飛狐』
金庸       徳間文庫
雪山飛狐

険しい雪山に建つ山荘に来合わせた人々が、30年余り前に起こったある出来事について語り合う。
その出来事は、さらにその100年以上前、明代末期の農民反乱軍の首領・李自成の死と、彼の四人の護衛たちの因縁とも関わっていたのだった。
今尚続くその因縁。
語る人物によって微妙に食い違う話の中から、徐々に真実が明らかになっていく・・・


現在放送されているドラマ『雪山飛狐』(今週で最終回だけど)の原作。
ドラマ優先で原作を封印してましたが、原作はドラマと全然違うよってことなので、ドラマが終わるのを待たずに読んでみました。
ホントに、全然違う!既にドラマは別物ですな――などというネタバレ感想は後にして(笑)

謎解き要素もあるミステリー風武侠小説。
その上、ロマンスあり、宝探しあり、好漢たち(ばかりじゃないが)の戦いあり、いろんな要素たっぷりの物語です。
ドラマを見ているので、原作との違いに気をとられがちでしたが、語り手を変えつつ謎が解けていくという趣向は、なかなか面白く、原作を先に読んでいたら、絶対惹き込まれただろうなぁと思うと、ちょっと悔しくもあり(^^;ゞ
それだけに・・・ラストが~~~!!!
本を放り投げないように、という忠告の意味がよ~くわかりました。
思わず、「エピローグ」でもあるのかしら?と次のページを繰ってしまいましたよ。
何もないとわかった時には、「な~に~!?」って感じ。
まぁ、自分で続きを想像するという楽しみがある、と言えば、聞こえはいいですけど。(苦笑)
誰か、続きを書いてください。。。

以下、ネタバレの感想です。
[READ MORE...]
お待ちかね
2009年01月20日 (火) | 編集 |
昨日に引き続き、鳥さんの話題です。

今年はメジロの姿をあまり見かけないという話をしていましたが、先日、輪切りのミカンを新しいモノに取り替えたら、早速メジロが2羽姿を見せてくれました。
お待ちかね1
やっと新鮮なモノが出てきた!
とか思ってる?

お待ちかね2
このカゴ、無粋ですけど、ヒヨドリ除けのためなのです。
(去年のヒヨドリとの攻防の記事はこちら

この時は雨が降っていて、メジロちゃんたちは、そんな中来てくれました。
今日は晴れているのに、姿を見かけません。
天気が悪い時の方がよく来てくれるような気がする・・・
もしかして、我が家は非常時用食料庫なのか?!

もう一種、メジロ位の大きさで、色がグレーがかった小鳥が1羽、サザンカに来るのだけれど、誰なのかわからないんです。
ちょこまか動くので、写真も撮れない!(苦笑)
見た印象ではムシクイっぽいなぁ?と思うんだけれども、サザンカの花をつついているのは変だし。
もしかして、ウグイス???
今度来たら頑張って写真を!と思うのだけど、待ちかまえていると来ないんだよね。
なかなかね~_| ̄|○
雪のゴルフ場にて
2009年01月19日 (月) | 編集 |
車で鳥取県中部の倉吉に行く途中、ゴルフ場のすぐ傍を通ります。
ゴルフ場はずっと降り続いていた雪で、一面真っ白。
雪は、一見、ホイップクリームのようななめらかさ。
そんな雪面に、てんてんてん…と小動物の足跡が。
雪のゴルフ場にて1
イタチかな?タヌキかな?

雪のゴルフ場にて2
水を飲みに池に寄ったのかぃ?(笑)

雪のゴルフ場にて3
単独か複数か?

想像すると、ちょっと楽しくなります。ふふふ。

そして、このゴルフ場、意外と鳥見の穴場かも?
気ぜわしく鳴く子がいるので、目を凝らしてみたら――
ヤマガラちゃん発見。
雪のゴルフ場にて4
コンデジ16倍ズームで、これが精一杯。
中央にいるんですけど、わかります?

雪のゴルフ場にて5
こちらは、ジョウビタキのオス。
黒い羽に白い紋、胸のオレンジが綺麗です。

雪のゴルフ場にて6
この子はたぶんツグミ。
ツグミって言うくらいだからあまり鳴かないのだと
思ってたんですけど、この子は「カカッ」って感じでよく鳴いてました。
警戒警報を発令してたのか?

鳥を探したり眺めたりしていたら、寒さを忘れてしまいます。
家で鳥が来るのを眺めるのも最高ですが、こうやって野鳥を自然の中で見るのもまたよいものです。

上の写真じゃ、ヤマガラちゃんがわかんないわ、ってことで、
以下にて、夫の実家にやってきたヤマガラちゃんの写真をどうぞ。
[READ MORE...]
雪山飛狐 第18週(35話&36話)感想
2009年01月16日 (金) | 編集 |
今日は久しぶりに晴れました!
太陽の日射しが嬉しいよぅ。しかし、しっかり降り積もった雪は早々溶けるモノではなく、しっかり残ってます。
おまけに朝冷え込んだので、路面は凍っていて、出かけるのに滑って転びそうになりました。
いまだに雪道の歩き方を習得できていません。。。

さて、1週間遅れの感想です。今回は(今回も?)、えぇぇ?な展開で…

[READ MORE...]
フェリシモ キット こぎん刺し その3
2009年01月15日 (木) | 編集 |
全6回のフェリシモ こぎん刺しのキット。
すでに6回分全て届いております。もう、ずいぶん前に(^_^;ゞ
2回分は仕上げましたが(その時の記事はこちらこちら)、
先日、ようやく3回目のキットが完成しました。
今回は、ミニバッグ。
フェリシモキットこぎん刺しその3 1
ホントにミニなので、お財布しか入りません(笑)
バッグインバッグか、ちょっとそこまでお買い物という時に使うかな。

フェリシモキットこぎん刺しその3 2
お手本は片面の刺繍ですが、
今回は両面刺してみました。
刺した後で、仕上げに縫い合わせる際、
表と裏の模様を合わせなくちゃならないことに気づき、
何て面倒なことになったのか、とチラッと後悔しましたが・・・
まぁ、目だったズレもなく、何とか出来上がりました。

刺している時、ベージュ地にちょっと盛り上がった白い糸が、「雪の宿」というせんべいを連想させ、無性に食べたくなったのでした・・・
が、買い物に行くと忘れちゃってて、刺すと思い出す、という繰り返しの日々でありました(笑)


とんど焼き
2009年01月14日 (水) | 編集 |
今日、町内でとんど焼きが行われました。
朝8時半から10時くらいまでの間に、近くの公園に注連飾りを持っていくと、そこで焼いてくれるのです。
が、餅を焼いて食べたり・・・ということはありません。
つまり――あまり神事の様相はなく、単に、注連飾りを焼くためだけのものといった感じです。

今朝、夫が注連飾りを公園に持って行ってくれたのですが、注連飾りについているみかん(橙?)を外せと言われたそうです。ナマモノは焼けない、と。
地球温暖化の問題で、最近は勝手にゴミを焼いたりしてはいけないことになってます。
とんど焼きも、その影響を受けているのでしょうか。
また、とんど焼きをしない地域もあり、注連飾りの処理に困るから、最初からつけないというお宅も多いとか。
日本のお正月の風景も変わっていかざるを得ないのかな。

しかし、、、注連飾りのみかん、どうしたものやら。
そのまま生ゴミに出すのも、どうかと思うしなぁ・・・。
焼いて食べる?食べられる?


ちなみに、鳥取には重要無形民族文化財に指定されている『酒津のトンドウ』というお祭りがあります。
このトンドウが行われると、必ずローカルニュースで放送されるんですが、パンツ一枚の子ども達の姿を見て、いつも「寒そうだなぁ」と思ってしまう私。
酒津の子ども達は元気だね。
ムラサキシキブさまさま
2009年01月13日 (火) | 編集 |
ここ三日ほど、毎日、雪の止み間をぬって、ジョウビタキがやってきます。
彼女のお目当てはムラサキシキブ。
ムラサキシキブさまさま
かっかわいい!!
いつ見ても可愛いなぁ♪

ムラサキシキブが雪に埋もれて枝が折れるんじゃないかと心配になったので、雪の当たらない場所に移動させたのですが、それがジョウビタキにも好都合だったのか、移動させた後によく来るようになりました。

しかし、ジョウビタキに来てほしくてムラサキシキブを買ったのだったけれど、こんなにすぐに効果があるとは、嬉しいオドロキです!
メジロちゃんもたま~にサザンカにやって来ます。でも、去年ほど頻繁には姿を見ないので、ちょっと寂しいな。
ミカンも用意してるんだけどなぁ。
シジュウカラは時々声は聞こえるけれど、ウチの庭にはなかなか姿を見せてくれません。
いろんな鳥さんが来てくれるようになったら嬉しいなぁ。
まぁ、何もしないで来てくれるわけもないんで、生き物に優しい庭を目指して精進します!


今日は午前中に30分ほど、雪の止み間を見て、家の前の道を雪かきしました。
頑張って綺麗にしたのに・・・あっという間にまた雪が積もって真っ白に。
あんまり降るとかいた雪のやり場に困るんだよねぇ。
近所のおじさんは、軽トラの荷台に雪を積んで、どこかに運んでいきました。川にでも持って行ったのかしらん。
あと、屋根に積もった雪が落ちてくるのも脅威です。
豪雪地帯のように、屋根から雪を下ろすということまでは、この辺ではしませんが、屋根から落ちてくる雪は、凄い威力を持っているので、まともに当たるとケガをするかもしれません。
車の天井が凹むほどの威力なんです。
ウチ、ガレージがなくて、玄関の軒先に車を止めています。
車は屋根からちょっとはみ出る感じで止まっているので、夫が「屋根の雪が落ちたら車が傷む」とよく言うのを、私は「うそ~」と半ば冗談だと思って聞いていました。
が、ホントでした。
お隣もウチと同じようにして車を止めているのですが、お隣の車の天井、屋根から落ちた雪で凹んでました。
恐るべし、雪の力・・・

雪灯籠 2009
2009年01月12日 (月) | 編集 |
(土)に大雪が降って、雪に閉ざされた3連休でありました。
ウチの車、四駆じゃないので、大雪が降ると身動きがとれないのです。
一年の内、雪が降るのは何日かだけだし、そんなに大雪が降ることもなくなってるから大丈夫!とか言って、今の車に買い換える時、お金をケチって二駆にしたのでありました。
雪が降る鳥取で四駆じゃない車に乗ってるのって、我が家くらいかも。
お正月も、夫の実家に行くのに、チェーンを巻いて行ったのです。(今時、チェーン巻いて走ってる車なんて、タクシーかバスくらいじゃないだろうか)

で、どこにも出かけられないので、夫が雪かきしている間、私は今年も雪灯籠を作ってみました。
(去年の記事はこちら
雪灯籠2009 1
今年はちょっと一工夫。
小さいグラスに雪をつめて型を取り
それらを積み重ねてみました。

雪灯籠2009 2
こちらはIKEAで買ったランタン。
500円だったので、思わず買ってしまったモノ(笑)
(ちょっと写真が見にくいかな?)

雪灯籠2009 3
雪灯籠の裏側。
こんなんになってます。

丸い氷ができる製氷皿で丸い雪玉を作って、それを積み重ねると、もっと可愛い雪灯籠ができると思うんだけど、如何せん、そんな製氷皿を持っていない・・・残念無念(苦笑)

降ってますよ~
2009年01月10日 (土) | 編集 |
当たってほしくない天気予報は当たる・・・
昨日の夜から雪です。
今も雪です。
積もってます。
降ってます1
今朝11時頃の様子。
積雪5cmくらい・・・かな?

降ってます2
午後2時頃の様子。
積雪15cm?
大雪警報が出てます。う~む。
今日は家でのんびり・・・するしかない(笑)


いただきもの
2009年01月09日 (金) | 編集 |
去年のことなんですが。
夫が仕事先から、ハマチを丸々一尾頂いて来ました。
いただきもの1
どーん!!
魚の目って、何だかコワイ・・・
にらまないで~

私、一応、魚をさばくことは出来ます。(結婚前にちゃんと母から習いました)
でも、何故だか「魚をさばくのは自分の仕事」と夫が思い込んでおりまして。
このハマチも夫にお任せいたしました。
3枚おろしにして――
いただきもの2
その日は、片身を、お刺身で。
お皿の左端に載ってるのは、味噌とネギとしょうがでなめろう風にしてみたもの。

いただきもの3
翌日、アラと大根でアラ炊きに。

いただきもの4
で、別の日、もう片身を、バターでソテーし、大根おろしとポン酢をかけて。
(参考レシピはCpicon ぶり♡♥おろしポン酢かけ by かけまま

どれも美味しく頂きました♪
シアワセ~~♪


今日は、午前中、とてもよいお天気だった鳥取。
昼から崩れるという天気予報が、ホンマかいな、っていうくらいだったんですが。
午後から本当にどんより曇ってきました。
また雪が降るのかしら~?
積もるのは勘弁して欲しいんだけど・・・
この時期だけ
2009年01月08日 (木) | 編集 |
再三言ってますが、ウチの猫たち、仲がよいわけではないので、「寄り添う」ということがありません。
が、この時期だけは別。
ストーブが点いていると・・・
この時期だけ3
この通り、二人並んでストーブにあたることもあります。

そして、これがこの二人の最接近距離。
猫団子(猫同士がくっつきあうこと)なんて、夢のまた夢です。

猫たちに言わせれば、ホントは、こんな風に悠々と一人であたりたいのだ。
この時期だけ1
んふんふ、ぬくぬく♪独り占め~♪
ぱせりの寝相・・・
よくこうやって両腕を投げ出して寝ています。
この投げ出した両腕が、何だか可愛くてねぇ。

この時期だけ2
つい触りたくなっちゃう(笑)

この時期だけ5
ほら、また手を投げ出して寝てる。

この時期だけ4
寝てないよっ
あっ、奥で不機嫌そうな目が睨んでる!


今日の鳥取は、久々に、晴れました。
正月に降った雪も、これでようやく全部融けそう。
やはり太陽の光は嬉しいです。

そうそう、昨日、グリムスの樹にフラミンゴさんが来ました。
この時期だけ6
特定の言葉、グリムスキーワードというものをタイトルや本文に書くと、こんな風に動物たちがやって来てくれるらしい。
キーワードは環境に関する言葉で、どの言葉がキーワードなのかは“一応”不明。
(グリムスやってる人たちの間では情報交換されてるのでわからなくはない(笑)
今回は、カーボンオフセットがキーワードでした。

DVD鑑賞 『Dear フランキー』
2009年01月07日 (水) | 編集 |
『Dearフランキー』
出演:ジェラルド・バトラー エミリー・モーティマー  監督:ショーナ・オーバック
Dearフランキー

フランキーは母と祖母の3人で、各地を転々としながら暮らしている。
時々、船乗りの父親に手紙を書く。父親からは毎回珍しい切手が同封された返事が届き、フランキーはとても楽しみにしていた。
しかし、その返事は、母親のリジーが書いているのだった。
ある日、父親が乗っている(とフランキーが信じている)船が、住んでいる町に寄港すると知り、リジーは見ず知らずの男性に父親の代役を頼むことに・・・

先入観なく観てほしいので、あまり詳しく書きません。
(って、あらすじで結構しゃべっちゃった感ありますが)
優しい雰囲気の、よい映画でした。
言葉で語リ過ぎるのでなく、役者さんたちの表情で見せます。
母の愛、子の愛、周りの人の好意、いろんな気持ちが、とても優しいのです。
ラストは、「その後」を想像させて、希望と言うか何と言うか、明るい気持ちになれます。
オススメです。
機会があれば是非観てみて。

カーボンオフセットの年賀状
2009年01月06日 (火) | 編集 |
今年初めてカーボンオフセットの年賀状を貰いました。(1枚だけだけど)
カーボンオフセット年賀

カーボンオフセットって何じゃ?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが。
「二酸化炭素(carbon dioxide)を相殺する(offset)」ってことです。
二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないよう実行し、それでも排出されてしまった温室効果ガスを植林・森林保護・クリーンエネルギーなどの事業によって、直接的・間接的に吸収しようという活動です。
カーボンオフセット年賀は、2008年の年賀状から登場し、今年はインクジェット用も発売されました。
ウチでは、2008年の年賀状からコレを使っています。
ハガキ1枚につき寄付金額5円で、この寄付金は、地球温暖化防止を推進するプロジェクトを支援するために使われます。
CO2削減をお金で解決するのはどうよ?と思わなくもないですし、一番よい方法は、年賀状を出さないことかも?と思ったりもしますが、基本アナログ人間なので、メールで「あけおめ~」とかは寂しい(そもそもケータイ持ってないし)、やはり年賀状がないと正月って気がしない・・・ってわけで、様々思いつつ、この年賀状を使ってます。
大量に年賀状を出す方には、ハガキ1枚55円という金額はバカにならないと思いますが、全部でなくても、遠方への年賀状をこのカーボンオフセット年賀にしてみるってのもいいんじゃないでしょうか。


雪山飛狐 第17週(33話&34話)感想
2009年01月05日 (月) | 編集 |
夫は今日が初出勤。
9連休もあったお休みも、何だかあっという間に終わってしまいました。
今日から通常モードに切り替え―なきゃならないんですが、休みボケしてます。
今日のお弁当、免除してもらっちゃいました(^^;ゞ

お正月に降った雪も、ウチの庭やら屋根の上やらまだ残っています。
さすがに雪だるまちゃんは跡形もなく、昇天してしまいましたが。
スーパーの駐車場では、除雪で一箇所に集められた雪が山のようになっていて、そう簡単には融けません。ちょっとした子供たちの遊び場にもなってます。
そうです、雪国では、お店の駐車場もちゃんと除雪するんですよ。そうしないと、お客さんの車が止められませんからね。

さて、年が明けてしまいましたが、年末放送された『雪山飛狐』の感想を。。。

[READ MORE...]
グリムス(gremz)はじめました
2009年01月03日 (土) | 編集 |
こんなタイトルの韓国映画があった気がしますが、それではありません。(思い出した、アレは「グエムル」)
他の方のブログで時々見かけていたブログパーツ、可愛いのだけど何だろう?と思っていたのです。
で、私もそのブログパーツを貼り付けてみることにしました。
コレ、ブログで苗木を育てる育成ゲームなんです。
苗木はブログに投稿する毎に成長し、大人の樹になると、実際の森に苗木を植樹するというシステム。
ブログをしながら、ちょこっとエコにも貢献できる、なかなか画期的なシステムではないか、と。
まぁ、自己満足だと言われちゃえば、それまでなんですけども・・・σ(^_^;
みなさんも育ててみません?
興味のある方はこちらへ!→http://www.gremz.com/index.php

発芽1日目で、双葉ちゃんです(笑)
グリムス1
どんな大人の樹になるかな?
お正月 その2
2009年01月02日 (金) | 編集 |
今日もお天気の悪い鳥取です。
でも、雪は降っていません。
時折、霙交じりの雨が降ります。ほんのちょっぴり晴れ間が見えることもあります。
が、油断してはいけません。またバラバラと霙交じりの雨が降り出すのです。
それでもって、風が強いです。
でも、雪は随分融けました。
屋根から雪がどさっと落ちてきたり、雫がぽたぽた垂れたり、ちゃぷちゃぷ水の流れる音がして、かなり賑やかです。

寒そうなので、今日は、どこにも出かけず家に引きこもっております(笑)
初詣には明日行こうっと。


さて、この時期、お雑煮にはどんな具を入れる?ってことが話題になったりしますよね。
トコロ変われば食べるものも変わるもの。
おすましか味噌仕立てか、角餅か丸餅か、具沢山なものありシンプルなものあり。
みんな我が家のがフツーだと思ってるから、よそさまのを聞いて結構カルチャーショック受けますよね。

で、鳥取県の雑煮は、最近かなり認知度も上がってきたと思うんですが、小豆雑煮です。
(もちろん丸餅です)
お正月 その2 1
私は大阪生まれの大阪育ちですが、両親が鳥取出身なもので、
子供の頃から、お正月三が日は、この小豆雑煮を食べて育ちました。

実は、鳥取には小豆雑煮だけでなくて、味噌仕立ての雑煮もあるんです。
夫の実家では小豆雑煮も食べますが、味噌の雑煮の方を好んで食べます。
なので、昨日は味噌仕立てのお雑煮でした。(具がないんだ、コレが・・・。ちょっと寂しいのね)
子供の頃は、世間一般で言う“お雑煮”というものを食べてみたくて仕方なかったんですが、この頃は、三つ子の魂百までというのか、お正月に小豆雑煮を食べないと、何だか気持ちが悪い(笑)
で、今日は小豆を炊いて小豆雑煮を作って食べたわけです。
何となく、スッキリ!


さてさて、年末に砂糖漬けにした柚子。(その時の記事はこちら
1週間経ったので、試食してみました。
お正月 その2 2
煮込むのより色が綺麗です。
お味の方は・・・心配していた苦味はそんなになく。
生の柚子により近い風味で、なかなかイケますぞ。
ぜひ、お試しあれ(^-^)v


お正月
2009年01月01日 (木) | 編集 |
今日、2回目の投稿です。

鳥取は雪のお正月を迎えております。
大晦日の夜から降り出した雪は、今朝14cmまで積もっていました。(14cmというのは、ローカルニュースでそう言ってたから。でも、ウチの近辺はもっと積もってたような気がする…)
一日中、降ったり晴れたり、のお天気です。降ったり晴れたり、は雪の日特有の天気変化なんですよね。晴れた時の雪景色はとっても綺麗なんですけど。
この度は雪だるまなんぞ作ってみました(笑)
お正月8
身の丈20cm。可愛い?
しかし、何か情けない顔の雪だるまだな(^_^;)


さて、年末帰省して、実家の母と一緒におせち料理を作り(作ってもらい?(^^;ゞ)、その一部をもらって戻ってきました。
重箱につめて、今朝、夫の実家へ。
お正月2
夫の父ご自慢の床の間飾り。

お正月3
おせち料理。
品数少ないですけど、家族の人数も少ないので、
好きなものだけあればいいのだ(笑)
私、母の作ってくれる棒だらが大好きなので、
おせち料理にこれだけは外せません。(あと、黒豆と田作りも)
この棒だら(上のお重の右隅に入ってます)の作り方をマスターせねば。
しかし、道のりは遠い・・・
そういえば、今回栗きんとんがなかったのがちと残念だったな。


[READ MORE...]
あけましておめでとうございます
2009年01月01日 (木) | 編集 |
あけまして

今年もよろしくお願いします
みなさんにとってよい年でありますように