FC2ブログ
ようこそようこそ!鳥取よりお送りする徒然日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国宝展と原画展
2017年11月07日 (火) | 編集 |
ご存知の方はご存知でしょうが、今、京都国立博物館では、特別展覧会『国宝展』が開催されています。
10月3日から11月26日まで、国宝約210件が4期に分けて展示されるのです。

全国から国宝が集められ、いっぺんに観ることができるなんて、そうそうあることじゃありません。
しかも、京都は行けない距離じゃなし、この機会を逃す手はない!
てことで、行って参りました~(´▽`*)

国宝展と原画展1

私が行ったのはⅢ期の初日だったのですが、すでに『国宝展』に行ったことのある友人から、
「すごい人だから覚悟して行くように。まずHPなどで公開されている展示リストを見て、“これだけは観たい”というモノを確認してから行くといいよ」
というアドバイスを受けていたおかげで、すごい人の行列にも圧倒されず、観たいモノを見落とすこともなく、国宝を堪能することができました。

教科書でしか知らなかった国宝の実物を観られたのは、やはり貴重な体験だったと思います。
近くに住んでたら、全期行きたかった~!

展示以外にも、日本画の顔料や墨、螺鈿、蒔絵の製造過程を紹介するコーナーがあって、そちらもなかなか面白かったです。
胡粉(ごふん)が貝がらを砕いて作るとは知らなかったし、墨の匂いが膠の臭いを消すための香料の匂いだってことも、初めて知ったし、金印の重さを実感できたり(純金だけあって、小さいのに結構重い)。
親しみやすさと技術の素晴らしさと両方を感じられてよかったです。


そして、その翌日には、神戸ゆかりの美術館で開催されていた『萩尾望都SF原画展』へ行ってきました。
モー様は私が大好きな漫画家なのです。
学生時代、どんなに夢中になって読んだことか・・・その原画が観られるなんて、こんな機会、逃す手はない!
てか、逃してなるものか!

国宝展と原画展6

本当は、国宝展と原画展と1日で回ろうと思ってたんだけど、あまりにも無謀だというコトに気づき、実家に泊めてもらって2日に分けて行って参りました(笑)


国宝展と原画展5
レッド・星と
国宝展と原画展4
阿修羅がお出迎え~♪

国宝展と原画展3
一緒に記念撮影できるんです。
見ず知らずの人とお互い撮りあいっこしちゃったよ(笑)

はぁ~~~、もうね、素晴らしかったです。描写の繊細さと妥協のなさ、尽きない想像力と創造力。表現することへの追求というのか、とにかく、A4サイズくらいの紙面からにじみ出るパワーがすごい。
いや~、観れてよかった!感涙ものでした~

もう一回読み直そう。




関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。