『笑傲江湖』第19週(第37話&第38話)
すっかり秋らしくなってきました。
でも、日が当たると暑いです。
今日、久々に庭に出て草取りやら整理やらしていたら、汗をかきました。

ムラサキシキブの実がほんのり色づいてきています。
グリーンカーテンにしていたゴーヤは、実を2個も取り損ね、はじけた種が散らばった模様・・・
来年生えるかしら?う~ん、期待薄かな~(^^;)


さて、遅れておりますが、以下、『笑傲江湖』第37話&第38話のネタバレ感想です。

read more...
スポンサーサイト
【2012/09/28 14:32 】 | 映写室 武侠ドラマ 笑傲江湖(李亜鵬版) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
『阿斗のまつり』と『孔明のヨメ。』
最近また『三国志』ブームなんですかね?
“また”というのは私が学生時代に流行ったからなんですが、若い人は今のブームしか知らないか・・・(^^;ゞ
でね、その昔の三国志熱から『三国志』にはつい反応してしまうもんで、ドラマ『三国志』を見終わった後でもあり、三国志熱が再燃しちゃったというか・・・
あちこちのブログで紹介されていたマンガを、やっぱり私も買ってしまいました(^^;)

まずは、こちら。
劉備くん! 阿斗のまつり (MFコミックス フラッパーシリーズ)劉備くん! 阿斗のまつり (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2011/03/23)
白井 恵理子

商品詳細を見る

懐かしすぎて思わず・・・(^▽^;)
これ、『劉備くん』シリーズのひとまずの最終作なのですが、その第1巻『STOP劉備くん!』は、私が『三国志』にはまっていた頃に出版されたものなんです(コレ↓)。
stop玄徳くん
NHK人形劇三国志のお人形たちをベースにしたパロディ4コママンガ。
シリーズといいましたが、私が持っているのは実はこの1冊だけで、その後『STOP劉備くん!』が3巻まで出たのは知ってるんですが、その後8冊も出ていたとは知りませんでした!
で、とあるブログで『阿斗のまつり』が紹介されているのを見て、思わず「まだ、描いておられたんだ!懐かし~~~!!」と、手持ちの『STOP劉備くん!』を読み返し(手放したかと思ってたら、一緒に嫁入りしてたという・・・(^^;ゞ)・・・たら、何か、こりゃぁ、ひとまずの最終作も読んでみたいな、と。。。因果だなぁ(笑)

てなわけで、買って読んでみました。
相変わらず、くすっと笑えます。
1巻から最終巻までの間に増えたキャラクターもいるのかな。「これ、誰?」と思うヒトがいたり、ゲームをしない私には、わからない部分もあったんだけれど、それなりに楽しく読めました。思い入れもあるし(笑)
劉備くんシリーズがお好きな方には、楽しめるんじゃないかと思います。



お次は、こちら。
孔明のヨメ。 (1) (まんがタイムコミックス)孔明のヨメ。 (1) (まんがタイムコミックス)
(2012/06/07)
杜康 潤

商品詳細を見る

孔明さんの奥さんが醜女だった(でも、賢い)ってことは有名な話ですが、その奥さんにスポットを当てた4コママンガ。
「醜女」というのは当時の基準であって、今の基準なら美人なんだよね(当時の基準でも西域美人)、という設定が生きてます。ま、そうじゃないと描いてる方も読んでる方も楽しくないわな(^▽^;)
とにかく可愛い。性格も可愛い。
孔明さんのところに嫁入りするまでの経緯も笑えます。
でも、ほのぼのした中にも、この時代ってこんなんだったんだな、と思える現実も垣間見えたりして、はっとさせられることも。
私、孔明さんの奥さんのことをあまり知りませんでしたが、叔母さんが劉表の奥さんの蔡夫人だそうで・・・蔡夫人て、あの蔡夫人!?劉琮のおかーさんの?・・・ちょっとびっくり(^▽^;)
てことは、孔明さんの奥さんと劉琮とはいとこになるのね。孔明さんとも義理の従兄弟だ。
・・・と、私としては考えもしなかった人物がつながってたりするのが新鮮でした。

『三国志』を詳しく知らなくても、4コママンガとしても十分面白いです(^ー^)
オットも面白がって読んでました。



あと、『三国志魂』も今読んでいるところ・・・
読み終わったらまた記事にします。



さて、あちらでは、『銅雀台』が封切なんですね。

見たーい!!
日本でも公開してくれるかな~。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2012/09/26 23:38 】 | 本だな マンガ | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
『笑傲江湖』第18週(第35話&第36話)
最近、雨の降り方が変です。
降れば土砂降り、しかもピンポイントで降る・・・同じ市内なのにちょっと離れただけで降ってなかったり。
で、そんな雨が降ったりやんだり。お天気が一定しません。
今日は特に、晴れているのに土砂降りという、ヘンテコなお天気でした。嫁入りするキツネも大変だっただろう。


さて、かなり遅れておりますが、以下、『笑傲江湖』第35話&第36話のネタバレ感想です。

read more...
【2012/09/25 23:48 】 | 映写室 武侠ドラマ 笑傲江湖(李亜鵬版) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
『ねんりん家』のバームクーヘン
この間の(金)、駅方面に出かけたついでに鳥取大丸の地下に行ったら・・・
なんと、『ねんりん家』のバームクーヘンが売られていた!
9月15日~17日の3日間、9時半から整理券を配布して(ちなみに大丸の開店は10時から)売られていたのは知っているのです。
でも、行けなかったのね。
『ねんりん家』は通販していないし、それが鳥取で買えると思うと、その機会を逃すのはちょっと心残りだったんだけれど、一度食べたことがあったので、諦めたのだ。
それが、整理券をもらわんでも買えるやん!ラッキー♪\( ⌒▽⌒ )/
(もしかして、前回販売した分が余ったのか???)
早速お買い上げ~♪

ねんりんや1
ストレートバームクーヘン。
ストレートって何だろう?(笑)

ねんりんや2

ねんりんや3

ねんりんや4
周りにフォンダンがついているタイプ。

しっとりと美味しうございました~(≧▽≦)
フォンダンがちょっと溶けて、生地にしみているトコが好きでした!

諦めていたものが偶然買えたので、余計美味しく感じるのかも~(笑)

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2012/09/24 22:26 】 | キッチン スイーツ | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
『笑傲江湖』第17週(第33話&第34話)
この2,3日で朝晩がすっかり涼しくなってきました。寒いくらいです(^^;)
そういえば、スタバが松江に出店だそうで・・・これで、スタバがないのは鳥取県だけです。
かなしー(ノ_<。)
いつか鳥取にも来るかしら~?


さて、かなり遅れておりますが、以下、『笑傲江湖』第33話&第34話のネタバレ感想です。

read more...
【2012/09/21 22:02 】 | 映写室 武侠ドラマ 笑傲江湖(李亜鵬版) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
「アニメが描く希望と未来展~アトムから初音ミクまで~」in県立図書館
国際まんが博の催しの一環で、県立図書館にて、
「アニメが描く希望と未来展~アトムから初音ミクまで~」
が開催されています(9月23日まで)。
展示されているのは、鉄腕アトムやガンダムなど、1960年代から近年に至るまでの人気アニメの貴重な原画やセル画やポスターなど。
主催は鳥取県と東京国際マンガ図書館(仮称)の整備を進める明治大学で、今回の展示は明治大学所蔵の貴重なコレクションの一部だそうです。
(明治大学創立者の一人が鳥取出身とは知らなんだ)

1960年代からってことで、懐かしいアニメがいっぱい(笑)
白蛇伝、鉄腕アトム、8マン、マジンガーZ(このあたりからが懐かしい)、キューティーハニー、魔法使いサリー、ハイジ、未来少年コナン、カリオストロの城、ヤマト、ガンダム、999、ナウシカ、マクロス、エヴァンゲリオン、セーラームーン、プリキュアなどなど・・・
1作品につき1,2点という小規模さながら、宮崎駿氏、安彦良和氏、美樹本晴彦氏、金田伊功氏、只野和子氏といった、知っているヒトには「おぉ!」という方々直筆の原画が見られます。
*ここでの「原画」というのは、アニメ制作における原画のことで、動画の元になるもののことです。漫画の原画とは違います。念のため。

さらに、日本のアニメーションの変遷が系統立てて説明されていて、なかなか面白かったです。
そもそも、日本のアニメーションはアメリカへの強い憧れから生まれたものだった、とか、
アメリカのディズニー映画に倣って製作された日本初の長編アニメーション「白蛇伝」は、ディズニー映画の素材が自分たちの大本であるヨーロッパだったように、日本も中国に題材を得たものだった、とか、
マジンガーZなどのロボットもの、魔法使いサリーに始まる魔法少女ものなどの系統は、製菓会社や玩具メーカーとのタイアップによって発展してきた(そうそう、超合金のマジンガーZやひみつのアッコちゃんのコンパクトも展示されてましたよ)とか、
ヤマト、ガンダムあたりから、青年を対象にしたアニメが作られるようになった、とか・・・

ま、知ってる人には「そんなこと知ってらぃ!」な内容ですが、知らない人には「なる程~」な内容なんじゃないでしょうか。
ただ、アニメに興味のない人がこんな展示に行くかな~?という疑念はありますけども(^▽^;)
でも、子供の頃見ていた懐かしいアニメのセル画を見るのも楽しいんじゃないかと思います。

10月13日(土)からは、境港の夢みなとタワーで開催されます。
こちらの方が、展示作品は多そうですよ(上記の他に、うる星やつら、ラピュタ、もののけ姫などが増えるようです)。
興味のある方はぜひどうぞ~!
ちなみに、境港での開催は11月11日(日)までです。

【2012/09/21 00:42 】 | お外 地域情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ドラマ『三国志』~秋風 五丈原~
昨日は風が強くて、庭の鉢植えを避難させたほどでしたが、今日は雨が降っています。
でも、思ったほど涼しくなくて、何だか蒸し暑いです。。。
「暑さ寒さも彼岸まで」というし、もうそろそろ秋らしい涼しさになるでしょうか。


さて、『三国志~Three Kingdoms~』もとうとう最終巻。第7部“危急存亡編”48巻(第94話&第95話)を鑑賞しました。

諸葛亮は病に倒れ、後事を姜維と楊儀に託す。諸葛亮が没すると、蜀軍は漢中に撤退を開始、姜維は陳倉道で司馬懿を待ち受ける。諸葛亮が死んだと確信して攻撃を仕掛けようとした司馬懿だったが、そこに諸葛亮の姿を見て退却、後にそれが木像だったと知って悔しがる。曹叡は司馬懿の兵権を取り上げ、司馬懿を都に戻す。曹叡の病没後、曹爽を後見に曹芳が即位。司馬懿は、曹爽が曹一族、百官をつれて墓参に行った隙に挙兵、実権を握る。そして、司馬昭が蜀を滅ぼし、司馬懿の孫、司馬炎が呉を滅ぼし、280年、三国は統一される。

三国志48

以下、ネタバレ感想です。

read more...
【2012/09/18 14:28 】 | 映写室 歴史ドラマ 三国志 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
砕氷艦しらせ
9月16日のことなんですが・・・
砕氷艦「しらせ」が15年ぶりに境港に寄港し、一般公開が行われていると知って、行って来ました。東から西へ、鳥取県縦断です。所要時間およそ2時間半(^▽^;)
物好きって思われるかもしれませんけど、南極の氷の展示もあるそうで、それを見たかったんです。

一般公開は、午前の部が9時~12時、午後の部は13時~15時で、竹内団地で受け付け、そこから「しらせ」の接岸場所まで無料シャトルバスで送迎する、ということだったので、竹内団地の受付場所に向かったんですが・・・
受付場所には長蛇の列が!(私たちが到着したは13:30頃)
こ、こんなに見に来る人、大勢いるんだ?と自分のことは棚に上げて、びっくり。
さくっと見学して、さくっと帰るつもりだったんですが、とんでもないことでした(^^;)
まず、シャトルバスに乗るのに、1時間半待ち・・・(ここはディズニーランドかヾ(-_-;))
受付時間が15時までなのに、見られるんかぃな、と不安になりましたが、途中で駐車場に車を入れないようにして受付を終了していたようです(行列して待ってる人は見学できるってことですね)。

この日は、どんより曇り空で風もあったので、待つのもそれほど辛くはなかったですが、これが炎天下だったら、とっても大変だったと思います。諦めて帰ったかもしれん。。。

ようやくバスに乗れることになって、「1時間以上も待つんやったら、歩いて岸壁まで行けたんちゃう?」とか言いながらバスに乗り込んだんですが、実際バスに乗ってみたら、歩くにはちょっと遠かった・・・(^▽^;)

砕氷艦「しらせ」に到着~!

しらせ11

えーと、一応説明しておきますと、砕氷艦「しらせ」は、海上自衛隊に所属する自衛艦(だったのね、知らなかった(^^;ゞ)で、南極観測協力を行う砕氷艦です。物資や人員の輸送、観測支援などを行っています。
大きいです。>小学生かっ(^^;ゞ

しらせ9
この急なタラップをあがって艦内へ。

しらせ4
甲板から大山が見えます.
大山をバックに「しらせ」を撮りたかったのだけれど
残念ながら撮れませんでした。

しらせ3
甲板には、南極の石が展示されていました。
この他にスノーモービルも。

しらせ5
格納庫では、グッズの販売やら「しらせ」を紹介するパネル展示、
隕石の展示などもありまして、自衛官が説明してくれます。

しらせ2
こちら、見たかった南極の氷。

雪が固まった氷なので、空気が入っているため透明ではないそうです。近くで見ると泡がたくさん集ったようになってます。これが、何万年も前の空気なんですねぇ。ロマンだわ。
氷が解けるときにその空気がぱちぱち音を立てるんだそうですが、その音を聞くことはできませんでした(氷は触ったんだけど、耳を近づけるってことが遠慮してできなかったの。こういうとこヘタレなんです)。


しらせ1
これは歴代の砕氷船。

一番右の開南丸は、白瀬矗が南極探検に使った船。木造の帆船です。18馬力(ちなみに「しらせ」は3万馬力)です。これで、南極に行って帰ってきたんですってよ?うそだろ、ですよね(^^;)
隊員さんが熱心に説明してくれたところによると、明治時代末頃、この木造帆船に鉄板を張ったような船で、白瀬隊は南極探検に出かけ、南極点に到達することはできなかったものの、全員無事に行って帰ってきたんだそうです(同時期に南極点をめざしたアムンゼン隊やスコット隊には、犠牲者が出た)。
南極に行くまでには、「吠える40度、狂う50度、叫ぶ60度」と呼ばれる暴風圏を越えなければならず、そこを木造帆船で行って帰ってきたんだ、と。
で、自衛隊の艦名には、気象や山などの地名がつくことが多いそうですが(日本人の美意識だそうで)、この白瀬隊の偉業を称えて、砕氷艦には「しらせ」の名がつけられているのだそうです。
結構、話好きな隊員さんで、いろんなことを話してくれて面白かったです。
制服の徽章の線はロープに由来しているとか、船の速度、ノットはロープの結び目(knot)
を流して速度を測ったことに由来するとか。

別の隊員さんは、「しらせ」が運ぶ物資のことを説明しておられて、途中からしか聞けなかったんですが、南極に着いて一番最初に基地に運ぶ物は、食料と家族からの手紙だそうです。で、その日の夕食は、滅多に食べられない生鮮食料品を使ったもの、ということで、玉子かけご飯だったそうです。なるほどねぇ。。。

艦橋にも上がれました。
しらせ8
艦橋からの眺め。
白いモノはクレーンです。
大量の荷物を運ぶ船なんですねぇ。

艦長席に座ってみたかったんだけどね~、お子ちゃまに混じるのは気恥ずかしくてできませんでした(^^;)

最終時刻の16時まで、艦内を順路にそって、いろいろ見学しました。
しらせ6
救命艇。

しらせ7
救命艇を上から見たところ。

しらせ10

しらせ13
艦首。

しらせ12
艦首で氷を砕いて進むわけですが、
この角度が19度なんだそうです。

最後に反対側に回って全景を・・・
しらせ14

こういう機会は滅多にないので、興味深かったです。

【2012/09/18 00:15 】 | お外 お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
『笑傲江湖』第16週(第31話&第32話)
9月も半ばだというのに、暑いですね~(_ _;)
昨日は墓掃除をしたんですが、蒸し暑くて汗だくになりました。
まだ蚊は出るし、蚊取り線香をつけているのに、いっぱい咬まれたよぅ(´д`;)
蚊取り線香をつけていないオットは咬まれてないっていうのに、何でだ!?


さて、かなり遅れておりますが、以下、『笑傲江湖』第31話&第32話のネタバレ感想です。

read more...
【2012/09/16 23:24 】 | 映写室 武侠ドラマ 笑傲江湖(李亜鵬版) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
とっとりまんがドリームワールド
知名度がどれだけあるのか知りませんが・・・ただいま鳥取県では「国際まんが博」(8月4日から11月25日まで)が開催されています。
今年、第13回国際マンガサミットが鳥取で行われることや、水木しげる氏、谷口ジロー氏、青山剛昌氏といった県内出身の著名な漫画家が数多く(?)いることから、“まんが王国とっとり”が建国され、漫画やアニメで鳥取をアピールしようと、様々なイベント開催されています。

でもね、私、ジモティなのですが、恥ずかしながら、「国際まんが博って何?」と思ってました。
お役所に幟が立ってても、何をするのかさっぱり見えなかったんですね。
私自身、漫画雑誌を読まなくなって久しいし、今流行の漫画も全然知らないので、積極的に情報を集めようとしなかったせいもあるかもしれませんが・・・。
県外にはアピールしてたのかなぁ?

で、たまたま、「まんが博」のガイド本みたいな小冊子を見つけて読んでみたら、これが面白そうな企画があったんですよ(笑)
この「とっとりまんがドリームワールド」は、鳥取、倉吉、米子の三ヶ所で、期日を変えて開催されるイベントなんですが、8月に鳥取で開催された時は、あまり興味がなかった(ていうか、何をやってるか知らなかったのと、夏休みで人が多そうだった)ので行かなかったんですが、冊子を見てみたら、予想通りの「水木しげる」や「青山剛昌」などのコーナーの他に、「5,000冊の漫画が大集結」とか、「少女マンガの世界」とかいうコーナーがあるじゃないですか。
「あら?これはちょっと見たいかも・・・」と興味が湧きまして(因果だなぁ(^_^;ゞ)、9月9日に倉吉まで行ってきました。>前フリ、長っ!!
まんがドリームワールド


で、行ってみた感想ですが・・・
結構期待して行ったんですが、正直、こんな規模か~って感じ(^▽^;)
水木しげる氏や谷口ジロー氏、青山剛昌氏ら鳥取が誇る三大巨匠の原画はさすがに見応えありましたし(おばあちゃんが「うまいねぇ~」と感心してたのには苦笑しましたが。プロやがな!)、ヨーロッパやアメリカのマンガ本の展示もあって、そういうものは普段見ることがないので興味深かったし、石巻市の石ノ森萬画館に贈られた有名マンガ家の応援メッセージ(色紙)の展示は、私の知っているマンガ家さんのがあったりして面白かったんだけれども、全体的な印象としては、ちょっと物足りない感じです。
会場規模や鳥取会場と倉吉会場とで展示物が微妙に違うのかもしれませんが、冊子に載っていた、石ノ森先生の珍しい作品展示とかなかったと思うし、5,000冊のマンガ大集結っていうのも、アヤシイと思う・・・もっと懐かしいコミックとかもあるのかな~と思ってたんだけど、なかったし。てか、それを望む方が間違ってるのか(^▽^;)

どちらかというとお子様向けかもしれません。
キャラクターショー(この日は「特命戦隊後バスターズショー」。22日(土)は「仮面ライダーウィザードショー」があります)やスティッチのコーナーもあって、お子様には大人気でした。
まんがワークショップのコーナーでは、塗り絵や自分が描いたイラストでの缶バッジ制作やはがき絵体験などができるようになっていましたが、参加しているのはほとんどお子様でした。

でも、私が見たかった「少女マンガの世界~原画’(ダッシュ)の軌跡~」は、思いがけない人の原画’(ダッシュ)が見られて、とてもよかったです。
原画’(ダッシュ)というのは、原画の保存と公開を両立させるため、竹宮惠子氏と京都精華大学国際マンガ研究センター(京都国際マンガミュージアム)とで共同研究を重ねてきた精巧な複製原画のことだそうで、原画を見るように、修正液の跡なども見ることができます。
知らないマンガ家さんもたくさんいましたが、懐かしい方もたくさん(笑)
わたなべまさこさんや水野英子さんは、その昔の王道ですよね。上原きみ子さんは、今は作風が違ってますが、以前は目の中にお星様がいっぱい!だったし。
何より嬉しかったのは、佐藤史生さんと花郁悠紀子さんの絵が見られたこと。
いやはや、懐かしい~~~~!!
とはいっても、私は佐藤史生さんのマンガは未読なのです。読みたい読みたいと思ってたんですが、当時高くて買えなかったんですよね、「夢見る惑星」とか「ワン・ゼロ」とか。。。あぁ、また読みたい熱が再燃しそう(^▽^;)
竹宮惠子さんの「アンドロメダストーリーズ」や「地球へ・・・」も懐かしかった。「ファラオの墓」があればもっとよかった(笑)

まぁ、私が見たかったものは見応えがあったので、それなりに満足でした。

他に、声優トークショーもあるんですが、さすがに人出を当て込んでか、開催は連休です。
9月16日に平川大輔さんが、9月23日には高山みなみさんがやってくるそうです。
興味のある方は、ぜひ、鳥取にお越しください。
今、ちょうど梨の時期ですよ(^ー^)

詳しくは、こちらのHPでご確認ください。
ひじょーに見難いですけどね。。。(・。・*)ヒソヒソ
【2012/09/14 16:34 】 | お外 地域情報 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
『笑傲江湖』第15週(第29話&第30話)
今日は涼しくて過ごしやすいです。
オットは仕事帰りに、直った耕運機で畑をうつつもりだったのですが、お天気があまりよくないので、明日に延期です。


さて、かなり遅れておりますが、以下、『笑傲江湖』第29話&第30話のネタバレ感想です。


read more...
【2012/09/11 21:20 】 | 映写室 武侠ドラマ 笑傲江湖(李亜鵬版) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
耕運機、仕事を拒否する
そろそろトマトも終わりなので、8日(土)は、トマトの始末をして、草取りをした後、耕運機をかける――という予定でした。

しばらくぶりに行く畑は、相変わらずの草ボーボー(^▽^;)
とにかく、トマトの支柱をはずして、トマトを引っこ抜き、膝くらいの高さまで伸びた草をせっせと抜いて(一部草刈機にも頼りましたが(^_^;ゞ)、取った草を一箇所に集めました。
その結果がこれです。
耕運機、仕事拒否
右端にたまっている草の量で、
いかに草が生えていたかわかろうというものです・・・(^▽^;)

で、草も取って、さぁ、これから耕運機をかけましょうか、という時になって・・・
耕運機の調子が悪い。。。(_ _;)

私には詳しいことは分かりませんが、オット曰く「エンジンがふけない」と。
エンジンはかかるんだけれども、耕すために高速運転にすると止まっちゃう。

で、つらつら考えてみるに、耕運機を買って以来、メンテナンスというものを一切していないのですねぇ。
使用頻度は高くはないですが、買ってかれこれ5年経つのに、メンテナンスを全然してないって、問題だよね?

そんなわけで、遅まきながら、取説片手にあちこちのクリーニングを試みました。
まずは、エンジンオイルの交換。
オットはずっとエンジンオイルの交換をしなくては、と思ってたらしいんですが、実は、取説の図が間違ってましてねぇ、オイルを抜くドレンボルトの場所がわからなくて、交換できなかったんだそうです。
取説の図では、ドレンボルトがあることになっている部分、実物にはボルトなんてないんですよ。
一体どこにあんねん!?と、本体とにらめっこした挙句、「これか?」と、ダメ元で回してみたボルトが「大当たり~」だったため、ようやくオイルの交換ができました。
しかし、エンジンには効果なし。

フィルターも掃除してみたけれど、ダメ。

んじゃ、点火プラグを交換すればいいのかも、と部品を買いに行った店で、オットが店員さんにいろいろ相談した結果、「キャブレターに水かゴミが入っているのだろう、キャブレターの掃除をすればいい」とアドバイスをもらい、早速、キャブレターの取り外しにかかっていると、偶々オットの叔父がやってきまして、叔父はさすがに兼業農家なだけあって、慣れた手つきで手伝ってくれました。
で、キャブレターを分解掃除できればよかったのですが、これが、ネジ(?)は固いわ、工具はないわ・・・で分解できず、結局、販売店に連絡して、翌日修理に来てもらうことにあいなりました。

オットは、「そんな100時間も使ったわけでもないのに、キャブレターにゴミが詰まるなんて、考えられん」とぶつくさ文句を言っておりましたが、動かへんもんはしゃぁないやん(-_-;)

で、翌日曜日、修理というか、キャブレターの分解掃除をしてもらって、耕運機は無事復活しました!
オットは、掃除の様子を見ていて、自分でもできたのに、と思うと、悔しかったんだそうです(^▽^;)
まぁ、これからは、きちんとメンテナンスしましょうね。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2012/09/10 23:08 】 | お外 農作業 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
『笑傲江湖』第14週(第27話&第28話)
鳥取では、ここのところ、朝は晴れているのに、昼ごろになると土砂降りの雨が降り、夕方にはやむ・・・という日が続いています。
でも、気温は30℃を超えてます。
一体いつになったら秋らしくなるのかな~。
それでも、夜には虫の音が聞こえてくるので、秋に向かいつつあるのだな、とは思うんですが。

今日、オットの母が体調を崩し、オットが病院に連れて行きました。
点滴を受けて、お薬をもらって帰ってきたんですが、どうやら胃腸が弱っているらしく、夏バテしたようです。
テレビで言ってましたが、最近は、節電の反動で冷たいものを取りすぎ、体調を崩す人が多いのだとか。
そういえば、以前は、冷たいものの飲み過ぎ食べ過ぎに注意しましょうってよく聞いたけど、今はあんまり聞かないような・・・?
皆さんも、体調管理に気をつけてくださいね!



さて、かなり遅れておりますが、以下、『笑傲江湖』第27話&第28話のネタバレ感想です。

read more...
【2012/09/07 00:28 】 | 映写室 武侠ドラマ 笑傲江湖(李亜鵬版) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
法善寺あられの『ふくらまる』
先日、友人からもらったのです~♪(^ー^)
何でもパッケージ買いをしたんで、そのお裾分けだとか。
それが、この、法善寺あられの「ふくらまる」!

ふくらまる1
かわいい!
友人がパッケージ買いする気持ちがわかります(笑)

ふくらまる2
サラダ味の塩と甘口がセットになってます。

ふくらまる3
オットと二人であっという間に平らげました(笑)

美味しかった~♪
ごちそうさま~!

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2012/09/05 22:02 】 | キッチン その他の食べ物 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
ドラマ『画皮~千年の恋~』
BSジャパンで放映されていた中国ドラマ『画皮~千年の恋~』が先週で終わりましたねー。
昼帯らしい、三角関係(いや四画関係か)な、恋愛要素たっぷりのメロドラマでしたが、そこそこアクションもあって、面白かったです。
私は、第1~3話と第6話を見逃していて、妖狐の栩栩(シュシュ)と王生(ワン・シェン)の出会いやら、栩栩と夏冰(シア・ビン)の出会いやら、王生と佩蓉(ペイロン)が惹かれあう過程やら~の肝心な部分を見損ねたようでちょっと残念なんですが、それでもまぁ、話にはついていけたし、毎回楽しみに見ておりました(録画で・笑)
(ストーリーや登場人物などに興味のある方は、ここをチェックしてね♪)
画皮

このドラマの元は、ただいま上映中の映画『画皮 あやかしの恋』
映画 画皮

こっちも見たいんだけど、上映劇場が少ないのよねぇ・・・(_ _;)
鳥取じゃやってくれないし。
DVDレンタルを待つしかないか(´д`;)


ということで、以下、ネタバレ感想です。

read more...
【2012/09/04 16:55 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
タマノカンザシ
昨日、農作業をしなくてもよくなったので、午後から鳥取県中部にある「あやめ池公園」へ行ってきました。
この公園は、5月には、花ショウブやアヤメ、藤などが咲くので有名なのですが、今の時期はタマノカンザシが咲いています。
・・・と、テレビで言っていたので、行ってみたのです(^^;)
タマノカンザシって、こんな花。
タマカンザシ3

中国原産のギボウシの仲間だそうです。
夜に咲く一日花。
ほのかに香ります。
清楚でやさしい香りがして、庭にあったらいいなぁ~。
半日陰で育つっていうから、ウチの庭にぴったりなんだけれども、なぜかウチの庭では、ギボウシが育たないのよね。何度か挑戦したのだけれど・・・
なので、きっとこのタマノカンザシもダメかも(ノ_<。)
鉢植えがあったら欲しいけどな。。。
タマカンザシ1
こちらは八重です。

タマカンザシ2
萩の花をバックに・・・
だけど、萩の花が少ないから目立たないね(^^;ゞ

タマカンザシ5
かなりたくさんの株が、植えられていました。

タマカンザシ4
萩の花も咲き始めてます。

季節は確実に移ろってきていますね。


テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

【2012/09/02 23:36 】 | お外 花&鳥 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ドラマ『三国志』~上方谷の戦い~
天気予報がはずれて、昨夜から今日の午前中にかけて、雨だった鳥取です。
おかげで少し涼しいです。
でもって、今日はオットの実家へ行って、農作業をするつもりだったのですが、雨が降っていたので中止。少しホッとしている私です。ははは・・・(^▽^;)


さて、『三国志~Three Kingdoms~』第7部“危急存亡編”47巻(第92話&第93話)を鑑賞しました。

オープニング映像を見るたびに、もう亡くなった人たちばかりになってしまって、あぁ、あんなシーンもこんなシーンもあったなぁ、と懐かしく寂しく感じられます(ノ_<。)

諸葛亮は5度目の北伐へ。司馬懿は守りに徹して持久戦に持ち込もうとし、蜀軍は常に兵糧の問題に悩まされる。諸葛亮は木牛流馬を使って魏軍の兵糧30万石を奪い、それを朝廷から責められ降格された司馬懿は、兵糧を奪い返すため、上方谷を攻める。諸葛亮は兵糧ごと司馬懿を殺そうと上方谷に火をかけるが、無常にも雨が降り、司馬懿は九死に一生を得る、というところまで。

三国志47

以下、ネタバレ感想です。

read more...
【2012/09/01 22:17 】 | 映写室 歴史ドラマ 三国志 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |