『三生三世 十里桃花』
最近、武侠ドラマとか中国古装劇とかのレビューを全然書いていませんが、観てないわけではありません。
LaLaTVやチャンネルネコで放映中の『花千骨』や『四大名補』もちゃんと(?)録画視聴しています(その前にチャンネル銀河でやってた『女医明妃伝』も『一枝梅』も観てました―観てる時も思ってたんだけど、霍建華ウォレスフォばっかりや・・・)。
私にとって、レビューは備忘録でもあるので、書かなきゃな~と思ってはいるんだけど、なかなか気力がわかなくて・・・記事にできずにいます(^^;)

そんな中、今一番ハマっているのが、YouTubeで観ている『三生三世 十里桃花』。
主演は楊冪。


日本語字幕がなく、中国語字幕なので、何とな~く、の雰囲気でしか意味はつかめてませんが、あらすじ紹介サイトなどを頼りながら視聴してます。

全58集の内、第26集まで観ました。
天君とか東華帝君とか九尾狐とか、神話の世界のような、中華ファンタジーっていうんでしょうか、『古剣奇譚』と同じような雰囲気です。
何しろ、2万歳とか7万年前とか、語られる年の単位が桁外れ(笑)
(人間界での1年が天界での1日とか。それでン万年って、どんだけやヾ(^o^;))
あと、武功ではなく、魔法のような法術が使われます。


物語は、すれ違いやら三角関係やら~の王道の恋愛モノではありますが(私が今まで観てきた印象です)、情感が丁寧に描かれていて美しくも切ないドラマで、観始めたらその世界にどっぷりハマっちゃいました。


三生三世3
青丘の九尾白狐族、白止帝の娘、白浅。
男装し“司音”と名乗って、崑崙の上神・墨淵の弟子となる。
その後、故あって、記憶、法術を封印されて人間界に落ち、
天君の孫・夜華と出逢い、彼が天界の皇太子と知らずに恋に落ちる。

三生三世5
天君の孫で皇太子、夜華。
崑崙の上神・墨淵に生き写し。
金猊獣退治のため人間界に降りた折、
記憶を失くした娘(白浅)と出逢い、恋に落ちる。
娘に素素という名を与える。

三生三世1
折顔
十里桃林に住み、九尾白狐族と親交が深い。
医術に優れる。

三生三世6
翼族の第2皇子(その後翼君)、離鏡。
ひょんなことから司音(白浅)と出逢い、好意を抱く。
(司音は男装してたけど、女性だとバレちゃったのね)

三生三世4
白浅の姪、白凰九。
金猊獣に襲われたところを東華帝君に助けられ、
恩返しをする、と帝君につきまとう。

三生三世2
東華帝君
天君より位が高いっぽい。
本性は石らしいんですが・・・。
情を持たないとか言われてましたけど、さて。

この中の人、どこかで見たことある・・・と思ってたんですが、
やっとわかった!
『古剣奇譚』の尹千觴だ!

第26集で、白浅の封印は解かれ、記憶と法術は戻ったんだけど、心の傷は深くて~ってところで続く。
次集から三生が始まるんでしょうな。
一生が司音で、二生が素素で、次の三生は白浅としての恋?
ハッピーエンドでありますように・・・。


スポンサーサイト
【2017/09/07 01:01 】 | リビング 雑記 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |