お花見 2017 その3
またもや日が開いてしまいましたが、お花見の続きです(;^ω^A

今回は京都の桜です。
去る4月の(月)、京都国立博物館での、休館日を利用した『海北友松展』特別観覧に行ったのです。
入館時間の10時まで30分程時間があったので、博物館の近くにある養源院へ行ってみました。
桜の名所が多い京都の中でも、ここは穴場だよ!と友人から教えてもらっていたのですが、桜の時期にはちょっと遅いし、どうかな~?と思いつつ、ダメ元で行ってみたら――

お花見2017その3 5
咲いてました!

お花見2017その3 1
十分見頃でした(*´▽`*)

お花見2017その3 2

お花見2017その3 10

お花見2017その3 3

お花見2017その3 4
紅葉の新緑も綺麗で、
秋もさぞ見事だろうと思います。

ちなみに、養源院は、豊臣秀吉の側室・淀殿が父・浅井長政の供養の為に創建し、後に淀殿の妹・江が伏見城の遺構を移築して再興した寺院で、血天井や俵屋宗達の絵画、小堀遠州による庭などが有名です。
むか~し、学生時代に血天井とか見たような気がする・・・(^^;)

養源院で桜を堪能した後、博物館へ。

お花見2017その3 6
特別展覧会に利用される本館。
とても雰囲気のある建物です。
片山東熊という建築家の作で、
有栖川宮邸や奈良博物館、赤坂離宮などの建築にも
携わった人だそうです。

お花見2017その3 7
こちらが正門。
左端に京都タワーが見えます。
休館日なので、噴水もお休み?(笑)

お花見2017その3 8

花見2017その3 11
仏教世界の美術工芸の神、毘首羯磨(びしゅかつま)と伎芸天だそうな。

お花見2017その3 9

海北友松展はとってもよかったです!!
趣向を凝らした展示をされていて、迫力満点なモノから静謐なモノまで、堪能しました!
休館日を利用した貸し切り観覧だったのがまたよかった。
料金はちょっと高めで、時間も2時間と限られていて、ちょっと足りないくらいだったんですが、それでもぎゅうぎゅうと押されたりしながら観るというストレスからは解放されるし、絵の観賞に集中できたのがとてもよかったです。
貸し切り観賞会があれば、ぜひ利用するのがいいですよ!

秋の国宝展行きたいなぁ・・・
でも、すごい人かなぁ・・・



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

【2017/05/26 16:34 】 | お外 花&鳥 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
お花見 2017 その2
前回の記事で、「また追々」とか言ってたら、あっちゅー間に5月も半ばになってしまいました(;´∀`)
もう、桜どころか、藤も牡丹も終わって、バラの時期だろ!って感じですが、備忘録なんで続けます(`・ω・´)


続いての桜は、所用あって実家に帰省した折、途中で寄り道して観賞した桜です。
その日は朝から大雨で、せっかく行っても無駄かなぁと思いつつ、諦めきれずに、行けるだけ行ってみようと出かけたのでした。
まず寄ったのは、八頭町の清徳寺
ここは、昨年、紅葉狩りに訪れたところですが(その時の記事はこちら→)、紅葉の名所は桜の名所でもあることが多いので、桜の木を見た記憶はなかったものの、行ってみました。
そしたら、やはりありましたよ(笑)
お花見2017その2 1
ひっそりと咲いてました。
ていうか、雨が降ってたから人もいません。
この写真も車の中からの撮影です。

お花見2017その2 2
でもね、メジロちゃんがいたの♪

お花見2017その2 3
新調したカメラの望遠、かなり使えます!d(´∀`)ノ

お花見2017その2 4

ここは、本命の桜が見られなかった時のための、「それでも桜は見たよね~」という保険的なモノで(笑)、本命は樽見の大桜なのでした。
そして、ラッキーなことに、出発した時からずっと降っていた雨は、兵庫との県境を越えたあたりで止み、青空も見え始めたのです。
天気が変わらぬうちに~とオットは急ぎに急いで車を走らせ、無事、現地に到着!!
樽見の大桜は近年有名になった一本桜で、大勢やって来る観光客に対応するため、係りの方が駐車場への案内や交通整理を行ってるので、その指示に従います。
駐車場から件の桜のある場所までは、杉林の中を歩かなければなりません。係りの方から、杖を持って行った方がいいよ、とアドバイスを受け、登り口に備え付けの木の杖を持って登ります。
雨上がりということもあって、道がかなりぬかるんでいて、復路で杖が威力を発揮しました。
お花見2017その2 5
逆光になっちゃってますが、
こちらが樹齢千年と言われる樽見の大桜。
養生の為に木枠が組まれています。
桜の下のゴロゴロ石は、その昔、この場所を開墾した名残で、
開墾して育てていたのは、お蚕さまのための桑だったそうです。
世界遺産に登録された富岡製糸場とも関連があったようです。

お花見2017その2 6
桜の周りをぐるりと一周できるようになっています。
見る方向に寄って桜の印象が変わりますね。

お花見2017その2 7
山を背景に・・・
山頂には雪が残っているようです。
(カメラを構えたオジサマが親切にも
「ここから撮るとよいよ」と教えてくれました・笑)

お花見2017その2 8

お花見2017その2 9
古木です。
幹が洞になってます。

お花見2017その2 10
ちょっと盛りは過ぎてましたが、満開の桜が見られて、
それも晴天で―
諦めかけていただけに、とっても感激です!

樽見の大桜を堪能した後は、もう一か所、ケサカ桜公園を目指します。実は、こちらも本命が見られなかった場合の保険として考えていた所(^^;)
が、その途中で昼食休憩。

お花見2017その2 11
桜の花びらの絨毯です。

お花見2017その2 12

本当は、樽見の大桜を見ながらお弁当を食べたらよかったんだけど、場所があるのかどうかもわからなかったので、持って行かなかったんですよね。
今思えば、道も悪かったし、持ち歩かなくて正解だったかもしれない。
車の中からだけど、桜吹雪を見ながら食べれたのもまた一興だったし(^ー^)

そして、ケサカ桜公園でも、満開の桜を見られました。
お花見2017その2 13
山全体が薄ピンクに染まって綺麗でした。

お花見2017その2 14

お花見2017その2 15

桜をしっかり堪能した後、実家へ。
途中の高速道路でヒョウが降って来たのには吃驚しましたが・・・。
雨が降ったり晴れたりヒョウが降ったり・・・目まぐるしく変わるお天気でしたが、桜を見ている間は晴天に恵まれたので、ありがたかったデス。

そして、今年のお花見、まだつづきます。(え?)

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

【2017/05/14 00:24 】 | お外 花&鳥 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |