ようこそようこそ!鳥取よりお送りする徒然日記
たつの市 東山公園と紅葉谷の紅葉
2013年11月29日 (金) | 編集 |
今日(って28日のことですが)は、初雪が降りました。
まだ11月なのに!
今年はカメムシが多いんだよね。雪が多そうでイヤだなぁ。


さて、行楽日和だったこの間の(土)(日)。
(土)は畑仕事でしたが、(日)は紅葉狩りに行ってきました。
今回は兵庫県たつの市へ。
鳥取自動車道を佐用平福ICで下り(これより先は有料区間になるのだ)、下道を使って2時間ほど。
意外に近いです(この感覚は地方ならでは、かも?(^_^;ゞ)。

以下、詳細はつづきにて。
写真多めです。



[READ MORE...]
スポンサーサイト
『新笑傲江湖』第7週(第13話&第14話)
2013年11月24日 (日) | 編集 |

今日は、行楽日和のよいお天気でしたが、畑仕事をしておりました。
といっても、ソラマメを蒔いただけですが(^^;)
芽が出るかな~?出てくれるとよいのだけど。


さて、話は変わりまして、遅れておりますが、『新笑傲江湖』第13話&第14話のネタバレ感想です。


[READ MORE...]
DVD観賞『英雄剣』
2013年11月21日 (木) | 編集 |
英雄剣 [DVD]英雄剣 [DVD]
(2004/12/25)
ティ・ロン、アニタ・ユン 他

商品詳細を見る

reiさんからお借りしているDVDです(いつもありがとうございます m(_ _)m)。

以前、読書感想で紹介した、古龍原作の『辺城浪子』(そのときの記事はこちら→)を映画化したもの。
内容は、ほぼ原作に沿っている印象です。枝葉末節をば~っさり切ってありますけども(^▽^;)

読書感想の記事でも書いたように、本を読み始めてから映画を見ていたことに気づいたわけですが、今回、改めて映画を見て、その内容をあまり覚えていなかった理由がわかりました。
もちろん、私の記憶力の問題もありますが、それより根本的な問題です。
これ、原作を読んでなかったら、何がどうなってそうなるのか、全然わからない!(爆)
だって、人物関係も因果関係もまったくと言っていいほど説明がないんですもの~ヾ(-_-;)
そのせいで、映画を見た当時、シリーズ物かな?と思った気がする…他の作品を見たら、人物関係とかがわかるのかな、と。
当時原作未読の私が、この映画だけを見てその内容を理解できたとはとても思えません(^▽^;)
主役格の傅紅雪や葉開、ラストのどんでん返しなど、印象的な映像シーンしか覚えてなかったのも、そのせいですね。

今回は、原作を読んでからの観賞なので、ざっくり省略されている部分を補えたし、内容を大体把握できました(笑)
まぁ、初めて映画を見たときだって、内容を理解していなくても、楽しんで見てましたけども。

今回見返してみて、結構コメディタッチだったんだな、とちょっと驚きました。さすが香港映画、と言うべきか?(笑)
原作は、ミステリー仕立てで、復讐に生きる傅紅雪の影響もあって暗い印象でしたが。あと、女性の愛憎なども絡んで、人間の業とか深刻な印象もあったんですが…。
その辺り、映画はあっさりしてました。そこまで描ききれないっていうか、描こうとはしてなかったのかも(^▽^;)
アクションは派手です。体を張ったアクションもありますが、見せたかったのは、派手な爆薬ドーン!のシーンなんだろうなー。結構長かったし(笑)

葉開は、初めて見たときとあまり印象が変わらなくて、明るく朗らかな青年(っていうには年くってるかも?)した。恋人役のアニタ・ユンも可愛くて、彼女が登場すると場が華やぎます。この二人の持つ陽気な雰囲気がコミカル路線になる所以でしょうかね。
傅紅雪は、初回に見たときも思いましたが、年くってます。葉開と同い年のはずなんだけど、見えないし(爆)彼には無表情なイメージがあったんですが、今回の視聴では、微笑んだりして意外に表情が動いていたのを再発見。新鮮でした。

いや~、今回も楽しく視聴しました。面白かったです!
原作未読のときと、原作を読んでからと、二通りの楽しみ方ができて、何だか、得した気分になりました(笑)
繰り返しになりますが、こんな機会を与えてくれて、reiさんに多謝です!



恩原湖の紅葉
2013年11月19日 (火) | 編集 |
紅葉狩りのシーズンです。
とはいえ、急に寒くなって、秋はどこへ行った?って感じですが(^^;)

この間の休日、お天気がよかったのを幸いに、紅葉狩りに出かけてきました。
毎年違う場所に行っていますが、今回は、恩原湖(おんばらこ)経由で赤和瀬渓谷へ。


以下、詳細はつづきにて~



[READ MORE...]
瀬戸内 港町 車中一泊旅行~呉編~
2013年11月18日 (月) | 編集 |
秋はどこへ行った!?ってくらい寒かった!!(>_<)
ローカルニュースでは松江のことしか言いませんでしたが、鳥取でも初雪が降ったんじゃないでしょうか。
それとも、職場の近辺にだけ降ったのかしら?ミゾレか雪かって感じだったんだけど。
冬が来るのが早すぎます(_ _;)


さて、話はかわりますが、瀬戸内一泊旅行のつづきです。

竹原の町並み保存地区を散策した後は、呉へと向かいます。
途中から、残念なことに雨が降ってきました。
まぁ、呉の観光は、『大和ミュージアム』と『てつのくじら館』の博物館コースなので、天候は関係ないっちゃぁ関係ないんですが。
竹原から1時間半ほどで呉に到着!
『大和ミュージアム』の駐車場が満車だったので、隣接するショッピングモールの駐車場を利用しました(どっちにしても有料なので)。


以下、詳細はつづきにて。


[READ MORE...]
『新笑傲江湖』第6週(第11話&第12話)
2013年11月15日 (金) | 編集 |

あぁ~~~、HDDに録画していた番組を手違いで全部消去してしまった~。・°°・(>_<)・°°・。
『織姫の祈り』も『画皮』も、見てないのがいっぱいあったのに~~~。ショック_| ̄|O il||li
一番悲しいのは、ずいぶん前にBSハイビジョンで放映された川本喜八郎先生のインタビュー番組も消えてしまったこと。
くすん、くすん。
アーカイブで調べてみたけど、ないのね。仕方ないので、リクエストしておきました。。。


気を取り直して。
本日は、『新笑傲江湖』第11話&第12話のネタバレ感想です。


[READ MORE...]
瀬戸内 港町 車中一泊旅行~竹原編~
2013年11月13日 (水) | 編集 |
寒くなりましたねー!
ホットカーペットはすでに出していましたが、今日は早速コタツも出しました。
そのうち、ストーブの出番になるのね。。。


さて、瀬戸内車中一泊旅行の続きです。

鞆の浦を出て、「道の駅たけはら」に向かった私たち。
予定では、まず、道の駅に車を止めて、道の駅から徒歩圏内にあるお店で夕食、食後、「道の駅」から車で20分ほどのところにある「かんぽの宿 竹原」で温泉に入って、再び「道の駅たけはら」に戻って一泊する、というものだったんですが…
18時頃、道の駅に着いて、いきなり予定が崩れました。
何と、駐車場が満杯で、全然空いてません!
こんな事態は想定外だよ!( ̄ロ ̄lll)
何で?何かあるわけ??こんな遅い時間に満車って、これからこの近くでコンサートでもあるのか???渦巻く疑問符。
しかし、何があるにしろ、車が止められないことに変わりはないわけで、仕方がないので、竹原駅近くの有料駐車場に止めて、目星をつけていたお店に行ったんですが…
これが臨時休業で開いてない!Σ(゚Д゚ノ)ノ
もう、とことんついてません _| ̄|O il||li
第二候補までは考えてなかったので、仕方なく、お店を探して商店街をうろついておりますと、何となく目につくのが、いわゆる萌えキャラのポスター。
「たまゆら殺人事件捜査本部」なんていう看板もあったりして。
萌えキャラで町おこししてるのかな~?とは思ったものの、アニメや漫画の世界から離れて久しい私、最近のものを全然知りませんで、その時も「ふーん?もしかして、コレのせいで満車だったのか?」くらいにしか思いませんでした。

夕食はご飯モノがいいなぁとお店を探したんですが見つけられず、結局、居酒屋風の一品料理のお店で手を打ちました。
しかし、お昼に引き続き、ここも値段の割には…というお料理で。大変残念でした。お店の人の愛想はよかったんだけどねぇ(_ _;)
それから「かんぽの宿竹原」の温泉に入って、道の駅に戻ったら21:00過ぎで、さすがに車ははけておりました。
無事、就寝場所を確保(笑)

そして、翌朝。
「そんなことしてたの?」と、またまた残念な思いをすることに~~~( ̄ロ ̄lll)

以下、詳細はつづきにて。


[READ MORE...]
『新笑傲江湖』第5週(第9話&第10話)
2013年11月10日 (日) | 編集 |

今日は(って、もう昨日か(^^;ゞ)、スーパーに買い物に行ったら、親蟹とズワイガニが並んでました。
毎年11月6日が解禁日なのです。
もうそんな季節なのね~。
1年早いわ~(^^;)


さて、すっかり遅れておりますが、『新笑傲江湖』第9話&第10話のネタバレ感想です。


[READ MORE...]
瀬戸内 港町 車中一泊旅行~鞆の浦仙酔島編~
2013年11月08日 (金) | 編集 |
瀬戸内車中一泊旅行のつづきです。

昼食を食べた後は、海援隊が乗っていた蒸気船いろは丸を模した、平成いろは丸で仙酔島へ。
この仙酔島という名前、「仙人も酔ってしまうほど美しい島」という意味なんだとか。


ということで、詳細はつづきにて。。。



[READ MORE...]
瀬戸内 港町 車中一泊旅行~鞆の浦街中編~
2013年11月05日 (火) | 編集 |
三連休を利用して、瀬戸内方面へ遊びに行ってきました。
例によって車中一泊旅行です(^ー^)
しかし、今回は計画がざっくり過ぎてツメが甘く、何だかいろいろ残念な感じになってしまいました(_ _;)

ま、それはともかく。

初日は、鞆の浦へ。
朝5:15出発!(5:00の予定だったけれど、今回は15分遅れですみました(^^;ゞ)
鳥取南IC=<鳥取道>=智頭IC~<53号>~津山IC=<中国道>=北房JCT=<岡山道>=岡山JCT=<山陽道>=福山東IC
9:30 鞆の浦着。

鞆の浦は、潮待ち、風待ちの港として栄えた町で、坂本龍馬ゆかりの地でもあります。
『崖の上のポニョ』の構想が練られたことで有名ですが、近年では、『ウルヴァリン:SAMURAI』や『潔く柔く』など、映画のロケ地としてもよく使われているようです。

さて、車を鞆の浦観光情報センターに停めて(有料。1日1,000円。そこで買い物をすれば500円返金)、鞆の浦散策マップを入手し、いくつかある散策コースの中で、「坂本龍馬めぐりコース」(所要時間約2.5時間)を歩くことにします。

この鞆の浦は、いわゆる「いろは丸事件」の舞台でして。

いろは丸事件・・・坂本龍馬ら海援隊の乗ったいろは丸が、鞆の沖で紀州藩の軍艦・明光丸に衝突されて沈没し、日本で最初の海難審判がこの鞆の浦で行われました。決着は長崎まで持ち越されましたが、万国公法を用いての審判は、龍馬らが紀州藩に勝訴します(そういえば、大河ドラマでそんな話があったわ!と改めて思い出した私ですが(^^;ゞ)。

その談判場所や龍馬が宿泊した場所などが残されていて、そこを巡るのが「坂本龍馬めぐりコース」なのでした。


以下、詳細はつづきにて。



[READ MORE...]
『新笑傲江湖』第4週(第7話&第8話)
2013年11月01日 (金) | 編集 |
今日は秋晴れのよいお天気でした。
しかし、もう11月ですよ…
毎度のことながら、月日の経つのが早いなぁ~~~(^^;)


さて、すっかり遅れておりますが、『新笑傲江湖』第7話&第8話のネタバレ感想です。


[READ MORE...]