FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.11.10 (Fri)

怒涛の沖縄旅行 その3

すっかり秋らしく~ていうか、秋を通り越して寒いくらいですね。
過ごしやすい秋はどこへ行っちゃんたんでしょう?

6月頃に図書館に頼んでいた本が、最近になってようやく来ました。
予約でいっぱいで~っていうんじゃありません。
図書館の検索用PCではあることになっている本が「見当たらない」と言われ、見つかり次第連絡するってことになってたんですが、音沙汰なし。
私も忘れてましたよ。
つい先日、「やはり、本はない。他の図書館にあるので取り寄せることはできる」と連絡が来て、取り寄せてもらいました。
あるはずの本が何故なくなっているのか・・・。
そういえば、何年か前に蔵書を何千冊も失くしたってニュースになってたなぁ。
きっと、図書館の管理の問題だけじゃないよね、借りる方のモラルも問われてるのかもしれない。


さて、沖縄旅行2日目の続きです。
写真多めです。お時間のある時にどうぞ。

【More】



今帰仁城を後にして、美ら海水族館を目指します。
その途中、サトウキビ畑を見ました。
一面ていうわけではなかったけれど、「これがサトウキビ畑か~」と思うのと同時に、頭の中を「ざわわ ざわわ ざわわ」という歌詞が巡っていました。

で、水族館の駐車場に行きつく前に、「目的地に近づきました」と、またしてもナビに放り出されてしまったのですが、何年か前に沖縄に来たことのある友人のおぼろげな記憶と、ドライバーの機転で、無事に駐車場に到着(;´∀`)

楽しみにしていた美ら海(ちゅらうみ)水族館に来ましたよ~(´▽`*)

怒涛の沖縄その3 1
生憎の曇り空。
青空に泳ぐジンベエザメが観られず残念~(>_<)

怒涛の沖縄その3 2
めっちゃ大きい。
もしかして、実物大?

怒涛の沖縄その3 3
花に埋もれたカメ。

怒涛の沖縄その3 4
遠目に見える砂浜はエメラルドビーチ。
水族館から歩いていけるらしいので、
時間があったら行く予定です。

怒涛の沖縄その3 5
水族館入口へ降りるエスカレーターから臨む海。
水族館は入り口が一番高くなっていて、
降りながら生き物たちを観察する仕組みになっています。
(今、結構どこの水族館もそんな感じだよね)

怒涛の沖縄その3 6
珊瑚の海。

怒涛の沖縄その3 7

怒涛の沖縄その3 8
太陽の光が降り注ぎ、美しかった。

怒涛の沖縄その3 9
色鮮やかな魚。

怒涛の沖縄その3 10
こちらは個水槽に展示されていたエビ。
写真じゃ伝わらないけど、めっちゃデカいのだ。
異様な感じで、ちょっとコワかった。

怒涛の沖縄その3 11
癒しのクラゲ。

怒涛の沖縄その3 12

怒涛の沖縄その3 13


そして、お待ちかね、「黒潮の海」というタイトルのメイン水槽へ。
怒涛の沖縄その3 14
写真じゃ全然迫力が伝わりませんけども・・・(´゚д゚`)
ほんっとに、すごかったのよ。
その大きさと言い、迫力と言い・・・。
人のシルエットでそれを感じてください。

怒涛の沖縄その3 15
悠々と泳ぐジンベエザメとブラックマンタ。

怒涛の沖縄その3 16

怒涛の沖縄その3 17

怒涛の沖縄その3 18

怒涛の沖縄その3 19

怒涛の沖縄その3 20

怒涛の沖縄その3 21

怒涛の沖縄その3 22
この水槽の前でどんだけ撮るねん!?っちゅーくらい
撮ったわ(;´∀`)

怒涛の沖縄その3 24
これが巨大水槽のアクリルパネル。
7枚のアクリルパネルが高度な接着技術で
巨大な水圧に耐え、かつ、クリアな1枚のパネルに
なっているのです。


メイン水槽を見た後は、「サメ博士の部屋」でサメの歯や標本、水槽で泳ぐサメを観察。
サメの生態をいろいろ学べて、とても面白かったです。
サメって、卵生(卵を生む)と卵胎生(お腹の中で孵化して子どもの形で産む)があるんですって。
人を襲うことでも有名なホホジロザメは、卵胎生。しかも、お腹の中からすでに弱肉強食の世界が繰り広げられるらしい・・・こ、こわい(>_<)

最後に「深海への旅」で、タカアシガニやら目の下が光る魚やらを見学し、ショップでお土産を物色した後、一旦外へ。

外に出たら晴れていたので、青空の下の海を一目見ようと、エメラルドビーチへ向かうことにします。
怒涛の沖縄その3 25
ビーチへ向かう道。

怒涛の沖縄その3 27

怒涛の沖縄その3 28
標識の上にいたシーサー。
青空によく映える~。

怒涛の沖縄その3 29
タコノキ。
言われてみれば、根がタコの足のよう。

怒涛の沖縄その3 30
実は食べてはいけないらしい。

怒涛の沖縄その3 31
そして、到着しました。
エメラルドビーチ。

怒涛の沖縄その3 32

怒涛の沖縄その3 33
日の当たり方によって、色合いが全然違います。
やはり、太陽の光が当たると、一層鮮やか!!

怒涛の沖縄その3 34
風はとっても強かったけれど、
皆さん、泳いでましたねぇ(笑)
確かに、まだまだ泳げるくらい暑かった。

怒涛の沖縄その3 35
こちら、エメラルドビーチにいたシーサーさん。
今回の旅のあちこちでシーサーを見かけました。
どれも、いろんな表情をしていて面白い。

美しい海を堪能した後は、水族館に戻りましょう。
お昼ご飯も食べなければなりません。

怒涛の沖縄その3 36
戻る途中も、美しい風景を見つけては写真に収め・・・

怒涛の沖縄その3 38
これが、食べちゃダメという実ですな。
見た目パイナップルに似てるんだけど、
めっちゃ固い。

怒涛の沖縄その3 39
ホントに台風来てる?
ってくらい、雲は多いけど青空でした。

外に出たついでなので、外にある施設「マナティー館」と「ウミガメ館」に寄っていきます。
マナティーは、のーんびりと泳ぐ―ていうか、揺蕩っていました。
でも、今までの水槽からすれば、がら~んと寂しい感じがしてしまったわ。

怒涛の沖縄その3 41
こちら、ウミガメ館に誘導するタイル。
可愛い♪

怒涛の沖縄その3 42

怒涛の沖縄その3 43
こちらもの~んびり。
観てて飽きないわ~(笑)

怒涛の沖縄その3 44
水族館の外観。
蒸し暑い日だったので、ミストが出てました。

怒涛の沖縄その3 45
ここにもジンベエザメが。

怒涛の沖縄その3 46
降り返ると、飛行機雲。

再入場し、カフェでお昼ご飯を食べるつもりだったのですが、さすがに昼時、とっても混雑していて席がなかったため断念。
外に出て、総合案内所内にある『カフェ ティーダ』というところで食べました。

怒涛の沖縄その3 48
沖縄そば。
注文してからすぐ出てきたんで
びっくり!(笑)
沖縄そばの専門店で食べたんじゃないから
ホンモノの味はわからないけど、
これはこれで美味しかった。


さて、腹ごしらえをすませた後は、南下して、本日のお宿を目指します。

というところで、その4につづく。。。


関連記事
スポンサーサイト
16:56  |  お外 学友たちとの旅行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ゆっくり観られて良かったね〜
私ももっとゆっくり観たかったわぁ。
イルカのショーは観なかった?
一緒に行った人は好きじゃないと言ってたけど(だったら何故観ようって言ったんだろう?)私は何も考えてないのでただただすご〜い‼︎って喜んじゃうのよね(^^;)
海も綺麗に見れて何よりでした。
海遊館で観るよりうんと迫力あるよね。
また行きたいよ、いつか。
のりこ |  2017.11.10(Fri) 19:23 |  URL |  【コメント編集】

★>のりちゃん

> ゆっくり観られて良かったね〜

うん、人も多かったけれど、割と心ゆくまで楽しめたわ。

> イルカのショーは観なかった?

イルカのショーは観なかったの~。
台風の影響がコワくて、なるべく早め早めに動こうねってコトにしてて。
イルカのショーは私も好きなんであったら絶対観る方なんだけど、今回は観てたら時間がいくらあっても足りないなぁってことで諦めた。
たぶん、誰もが観たかっただろうけど自粛してた感じ(笑)

> 海遊館で観るよりうんと迫力あるよね。

そうそう。やっぱり大きさ違うわ~!

> また行きたいよ、いつか。

私もまた行きたい!
今度は一緒に行こうね!
ふく*たま |  2017.11.10(Fri) 21:49 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fukufukuhouse.blog25.fc2.com/tb.php/1453-0653885a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |