FC2ブログ
ようこそようこそ!鳥取よりお送りする徒然日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想 『コロボックル絵物語』
2015年10月23日 (金) | 編集 |
大好きな『コロボックル物語』の新刊が発売される!書き手は、あの有川浩さん!
という情報を得て、「えぇっ!?Σ(゚Д゚ノ)ノ」と吃驚。
コロボックル物語は終わったんじゃなかったのか、いやいや、それよりなにより、佐藤さとるさん以外に書けるのかぃ!しかも有川浩さん!?好きな作家さんではあるけど、どうなの?と思っていたら・・・
あれこれ調べてみると、その佐藤さとるさんが、有川浩さんに「続きを書いてみないかい」と直々に打診された、とのこと。
これは安心して読めるに違いない、と確信に変わりました。
タイトルは『だれもが知ってる小さな国』。10月28日発売だそうです。

でも、その前に。
すでに、有川さん、掌編を発表されていたのですねぇ(^^;)
今から思えば、密林さんからおススメメールが来てた気がしますが、著者名まで確認もせず、今までのコロボックルシリーズの総集編みたいなものかと、完全スルーしてました(;^ω^A


てなわけで、本屋さんで買ってきました~。

読後感は、一言で言って「懐かしい」です(笑)
主人公の女の子が『だれも知らない小さな国』を読むシーンでは、劇中劇のように、その物語が蘇り、主人公と一緒になって物語を読んでいるような(読み返しているような)気分になります。
挿絵もお馴染み、村上勉さんで、当時の挿絵がそのまま再現されてるものだから、好きな人間にはたまらなく懐かしいのです。

コロボックルシリーズを読み返したくなって本棚から『だれも知らない小さな国』を取り出したら、文庫本なんだけど、昔の本なもんで、活字が小さいの!
今の文庫本て、活字が大きかったんだなぁ、と妙なことに時代の流れを感じました(^^;)

それはともかく、有川さんの新コロボックル物語、期待できると思います(^^♪


関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。