FC2ブログ
ようこそようこそ!鳥取よりお送りする徒然日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢 車中一泊旅行 その2
2016年10月25日 (火) | 編集 |
地震のおかげで、高校時代の友達と、何十年ぶり?ってくらい久しぶりに話をし、東京にいた頃お世話になっていた老師からも久しぶりにメールをいただきました。
本当に久しぶりで、不謹慎かもしれないんだけど、何だか嬉しかったです。
まぁ、無事だったからこそ、こうやって喜べるのではありますが。


さて、金沢21世紀美術館で金魚を堪能した後は、ちょっと疲れたのと、今後の予定を立てるのにゆっくり座ってお茶でもしようと、香林坊まで足を延ばしました。

金沢車中一泊旅行34
これはその途中で撮った消火栓のふた。
兼六園の風景ですね。



以下、つづきにて~


香林坊って、ガイドによると「金沢のトレンド発信地」だそうです。まぁ言えば、銀座みたいなところ?
「大和」というデパートと「東急」がありました。
人も多くて、金沢って都会~!とびっくり(爆)
初めて来た時は、香林坊には行かなかったと思うけど、香林坊に限らず、そんなに観光客は多くなかった気がする・・・
これも新幹線効果なんでしょうか?

歩いて結構疲れちゃったので、目についたお店に入ったら、本屋さんの中の喫茶店でした。
『金澤文豪カフェ杏』。
作家さんのサインが飾ってあって、私たちが座った席の壁には北方謙三氏のものが飾ってありました。
金沢車中一泊旅行35
白山キリマンジャロと金澤珈琲(だったと思う(;´∀`)

金沢車中一泊旅行36
白山キリマンジャロにはお菓子がついてます。
このお菓子、一口もらったんだけど、とっても美味しかった!!
後で、お土産にしようと思ったら、どこのお店のお菓子だか
全然わかんなくて、デパートで探した探した・・・
無事に見つけましたよ(´▽`*)
「金沢うら田」の愛香菓というお菓子でした。
(お土産を贈った相手からも好評です♪)

金沢車中一泊旅行37
カップは九谷焼。

さて、そこで一服して英気を養い、作戦会議(んな大袈裟なもんでもないが・笑)をした結果、この後は尾山(おやま)神社へ向かうことに。
金沢車中一泊旅行46
鳥居と洋風建築・・・何とも不思議な光景です。

尾山神社は初代加賀藩主・前田利家とその正室・まつを祀った神社です。
え、神社に祀られてるってことは、御祭神てことよね?そうか~、利家は神様になってたのか!

ですが、私、利家とまつにはあまり興味がなく、ここで観たかったものは、このギヤマンがはめ込まれた神門なのでした。
金沢車中一泊旅行41
拝殿側から撮った方がステンドグラスがよく見えます。。。

金沢車中一泊旅行42
きれ~い!
お天気が良ければもっと映えたかなぁ。

金沢車中一泊旅行38
神門をくぐります。
上層部は洋風だけど、門は和風。
神社だから注連飾り・・・当然ではあるのだけれども
濃厚に漂う場違い感(^▽^;)

金沢車中一泊旅行45
前田家の家紋ですね。

金沢車中一泊旅行39
拝殿。

金沢車中一泊旅行40
導水管。
説明パネルによりますと、
三代利常の頃(1632年)、犀川の上流から金沢城へ導水した辰巳用水が完成。
それを機に、その一部を分岐して金谷御殿(今の尾山神社)にも
サイフォンの原理を応用して(『ぶらタモリ』でやってましたね!)
兼六園の水を引き、響音瀑という滝を作ったんだそうです。
当初、水路は木管で作られていましたが、
1844年に石の導水管に取り替えられたのだそう。

金沢車中一泊旅行43
前田利家公銅像。
母衣(ほろ)を背負ったお姿です。
利家さん、信長の母衣衆だったんですね。
母衣は、昔は矢を防ぐための武具だったようですが、
戦国時代には実用性は失われ、名誉の装飾具となったそうです。
まぁね~、こんなの背負ってちゃ、撃ってくださいって
言ってるようなもんだしな。

金沢車中一泊旅行44
利家の金鯰尾兜。

今調べてみたら、神苑があったのね・・・(^^;)
全然気づかなかったので、見落としちゃったわ!

そうして、尾山神社を参拝した後は、途中、加賀指ぬきや加賀手毬のお店を覗きつつ、近江町市場を目指します。

金沢車中一泊旅行47
下水のマンホール。
これは、水引かな~?

近江町市場に着いたのは、夕方5時過ぎ。
すでに営業時間を終えて、片づけにかかっているお店が多かったです・・・
夕食に~と考えていたお店も閉まってて (;´Д`)
人気店らしいので、もうネタが切れたんだろうなぁ。
仕方がないので別のお店へ。
「近江町市場寿し」さん。
(今調べたら、行こうと思っていたお店の支店だった(^^;ゞ)
金沢車中一泊旅行48
おまかせ握り10貫。

金沢車中一泊旅行49
粗汁つき。

これに、しめ鯖も頼みました。
どれもとっても美味しかった~(*´▽`*)
大満足です。
鳥取も魚は美味しいんだけど、美味しいお寿司屋さんって聞かないんだよね。
私が知らないだけかもしれないけど(;^ω^A

美味しいお寿司を堪能した後は、金沢駅へ。

金沢車中一泊旅行50
鼓門。
これも前に来たときはなかった。

金沢車中一泊旅行51
特徴あってカッコいいですねぇ。

金沢車中一泊旅行52
駅の入り口から鼓門を望む。
近未来的。
新幹線が通るとこんなに変わるのね~!

金沢車中一泊旅行53
金沢駅構内のショッピングモール入り口にあった
ひゃくまんさん。
石川県観光PRマスコットキャラクター。
さすが、加賀百万石、豪華さを前面に出してますな~(笑)

ショッピングモールは、お土産を買い求める人で賑わってました。

金沢駅も見たし、今日のところはこれまで―ってことで、駅前からバスに乗って兼六園近くの駐車場まで戻ります。
さすがに、帰りも歩くパワーは残ってませんでした(;^ω^A

この日のお宿―というか、車中泊の場所は、道の駅「内灘サンセットパーク」。
写真に撮り損ねましたが、内灘大橋がかかってて、夜景が綺麗でした(道の駅に着いたときは、雨は止んでたのだ)。
橋を渡った先には、「ほのぼの湯」という温泉施設があって、温泉にも入れます(´▽`*)
(まぁ、温泉施設が近くにある道の駅を選んでくれてるんだけども)
近所の方々がお風呂セットを持って入りに来ているような、地元に愛されている銭湯のような感じでした。
ほっこりします。


ということで、その3につづく・・・



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。