砂の美術館 第10期
お盆休み、久しぶりに『砂の美術館』へ行ってきました。
せっかくのお休み、どこかに遊びに行きたいな~と思っていたんだけれど、「どこ」というはっきりした場所も思い浮かばず、お盆の準備とかあってあまり遠出もできないし、近場で―って思いついたのが、何年ぶりに訪ねるかっていうくらい久しぶりの砂の美術館。
気がつけば、もう第10期展示ですよ。
前回見たのは、第6期だから4年前?随分来てませんねぇ(^^;)
人づてに、昨年のアフリカ編南米編(すみません、間違ってました)が今までで一番よかった、と聞いたんですが、結局行きそびれちゃったしねぇ。

それはさておき、第10期はアメリカ編です。

砂の美術館第10期 1
アメリカって言えば、ハリウッドだよね。


以下、つづきにて~。


砂の美術館第10期 2
スポーツに

砂の美術館第10期 3
ジャズ。

砂の美術館第10期 4
アメリカ文学「アンクルトムの小屋」
実は、読んだことない(^^;ゞ

砂の美術館第10期 5
南北戦争とリンカーン

砂の美術館第10期 6
ゴールドラッシュ

砂の美術館第10期 8
独立宣言

砂の美術館第10期 7
デラウェア川を渡るワシントン
有名な絵画だそうです。

砂の美術館第10期 12
マウントラシュモアとグランドキャニオン

砂の美術館第10期 9
ネイティブアメリカン
樹木の葉と羽飾りの細かいこと!

砂の美術館第10期 10
アメリカの動物たち

砂の美術館第10期 11
西部開拓時代

砂の美術館第10期 13
ニューヨークの摩天楼

砂の美術館第10期 14
発明と工業の発展

砂の美術館第10期 15
繁栄と世界進出

砂の美術館第10期 16
宇宙開発
シャトルから噴き出る噴煙の表現力がスゴイ。

砂の美術館第10期 17
アメリカの美術

砂の美術館第10期 18
2階から見た眺め。
背景の色が微妙に変わるのでした。

ん~、細かいものもあるんだけれど、全体的にのっぺりした印象で、最初に見た頃のような感動はちょっとないなぁ。
って、作業される方はそりゃぁ細心の注意を払って、細かい作業をされてるんでしょうし、モノの質感なども苦労して表現されているんだと思うんですけども…(^^;)

次の第11期は「北欧編」だそうです。
ちょっと見てみたい気が…(笑)
見応えあるといいなぁ。




関連記事
スポンサーサイト
【2017/08/28 23:48 】 | お外 地域情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<『三生三世 十里桃花』 | ホーム | 『フェデネージュ』でバースディ・ディナー>>
コメント
No title
>細かいものもあるんだけれど、全体的にのっぺりした印象で、最初に見た頃のような感動はちょっとないなぁ。

なんか、同感。TV画面でしか見たことはありませんし、細かい作業には感心しますけど、なんか、「ふ~ん」問感じの作品が多いような……。
あと、「アンクルトムの小屋」とか、昨比を見ていても、原作(一応、ジュブナイル版、読んでます)原作のシーンが浮かんでこなかったり、作品そのものを見ただけでは、内容のわからないものが多かったり。
わざわざ出かけられたのに、ちょっと残念な感じでしたね。

>次の第11期は「北欧編」だそうです。
>ちょっと見てみたい気が…(笑)

あ。私も(笑)
北欧というと、北欧神話とかバイキングとか、色々ありますものね。

>見応えあるといいなぁ。

ですね(^^)


【2017/08/31 06:20】| URL | rei★azumi #1t.FV5WQ[ 編集] |
>rei★azumi さん
> なんか、同感。TV画面でしか見たことはありませんし、細かい作業には感心しますけど、なんか、「ふ~ん」問感じの作品が多いような……。

あ、reiさんもそう感じられます?
よかった、私の感覚が鈍ってるんじゃなくて。
なんか、迫力というか、見ている者を圧倒するようなモノが全然感じられなかったんですよ。

> わざわざ出かけられたのに、ちょっと残念な感じでしたね。

はい、ホント、残念でした(´・_・`)

> 北欧というと、北欧神話とかバイキングとか、色々ありますものね。

ですね~!(´▽`*)
もし見に行けたら、また写真つきでご報告しますね(笑)
てか、機会があれば、ぜひお越しください!
【2017/09/01 00:05】| URL | ふく*たま #maBIPWaU[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fukufukuhouse.blog25.fc2.com/tb.php/1448-72378a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |