春風☆ウォーク
3月22日(土)、山陰近畿自動車道駟馳山(しちやま)バイパス開通を記念して開催された「春風☆ウォーク」に参加して、開通前のバイパスを歩いてきました!
高速道路を歩くことなど滅多にないし~と、事前申し込みに応募したのですが、1㎞コースと4㎞コースがあって、体力に自信がなかったので、1㎞コースに申し込んでおりました。
4㎞コースは海士(あもう)跨道橋付近を、1㎞コースは駟馳山トンネル東側をスタートしてゴールはどちらのコースも大谷IC付近。

春風ウォーク8

当日は、お天気こそ回復したものの風が冷たく、ちょっと寒いくらいでしたが、気持ちよく歩いてきました。
1㎞って意外と短くて、4㎞コースにすればよかったなぁ、と思ったほどでした(^▽^;)
春風ウォーク2
1㎞コースのスタート地点。
左奥に見えるのは、新たに設置された山陰海岸ジオバークの看板で
スタートの際に、除幕式が行われました。
こちらです。
 ↓
春風ウォーク5

春風ウォーク1
スタート前のバイパス。
これからここを歩きます。
(歩いているのは、受付にやって来る人)

春風ウォーク4
駟馳山トンネル

春風ウォーク3
1㎞コースでは、ここを歩きません。
1㎞コースのスタート地点は、このトンネルよりゴールよりなのです。
4㎞コースの人たちは、この向こうからやってきて、
ここを通ってゴールを目指します。

春風ウォーク6
ゴール手前から、来た道を振り返ったところ。
人影がまばらですが、参加者は1㎞コース、4㎞コース合わせて1,000名。
ゴールでは人がごった返しておりました。

春風ウォーク7
ゴール~!
トリミングしてますが、実は、ゴール下はたくさんの人で溢れております。

私たちがこのゴールを目指してバイパスを歩いている間、ゴール付近では、祝賀式が行われていたようで、県知事、市長はじめ市議会のお偉いさんや、石破茂氏も来られてたようです。
ゴール直前に待たされて、お偉いさんの乗った車が、バイパスをパレードするのを見送りました。近くにいた人が、「今せんでも、本格的に開通して車が通れるようになったときにすりゃあいいのに」と文句タラタラ……ごもっともです(^▽^;)

ゴール付近には、漁協などの屋台が並び、モサエビ汁が無料で振る舞われました。
お汁は美味しかったんだけど、手際が悪いのか、人が殺到したからか、手にするまでにずいぶん時間がかかりました。
お昼ご飯を買おうにも長蛇の列でうんざり…(´д` )
歩いているときは楽しかったのに、終わってからが残念な気分でした。
こういう催しの時は、おにぎりなり、自分でお昼を用意しとかなあかんな、と。次回があるかどうかは不明ですが、とりあえず、教訓として覚えておきましょう。


※山陰近畿自動車道は鳥取と宮津を結ぶ計画の道路です。



スポンサーサイト
【2014/03/24 22:11 】 | お外 地域情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ミルキークリームロール(いちごみるく)
暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、何も雪まで降ることないのに~!という今日のお天気でした。
いつものことですが、晴れたと思ったらみぞれが降り、止んだと思ったら雨が降ったりあられが降ったり雪が降ったり…目まぐるしく天気が変わりました。雷まで鳴ってたし(´д`;)
それでも、北日本の大雪のことを思えば、不平は言っていられませんね。
被害のないことを祈ります。


さて、少し以前の話ですが。
オットがホワイトデーに、「ミルキークリームロール(いちごみるく)」を買ってくれました(^ー^)
鳥取に不二家が出来たのが2年前。オープン当初は行列ができて、店内に入るのに入場制限をするほどでした。その行列を傍観していた私(^▽^;)
だって、県外から鳥取に来た私にとっては、不二家は入ったことがないお店じゃないし、オープンしたからといって敢えて買いに行こうとは思わなかったんだもの。
この度、ホワイトデーに何がいいか?とオットが聞いてくれたのを機に、「ペコちゃんのほっぺ」をリクエスト。
ところが、間が悪いことに、行った時にはペコちゃんのほっぺが売り切れで。。。(夕方だったしねぇ)
そんなわけで、代わりに買ってくれたのが、こちらです♪

ミルキーロール2

ミルキーロール1
ミルキーを意識してか、キャラメル包みになっています。
巨大ミルキー(笑)

ミルキーロール3
クリームの中に、いちごのコンポートが入っています。

それほど“ミルキー”な感じはしませんでしたが(私の舌が鈍感なんでしょう(^^;ゞ)、美味しかったです♪

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

【2014/03/21 21:47 】 | キッチン スイーツ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
『新白髪魔女伝』第2週(第3話&第4話)

今日は、お彼岸なのでぼた餅を作りました。
あんこは既製品です(^^;)
味見はまだしてませんが、はてさて。。。
明日、オットの父の仏前にお供えしてからいただきます。


さて、本日は、1週間遅れの『新白髪魔女伝』第3話&第4話のネタバレ感想です。

read more...
【2014/03/20 22:24 】 | 映写室 武侠ドラマ 新白髪魔女伝 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
バースディ・ディナー 2014
少し前のことですが、新聞の折り込みに県立高校の入試問題が入っていたので、「どんなもんだべ?」と思って挑戦してみました。
国語はまぁまぁできた。
数学…かろうじて因数分解はできましたが、二次方程式が解けない…てか「解の公式」というものがあったことすら、すっかり忘れてた(^▽^;)有理化って何だっけ?球や三角錐の体積の求め方も忘却の彼方~。証明、関数、確率はほぼ全滅です。
英語は、今は聞き取りがあるんですねー。聞き取れる自信はないわ~。とりあえず、文章題の英文の大体の意味はわかりました。
社会は、歴史がダメだ~。近代史は嫌いだー!
理科は、ほとんど忘れてました。そういえば、そんなこと習ったな、みたいな感じ。
うーむ、今の状態では入れてくれる高校なんてなさそう~~(爆)

そんなことはさておき。
3月はオットの誕生月です。
本人は「嬉しくも何ともない!」と言っておりましたが、ご馳走は食べたかったようで、「ステーキが食べたい♪」と言うので、ご要望にお応えして、メインディッシュはステーキにしました(笑)
以下、覚書。

バースディ・ディナー2014 1
小さい牛ステーキだったので、足りないかも~と思って、豚さんを追加(笑)
グラタン(具はブロッコリーと鶏ムネ)
大根サラダ(玉ねぎドレッシング)
友達から貰ったプロテインのスープ
コションドールのバゲット
キウイソース

ケーキは例によって『トゥジュール』さんで。
ケーキの名前は忘れましたが…

バースディ・ディナー2014 2

バースディ・ディナー2014 3

美味しかったです~~♪

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2014/03/17 21:46 】 | キッチン つくったもの | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『新白髪魔女伝』第1週(第1話&第2話)

三寒四温と言いますが、最近の天気は春と冬が交互にやって来るようです。
昨日、暖かかったと思ったら、今日はみぞれ交じりの雨で、寒いのなんのって~(>_<)
ラナンキュラスの苗をもらっていて、蕾が膨らみかけているのですが、花が咲くのはまだまだ先のようです。


さて、本日は、1週間遅れの『新白髪魔女伝』第1話&第2話のネタバレ感想です。

read more...
【2014/03/14 16:36 】 | 映写室 武侠ドラマ 新白髪魔女伝 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
グラスアート 体験用小物
先日、グラスアートの教室の発表会みたいなのがありまして。
グラスアートの教室はあるセンターで行われているのですが、そこには他にもキルトや絵手紙フラダンスなど様々な講座がありまして、そういった講座の発表会のような催しが年に1回、そのセンターで行われているのです。
で、今まで作った作品を展示発表したり、習ったものを舞台発表したりするわけです(生徒さんの勧誘という目的もあると思われます)。

来られたお客さんに体験してもらうコーナーもあって(有料ですが)、お金払って私も作ってみました(笑)
グラスアート 体験用
手前はシルエットアートの定規、
左奥がグラスアートの小物入れで、
右奥はタイルアートの小物入れです。

なかなか可愛い♪

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

【2014/03/10 21:50 】 | アトリエ グラスアート&シルエットアート | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
『新笑傲江湖』第21週(第41話&第42話)

啓蟄も過ぎたというのに、雪が降った鳥取です。
寒いです。
虫も引っ込むわね、この寒さにびっくりして。


さて、本日は遅れております、『新笑傲江湖』第41話&第42話(最終話)のネタバレ感想です。

read more...
【2014/03/08 01:36 】 | 映写室 武侠ドラマ 新笑傲江湖(霍建華版) | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
イメージアルバム

孔明のヨメ。 (3) (まんがタイムコミックス)孔明のヨメ。 (3) (まんがタイムコミックス)
(2014/02/06)
杜康 潤

商品詳細を見る


4コマ漫画だと思って、単純に、今まで読んできたような『三国志』のパロディだと思ってたら、大間違いでした。
シリアスな展開になってきて、『三国志』の登場人物が揃いつつあります。
どこまで行くのかな~、三顧の礼か(そんなわけないか)、その先か…。
ともあれ、この先の展開も楽しみです(^ー^)

で、ドラマCDが出るんですね。
今でもそういうのってあるんだーと妙な感慨を持ちました(^▽^;)
三十有余年前にもあったんですよ、漫画のイメージアルバムっていうのが。
もちろん、CDではなくレコードです。

この先は思いっきり懐古趣味になりますので、つづきにて(笑)

read more...

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2014/03/05 22:44 】 | 本だな マンガ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画鑑賞『ホビット 竜に奪われた王国』

2月と3月は曜日が同じなので(閏年でなければね)、3月1日(土)もファーストディ、
1,000円で映画が観られます。
早速、『ホビット 竜に奪われた王国』(公式HPはこちら→)を観に行ってきました!
第1部を観ているのでね(その時の記事はこちら→)、当然第2部を観ないわけにはいきません。
ホビット 竜に奪われた王国

ビルボ、ガンダルフとドワーフたち一行は、オークの追跡をかわしながら、はなれ山を目指す。途中の闇の森の入り口で何かを見つけたガンダルフは、「絶対道を外れるな」と言い残して別行動をとる。ビルボたちは、道を捜しながら闇の森を進むが…


第1部から1年以上経つので、DVDをレンタルをして復習してから観に行きました(笑)
(でも、ビルボが指輪を手に入れたことと、トーリンたちドワーフが竜によって国を追われ、祖国の再建を目指していること、エルフが国を追われた彼らを助けてくれなかったことを覚えていれば、大丈夫。第1部を復習しなくてもついていけます。あ、ただ、ドワーフを見分けようと思ったら、見ておいた方がいいかも・笑)

で、第1部を小さいテレビ画面で観たから余計かもしれないんだけれど、第2部を観てまず思ったのは、このシリーズは、絶対大スクリーンで観るべきだ!!ってこと。
いや、もう、毎度のことながら、雄大で壮大で、思わず「おぉ~!」と見惚れてしまいます。
コミカルなシーンも健在、アクションシーンもスピーディな上に迫力満点で、見応え十分!
3時間弱という長さを感じさせません。

そして、今回の「お懐かしや~」なお方は、レゴラスです(原作には登場しないはずですが。しかし、ほんまにエルフちゃうか?っちゅーくらい変わらんオーランド・ブルームにビックリ・笑)。
『ロード・オブ・ザ・リング』より60年前の話とあってまだ若いってことでしょうね、とんがってる、とんがってる(^^;)
「ギムリ」の名前も出てきて、思わずニヤリとするシーンもあります(* ̄ー ̄)
さらに、ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』をご存知の方は、スマウグ(竜)とビルボの対決ににやにやすること必至。スマウグの声をベネディクト・カンバーバッチ氏が担当しているので、シャーロックとワトソンの対決になってます(って、私は『SHERLOCK(シャーロック)』未見ですけど)。
個人的にツボだったのは、ドワーフの恋ですね (〃∇〃)

ラストは、第2部の宿命と言いますか、『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』でカーボン冷凍されたままのハン・ソロを見送ったときと同じくらい、「えぇ~っ、ここで終わる~!?」な気分にさせられました。
(これで一件落着したら伏線の意味ないよな~と思いながら観てたんだけどね…)
早く続きが観たいです。。。




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2014/03/04 16:10 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
DVD鑑賞『初恋の想い出』

本日は予約投稿です!

最近、レビュー日記になっておりますが…(^^;ゞ
最近レンタルして観た映画の感想です。

初恋の想い出 [DVD]初恋の想い出 [DVD]
(2009/08/19)
ヴィッキー・チャオ、ルー・イー 他

商品詳細を見る

屈然(ヴィッキー・チャオ)と侯嘉(ルー・イー)は、1970年代の子供時代を同じ官舎で過ごした。お互いに好意を寄せあう二人だが、侯嘉の母は二人の交際に反対する。それは、侯嘉の父の死に屈然の父親が関わっているからだった。大人の事情に翻弄される自分たちの恋を、『ロミオとジュリエット』を拠り所に乗り越えようとする二人だったが…


物語は淡々と、当時を振り返る形で、屈然、侯嘉、それぞれの独白を交えながら展開します。
惹かれ合いながらも、親の都合で結ばれない二人。
母親の言いなりかぃ!?と、侯嘉をじれったく感じる場面もありますが、当時、親の意向は絶対だったんでしょうね。
二人は、親の因果で辛い思いをさせられる自分たちの恋を、シェークスピアの『ロミオとジュリエット』に擬え、拠り所としていきます。
その『ロミオとジュリエット』の映画を二人で観に行くシーンがあるんですが、ジュリエット役のオリビア・ハッセーの可愛らしいこと!!こんな美少女だったら、一目惚れもするわ~、と納得です(笑)
そして、彼女に負けず劣らず、ヴィッキー・チャオも美しいです!
ラストの彼女の表情は、何とも言えず、切々と胸に迫ります。
盛り上がりには欠ける、ただただ静かな映画なんですが、最後の彼女の表情に泣けました。
今だったら、携帯やPCなどで簡単に個人につながるけれど、当時はそんなものがなかった時代。想いを伝えるのにも時間がかかりました。複雑な事情のある二人には、さらにもどかしいほどの時間がかかります。
好みは分かれるかもしれませんが、私は好きです。なかなかの秀作だと思います。
機会があれば、ぜひ!


【2014/03/01 07:11 】 | 映写室 映画&DVD | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |