そら豆を撒きました
そら豆を、今の時期に撒くものなのかどうかよくわからないんですけど…
本当はもっと早い時期に撒くんじゃないかと思うんですけど…
オットの母が、あまり早く撒くと(大きくなった苗が)雪にあたってダメになる、と言うので、今頃撒きました。
こちらでは、乾燥したそら豆が野菜市などで売っていて、それをふやかして料理に使ったりするんですが、同じものを畑に撒くこともできるそうなんです。ただ、蒸してから乾燥させてあるものは、料理にしか使えません。
で、野菜市で乾燥そら豆を探したんだけど、蒸してから乾燥させてあるのしかなくて…。結局、タ〇イかどっかのメーカーの、種として売っているそら豆を買って、畑に撒きました。

そら豆をまく
黒い部分を下に、ちょっと頭が出るように埋めます。

全部で14粒なんですが、さて、どれだけの確率で芽が出るかな~?
一番心配なのは・・・実は、畑に点々と何かの動物の足跡がついていてですね、もしかして、タヌキだったりなんかすると、食べられちゃう可能性があるんじゃないか、と・・・(^▽^;)
今度、確認してこなければ。

スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2010/11/30 22:26 】 | お外 農作業 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画鑑賞『トイレット』
『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督の最新作『トイレット』を観てきました。
鳥取では、11月20日(土)からやっと公開だったのよね~(しかも、今週の(金)で上映終了という、たった2週間の限定上映です)。
レイトショーの時間帯での上映がないため、先日、通常料金で観てきました・・・
うう、MOVIXのHPから割引券をダウンロードしておくのだったー!
しかも、日吉津MOVIXの半券があったら、併設されているAEONの飲食店で割引があったのに、それも使い損ねたー!
むぅ、ビミョーに損した気分。。。(_ _ ;)

それはともかく、映画はヒジョーによかったです。荻上直子監督の映画、好きだわ~。
トイレット

ロボットオタクのレイは、他人となるべく関わらないように生きてきたのだが、母が亡くなってから何かと身辺が騒がしい。ひきこもりの兄モーリー、人を見下す妹リサ、母が亡くなる直前に日本から呼び寄せた言葉の通じない“ばーちゃん”と暮らすことになって・・・


しみじみとよい映画です。
予想通りの展開と意表をつく展開があって、泣き笑いって感じ。
モーリー、リサ、レイそれぞれが、ばーちゃんと向き合うことで自分を見つめていく様子は、ありきたりかもしれないけど、やっぱり感動します。
それに加えて、家族って何だろうな・・・とちょっと考えます。
血のつながり云々と言ったって、そもそも、家族の基本単位である夫婦って他人だもんねー。
言葉が通じなくたって家族っていうのは、極端な気もするけど、要は「心」ってことなんだろうな。

オススメです。
機会があったらぜひ!(^^)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/11/29 22:34 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ぷりん♪
ずいぶん前の話になるんですが・・・
鳥取市で最大(たぶん)のショッピングモール、通称北ジャスで、“全国各地のプリンを販売”というイベントをやっていたことがありまして。
普段お目にかかれないプリンが買えるかも!こりゃ行かねば!ってんで、行って参りました。
あれこれ目移りしたんですけど、懐事情もあるし(プリンって言っても、結構高いんだよね)、購入したのは、このふたつ。

ぷりんぷりん1
「王様のプリン」と「月夜のうさぎ」
どのプリンも美味しそうで、ホント、目移りしちゃって・・・
結局、決め手になったのは、
この可愛いビンでした(笑)

ぷりんぷりん♪4
ジャージー姿のパンダと月の満ち欠け&うさぎの絵。
かわいい!!

で、お味の方ですが・・・
何分、ずいぶん前のことで、ちと曖昧なんですが(^^;ゞ

ぷりんぷりん2
こちらはたぶん「王様のプリン」。
牛乳プリンに近い、さっぱりした味だったと思います。

ぷりんぷりん3
こちらは「月夜のうさぎ」
こっちは、濃厚なとろりとしたプリンだったと・・・

確実にいえることは、どっちも美味しくて大満足だった!!ってことですね(笑)
また、いろんなプリンを買える機会があるといいんだけどなー。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2010/11/26 20:29 】 | キッチン スイーツ | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
『神侠侶』 第16週(第31話&第32話)
いよいよ新しい武侠ドラマが始まりますが、その前に・・・
『神侠侶』のレビュー、頑張ります(^^;ゞ


『神侠侶』第31話&第32話は――

絶情谷に、黄蓉(こう・よう)たち一行、程英(てい・えい)、陸無双(りく・むそう)、楊過(よう・か)ら一行が集まる。
集まった人々の中に、僧となった実兄・裘千仞(きゅう・せんじん)の姿を認めた裘千尺(きゅう・せんじゃく)は、兄をけしかけて仇である黄蓉を討たせようとする。未だ煩悩を断ち切れない慈恩(じおん)=裘千仞は、裘千尺の言葉につられて郭襄(かく・じょう)を殺そうとするが、黄蓉の機転で郭襄は救出され、慈恩は悟りを開き、一灯大師(いっとうだいし)と共に絶情谷を去る。
楊過は解毒薬をもらわぬまま絶情谷を去ろうとするが、公孫緑萼(こうそん・りょくがく)から密かに渡された地図に気づき、囚われていた武三通(ぶ・さんつう)や朱子柳(しゅ・しりゅう)、天竺僧を救出する。
しかし、情花の解毒方法を解明できる唯一の人であった天竺僧は、武三通たちと李莫愁(り・ばくしゅう)の闘いに巻き込まれ、落命してしまう・・・

神侠侶16


以下、ネタバレ感想です。

read more...
【2010/11/24 22:25 】 | 映写室 武侠ドラマ 神鵰侠侶 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ちょいとお江戸へ・・・
すこしご無沙汰してしまいました。
更新できなかったり、コメントのお返事ができなかったりしたのは、私の時間管理が下手くそなせいなんです、スミマセン。

先日は、ちょいとお江戸に出かけておりました。
初めて、鳥取~東京間を夜行バス キャメル号で往復。。。
ワタクシ、ン十年前、まだ兌換券(外国人用の通貨)があった頃の中国で、各地を寝台列車(しかも硬臥)で移動するという、いわゆる自由旅行というヤツをしておったので、多少の悪条件だろうがどこだろうが寝られるという自負があったわけなのですが、寄る年波には勝てないといいますか、さすがに今回の夜行バスはちょっくら厳しかったです(^^;)
いくらリクライニングとはいえ、座席では、お尻が痛くなるし、足は伸ばせず窮屈だし、途中何度か目が覚めて、熟睡というわけにはいきませんでした。
でも、まぁ、「懲り懲り!」とまでは思わなかったので、またお江戸へ行くことがあったら、利用するかもしれません(笑)

さて、東京でのメインの要件は、写真が手元に届いてからご報告するとして、それとは別に、お上りさん観光をしてきましたので、今回はそちらをご紹介します。

上京して最初に向かった観光地は・・・高幡不動尊
知る人ぞ知る、関東三大不動の一つで、新撰組副長 土方歳三の菩提寺でございます。
節分には、芸能人が豆まきに来たりします。

ちょいとお江戸へ1
仁王門

ちょいとお江戸へ2
五重塔

ちょいとお江戸へ3
ちょうど紅葉が色づいてました。

ちょいとお江戸へ4
土方歳三像

ここに行ったのは、新撰組の大ファンだから!というわけではなく(いや、ファンはファンですけども(^^;ゞ)、鳥取に越してくる前は、ココの近所に住んでたんで、東京を離れて10年、住んでいたトコロの近辺はどんな風になったのかな、という興味で行ってみたワケです。
さすがにお不動さんは変わりませんが、駅周辺がすっかり様変わりしていてびっくり!

ちょいとお江戸へ5
京王線 高幡不動駅

そりゃ、10年も経てば変わるよなぁ(^^;)
ただ、昔自転車でよく通っていた細い路地がまだ残っていることに、ちょっぴり感激しました(笑)

さて、お次は、まさしくお上りさん!な観光地東京スカイツリーへ・・・
(東京プチ横断ですな)


ちょいとお江戸へ8
さすがに、建設途中でも観光名所
たくさんの観光客が来てました(笑)

以下、<つづき>にてどうぞ~
read more...
【2010/11/22 23:17 】 | お外 お出かけ | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
『神侠侶』 第15週(第29話&第30話)
すごいねー、はやぶさ!小惑星イトカワの微粒子確認だって。
映画を観てから、友人に、はやぶさを特集したテレビ番組を録画したDVDを借り、はやぶさの打ち上げから帰還までを支えたプロジェクトチームの方たちの話を知って、すごく感動してたんで、プロジェクトチームの方たちのために、本当によかったねー!と思います。


さて、今週最終回を迎える『神侠侶』の大遅れのレビュー・・・


『神侠侶』第29話&第30話は――

古墓に戻った楊過(よう・か)と小龍女(しょうりゅうじょ)は、王重陽(おう・ちょうよう)が古墓派の始祖 林朝英(りん・ちょうえい)に送った手紙と、欧陽鋒(おうよう・ほう)の逆になった経脈からヒントを得て、小龍女の内傷の治療法を思いつき、早速治療にとりかかる。
一方、絶情谷に向かった朱子柳(しゅ・しりゅう)、武親子、天竺層一行は、不法侵入の咎で、今や絶情谷の主となった裘千尺(きゅう・せんじゃく)に捕まってしまう。
父親の助力で捕縛を逃れた武敦儒(ぶ・とんじゅ)・修文(しゅうぶん)は、蒙古軍に追われていた耶律斉(やりつ・せい)燕(えん)兄妹を助け、さらに、公孫止(こうそん・し)に攫われそうになっていた完顔萍(わんやん・へい)も助けるのだが・・・

神侠侶15


以下、ネタバレ感想です。

read more...
【2010/11/16 21:30 】 | 映写室 武侠ドラマ 神鵰侠侶 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
豊岡 安国寺の紅葉
そろそろ紅葉シーズン到来ですね。
先日、去年から観たいと思っていた安国寺の紅葉を観に、兵庫県(ちなみに、鳥取県は兵庫県の左隣です)豊岡市但東町へ行って参りました。
生憎の黄砂(この時期に黄砂だなんて!!)で天気は曇天、小春日和どころか肌寒い気候だったのですが、紅葉は、ちょうど見頃。
それだけに、お天気が悪かったのが、とっても残念・・・_| ̄|○

以下、オットが一眼デジで撮った写真です。

安国寺1
安国寺の紅葉は、モミジではなく、ドウダンツツジの紅葉です。
この、裏庭の築山に植えられた樹齢百有余年のドウダンツツジの
見事な紅葉を、表から本堂越しに見ると、額縁の中の絵のように
見えまして、それがウリなのです。
あぁ、日が当たってたらもっと綺麗だろうになぁ。。。

某A新聞の一面に紹介されたこともあって、たくさんの人がつめかけているそうで、この日も大勢の人で賑わっていました(その内の一人だし(^^;ゞ)。
で、それでどうして人っ子一人いない写真が撮れたのか、といいますと・・・
地元のボランティアの方が、来客を誘導してくれまして、カメラマンのためのカメラタイムを設けてくれるからなのでした(^^;)
この安国寺、かなり狭い路地の先にある上に、駐車場もそんなに大きくないので、地元ボランティアの方がかなり尽力されています。
境内には芳名帳があったり、無料のインスタントコーヒー(セルフサービス)の振る舞いがあったり、座席が設けてあって、そこでコーヒーを飲みながらくつろげたり・・・人混みでごちゃごちゃしている部分もありますが、アットホームな雰囲気もありました。

安国寺2
もちろん、本堂にも自由に上がって
紅葉を楽しむこともできます。
ただし、カメラタイムの時には、邪魔にならぬよう
横に退かなきゃなりません。

安国寺3
真っ赤な葉っぱ。
花が満開の時も綺麗だろうな~

安国寺4
こちらは、ドウダンツツジが植わっている山側から。
黄葉した銀杏も綺麗。


そして、日没後、ライトアップされると、こんな感じに・・・

安国寺5
ライトの影響で黄色味が強くなりますが、
夜の光景もとても綺麗でした。

このライトアップを見ようという方たちもたくさんおられました。
私たちも、昼間見て、日没までの時間を出石で潰し(出石城趾の紅葉は、まずまず、と言ったところ。見頃のもあれば、緑のもあり、って感じ)、日が暮れてから再び安国寺へ・・・ということをしておりました。
出石城趾で見かけた人を安国寺でもまた見かけたので、同じようなことをする人はいるらしい(実家の母に言わせれば「執念」だそうですが(^▽^;)

夜の紅葉を堪能した後は、この近くにあるシルク温泉で、一風呂浴びて帰路につきました。
ここの温泉、結構いいですよ!
お湯がぬるぬるしてて、お肌によさそう~と思ったら、今回のは、効能の中にちゃんと「慢性皮膚病」が入ってました(笑)
休憩所やお食事処も併設されているので、お風呂の後にゆっくり休憩したり、食事したりすることも出来ます。
料金も大人500円なので、利用しやすいし。
ついでがあれば、ぜひ(^-^)


安国(禅)寺
住所 : 兵庫県豊岡市但東町相田327


シルク温泉館
住所 : 兵庫県豊岡市但東町正法寺165
電話 : 0796-54-0141
営業時間 : 6:00~23:00(受付は22:00まで)
      (毎月第3水曜日は17:00~23:00)
※冬期間(1月~2月末)は7:00~23:00
大人500円、中学生以下300円(5才未満無料)、シルク温泉の宿やまびこ宿泊者は無料
駐車場 : 有

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

【2010/11/15 21:02 】 | お外 お出かけ | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
『GOKOKU』のロールケーキ
先日の記事を読んで、「あら、せっかくの記念日なのに、デザートはないの?」と思われた方(いるかどうかわかんないけど)、大丈夫です。このワタクシがスイーツを食べる好都合な機会を逃すはずがありません(キッパリ)!
ちょうどその日、神戸に住むオットの姉が来ておりまして、お土産にGOKOKUのロールケーキを頂いてたんです~\( ⌒▽⌒ )/

ゴコク1
何ともスタイリッシュなパッケージ!

ゴコク2
じゃじゃーん。
て、これだけじゃ何ともわからんがな(^^;)

ゴコク3
「彩り5種の贅果ロール」
その名の通り、いろんなフルーツが入ってます。

さすが、関西を中心にメディアで取り上げられる人気店。美味しかった~~~(≧∇≦)
生地はしっとりもちもち、生クリームは牛乳の味がして甘さ控えめ、とっても美味です。
オットの姉が「いつも娘と“このロールケーキを丸かぶりしたい~”って話してる」と言ってましたが、同感です(笑)
また食べたい!
実家に帰省した折にでも・・・( ̄m ̄*)

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2010/11/11 22:25 】 | キッチン スイーツ | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
『レストランパリ』で記念日ディナー♪
去る11月6日は、結婚記念日でした。
なんと、17周年でございます。
18年目に突入ですよ。ひゃ~!
お互いの我慢の賜物ですな(^▽^;)
って、17周年でこんなこと言ってちゃ銀婚式や金婚式を迎えた大先輩の方たちに叱られますね。

さて、去年は質素な手づくりディナーだったのですが、今年は、倉吉の『レストランパリ』に行ってきました。
前回、今度はディナーを食べたいと言っておったお店です。
予想外に早く希望が叶いました(笑)
てことで、プチコースをオーダー。

プチディナー1
「好きな前菜を一皿」ということで、
私は三種盛り

プチディナー2
オットはつぶ貝のプブルゴーニュ風ってやつを注文。
ワタクシ、貝全般大嫌いなんですが(シジミもダメだもん)
このつぶ貝は食べられましたっ!我ながらびっくり!
コリコリしていて、貝の臭みが全然なくて
美味でした~♪

プチディナー3
コーンスープ

プチディナー4
「お好きなメイン料理を一皿」ってことで、
鳥取牛のチーズカツレツ デミグラスソース
(だったと思う(^^;ゞ)

プチディナー5
こちらはお魚料理。
たぶん、スズキかな…
お肉もお魚も、下にマッシュポテトが隠れていてですね、
どちらもかなりボリュームありました。
それぞれ半分こして食べたので、
飽きがこず、ちょうどよかったデス(^^)
美味しうございましたー!

さ、また1年、積み重ねましょう。

テーマ:鳥取県 - ジャンル:地域情報

【2010/11/10 22:35 】 | お外 地域情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
『神侠侶』 第14週(第27話&第28話)
今日はとっても寒い1日でしたー(>_<)
昨日が暖かかっただけに、辛い辛い。

さて、滞りがちな『神侠侶』のレビュー(^^;ゞ
11月の最終週から新しい武侠ドラマが始まるそうで・・・
てことは、再来週に『神侠侶』は終わってしまうのね。
あぁ、早く観てしまわないと!次の『倚天屠龍記』も録画鑑賞になってしまう~~(^▽^;)


『神侠侶』第27話&第28話は――

すっかり回復した楊過(よう・か)は郭芙(かく・ふ)に復讐しようとする。
一方、郭芙を庇う黄蓉(こう・よう)は、郭靖(かく・せい)の怒りを解くために柯鎮悪(か・ちんあく)の口添えを頼もうと、郭芙を桃花島に行かせようとするのだが、その途中、郭襄(かく・じょう)を連れた李莫愁(り・ばくしゅう)に出会う。
黄蓉は策を弄して何とか李莫愁に郭襄を手放させることに成功するが、目を放した隙に、今度は楊過に郭襄を攫われてしまう。
楊過の向かった先は終南山だと察した黄蓉は、郭靖に伝言を残し、郭芙、李莫愁を伴って終南山を目指す。
終南山では、蒙古のクドゥ王子がフビライの勅命を持って現れ、丘処機(きゅう・しょき)ら全真七子が修行中で不在のため、甄志丙(しん・しへい)らが対応、勅命を拒否しようとする。
が、趙志敬(ちょう・しけい)が独断で勅命を受けてしまう。
全真教掌握のため、反論するものを抹殺しようと、趙志敬は、弟子に甄志丙を殺させようとするのだが、その時、小龍女(しょうりゅうじょ)が現れて・・・

神侠侶14


以下、ネタバレ感想です。


read more...
【2010/11/09 21:24 】 | 映写室 武侠ドラマ 神鵰侠侶 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
今年の玉ねぎ
さて、今年も玉ねぎを植えるシーズンがやってきました。
何だか、久々の農作業記事ですね(^▽^;)
実は、この夏は、あまりの猛暑に、気力が萎えて、ほっとんど畑に行ってないんです。
トマトの出来がイマイチだったこともあり、あまり手入れもせず、収穫は全部オットの母まかせで…(^^;ゞ
「オクラも植えようよ~」と訴えたのは私ですが、全然畑に行かないものだから、見たかったオクラの花も見られず、オットの母が収穫してくれたオクラの実は、大きくなりすぎたために堅くて食べられないし、何のこっちゃ!な有様でした。
で、収穫の終わったトマトやオクラなどを整理する時は、私は所用あって手伝っていないので、ホント、何にもしてないんですねぇ(笑)
そして、最近になって、ホームセンターの店頭に玉ねぎの苗が並び出しまして、あ、シーズンなんだな、と。

ということで、この週末、1日は畑を耕して畝作り(オットが耕耘機&鍬で担当)、
玉ねぎ植え1
相変わらず、微妙に曲がってます(笑)
糸を使って、まっすぐに畝を作る方法もあるんですけどねぇ。
面倒がってしようとしません。

もう1日は、玉ねぎの植え付け作業と相成りました。
玉ねぎ植え2
スクモのせいで、苗が植わってるのが見えませんね(^^;ゞ

玉ねぎ植え3
こんなんです。
元気に大きくなっておくれよ~!

畝の中にレンガが突き刺さっているのは、種類を判別するため(笑)
一番奥が「泉州」ってやつで、真ん中は、オットの叔父からもらった苗で、一番手前は、ニンニクです。
ニンニクの芽を食べたくて、今年もニンニクを植えてみました。
今年収穫したニンニクを植えたんだけれど(芽が出てきてたし)、さて、どうなりますやら(^^;)
取り残したニンニクからも元気に芽が出ておりますが…果たして、そのニンニクの芽は食べられるのかどうか。
ま、出来てからのお楽しみですな。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2010/11/08 14:38 】 | お外 農作業 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
オットの手料理 その13
この度のオットの手料理は、なーんと、ケーキ!
オット、初めてのケーキ作りに挑戦です。
作ったのは、りんごのカトルカール。(作り方はこちら
去年くらいからずーっと作りたかったらしいんですが、なかなか機会がなく、今回、長野を旅行した両親が送ってくれたりんごがあったので、「作るぞ!!」と相成ったわけです。

オットの手料理その13 1
出来上がりの図

私自身があまりオーブンの使い方に慣れてなくてですね(ほほほほほ(^^;ゞ),、
オーブン皿を中段に入れるべきところ、下段に入れてしまったので、中までなかなか火が通らなかったりして、表面がえらくコゲてしまったのですが・・・

オットの手料理その13 2

味はバッチリです!
美味しうございましたー

ただ、20㎝の丸型だったんでね・・・4日ほど食べ続けました(笑)

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2010/11/06 22:45 】 | キッチン つくったもの | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
『神侠侶』 第13週(第25話&第26話)
今日は久々に晴れのよいお天気。
でもって、久々の『神侠侶』レビュー。
録画したものを鑑賞中なので、実際の放映よりかなり遅れています。
しかし、録画したのを観たのもちょっと前なんで、記憶が~・・・(^▽^;)



『神侠侶』第25話&第26話は――

楊過(よう・か)と郭芙(かく・ふ)が婚約したと思い込み傷心の小龍女(しょうりゅうじょ)は、趙志敬(ちょう・しけい)と甄志丙(しん・しへい)の話を聞いて自分を汚したのが甄志丙だったことを知り、さらに大きな心の傷を負ってしまう。
趙志敬と甄志丙はその場を逃げ出すが、小龍女の執拗な追跡にあい、蒙古へと逃避する。
一方、武敦儒(ぶ・とんじゅ)修文(しゅうぶん)兄弟を助けて、李莫愁(り・ばくしゅう)の毒にあたり気を失った楊過だったが、一灯大師(いっとうだいし)の師弟である天竺僧の診立てにより、李莫愁の毒と絶情花の毒が相殺しあっていることがわかる。
「解毒のためには実物の絶情花を見なければならぬ」という天竺僧の言葉に、楊過に恩を感じている武三通(ぶ・さんつう)は、息子たちと絶情谷へ旅立つ。
武三通の別れ際の言葉や武兄弟の態度の変化に戸惑っていた郭芙は、楊過のついた嘘を知って激怒し・・・

神侠侶13


以下、ネタバレ感想です。


read more...
【2010/11/04 22:53 】 | 映写室 武侠ドラマ 神鵰侠侶 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画鑑賞 『HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-』
友人に
『アバター』も目じゃないド迫力と大の男でも号泣する感動の内容!!
と絶賛オススメされた『HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-』を観て来ました。
この映画は、プラネタリウム専用の映画なのですが、どうせ、鳥取は無理よね、都会に出ないとね・・・と思っていたら、運よく鳥取のさじアストロパークで上映中だったのです。

内容は、ご存知、今年6月13日に7年の歳月をかけて地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の、打ち上げられてから帰還するまでの軌跡を追ったCG映像です。

いや~、よかった!
「はやぶさ」に「君は・・・」なんて呼びかけて擬人化してるトコは、ちょっと狙った感もあるんですが、それでも、やはり感動ものです。
「はやぶさ」帰還のニュースを聞いた時は、漠然と、「7年の歳月をかけて行って帰ってきたんだな、すごいなー」とは思っていたけれど、その軌跡を知ると、コレって本当にすごいことだったんだ!と気づかされます。

広大な宇宙空間の中の、ほんの一粒にすぎない小惑星「イトカワ」(巨大タンカーくらいの大きさだそうです)に着陸して帰ってくる、そのミッションを達成するって、ものすごい快挙ですよ。
ちなみに、月以外の天体に着陸・離陸して地球に帰ってきたのは、「はやぶさ」が世界初です。
「1番」にならなきゃいけないことだってあるのよ!


しかも、数々のトラブルに見舞われながらの帰還ですからね、その「はやぶさ」の最後の姿には、涙せずにはおれません。
「君は・・・」と呼びかけたくもなりまする(笑)
オススメです。
ぜひぜひ、この映画を上映しているプラネタリウムへ、お出かけ下さい!

上映館情報は、こちらから↓



それに加えて、もう一つ、私が心揺さぶられたもの。
それは、さじアストロパークで行われていた「はやぶさ」関連の展示の中の、一枚の写真でした。
「はやぶさ」が撮った最後の写真、地球の姿です。(ご覧になりたい方はこちらへ)
帰還した後すぐ公開されたんでしょうけど、私、全然知らなくて、この時初めて見たんです。
この時点ですでに涙腺ゆるんでました・・・

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/11/01 12:57 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |