読書感想『辺城浪子』
久々の読書感想です(^_^;)
読んだのはこちら。

辺城浪子〈1〉 (小学館文庫)辺城浪子〈1〉 (小学館文庫)
(1999/06)
古 龍

商品詳細を見る

辺城浪子〈2〉 (小学館文庫)辺城浪子〈2〉 (小学館文庫)
(1999/06)
古龍、岡崎 由美 他

商品詳細を見る

辺城浪子〈3〉 (小学館文庫)辺城浪子〈3〉 (小学館文庫)
(1999/08)
古龍

商品詳細を見る

辺城浪子〈4〉 (小学館文庫)辺城浪子〈4〉 (小学館文庫)
(1999/08)
古龍

商品詳細を見る

葉開は、黒い鞘の刀を手に握り締めた男・傅紅雪と出会う。傅紅雪は父親の仇・関東万馬堂の馬空群を探していた・・・


阿吉さんからお借りしている本です。(長いことお借りしていてすみません~m(_ _)m)

これ、読み始めてすぐ、「ん?この話は、映像で見たことがあるような気がする・・・」と気づきました。
映画の内容はよく覚えてないのですが、「葉開」という陽気な主人公と黒装束の寡黙な男、ラストの種明かし部分を少し覚えていたのです。
で、調べてみたところ、私が見たのは、たぶん、コレ。

英雄剣 [DVD]英雄剣 [DVD]
(2004/12/25)
ティ・ロン、アニタ・ユン 他

商品詳細を見る

チャンネルNECOあたりで放映してたんでしょうねぇ。ちょうど、武侠ドラマにはまった頃かなぁ?
たぶん、ストーリー展開には全然ついていけてなかったと思います(何しろ、断片的な記憶しかない。ま、元々記憶力には自信ないけど(^▽^;ゞ)。
でも、葉開というキャラクターが結構気に入って見ていたような記憶です。小李飛刀はわかったから、『多情剣客無剣』を読んだ後だったんだろうな。

それはさておき。
面白かったです(貧弱な語彙ですみません(^^;ゞ)。
緻密に計算された小説というよりも、流れや勢いに乗って登場人物や物語が膨れ上がっていく・・・そんな印象の小説でした。
『楚留香 蝙蝠伝奇』よりもこちらの方が面白かったです。
『蝙蝠伝奇』は、外伝ということもあってか、楚留香の魅力がイマイチ掴みにくくて・・・(^^;)
キャラクターの性格などがわかった上で読むと面白かったんじゃないかと思いますが、外伝しか翻訳されてないらしいので、如何せん・・・(_ _;)


さて、この『辺城浪子』。
古龍節とでもいうのか、勢いで物語が動いていくので、かなり強引なつじつま合わせがあったりして、あれれれれ?と思う部分もあるんですが、勢いに乗っかって読めてしまいました(笑)
葉開のキャラクターによるところも大きいです。ちゃらんぽらんなようでいて、小李飛刀直伝の凄腕だっちゅーところが、何しろカッコいい!しかも、「それが人を殺すためのものじゃない」って、カッコよすぎでしょ。
この葉開が「陽」なら、その対の「陰」は傅紅雪。彼は復讐のためだけに生きてきたわけですが、彼が変わっていくところも見所です。

人生訓のような言葉が随所に出てくるのもなかなか味わい深いです。
あとがきで「中国のファンの間では、古龍作品の人生警句集が作られている」と触れられていましたが、納得(笑)

葉開、傅紅雪が活躍するという『九月鷹飛』『天涯名月刀』も読んでみたいなぁ。
でもって、『多情剣客無情剣』も再読したくなりました。。。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2012/05/25 21:21 】 | 本だな 歴史もの(含・武侠小説) | コメント(3) | トラックバック(1) | page top↑
<<トマトの支柱を立てる | ホーム | ドラマ『三国志』~劉備、益州を得る~>>
コメント

読まれましたか!
急ぎませんので、どうぞゆっくり読んで下さい(^^)

>チャンネルNECOあたりで放映してたんでしょうねぇ
英雄剣、私も見ました!
確かにNECOだったはず。
小説より明るくてホッとした印象です。

古龍作品って、いろんな作品に
別の作品のキャラクターの名前が
頻繁に出てきますよね。

傅紅雪はとにかく暗いので、
前半重苦しいですが、
葉開はかなり楽しいキャラだった印象です。

古龍の名言には痺れますよね!
リアルで聞くと恥ずかしいかもしれませんが(^^)
【2012/05/26 15:47】| URL | 阿吉 #pSYVpAvU[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/05/26 15:56】| | #[ 編集] |
>阿吉さん
> 急ぎませんので、どうぞゆっくり読んで下さい(^^)

ありがとうございます、お言葉に甘えておりますm(_ _)m

> 小説より明るくてホッとした印象です。

私、もうあまりよく覚えてないんです。
もう一回見たいなぁ!!

> 古龍作品って、いろんな作品に
> 別の作品のキャラクターの名前が
> 頻繁に出てきますよね。

そこがまたツボだったりします~。
名前だけでも「鉄中棠」とか出てくると、「おっ!?」と思ってしまう(笑)

> 葉開はかなり楽しいキャラだった印象です。

はい、 かなり気に入ってます。
でも、阿吉さんの感想を読ませてもらって初めて「あ、18歳だったんだ!?」と気づきました。
仰るとおり、老成してますね~~~(^▽^;)

> 古龍の名言には痺れますよね!

書きとめようかと思ったんですけど、キリがないのでやめました(爆)
【2012/05/28 23:35】| URL | ふく*たま #maBIPWaU[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fukufukuhouse.blog25.fc2.com/tb.php/969-e4afed09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
辺城浪子
古龍の「辺城浪子」を読みました~! いわゆる古龍作品の絶版モノだったので、 ユーズドであちこちからかき集めて購入! 表紙は私の好きな正子公也さんの絵でございます(^^; 全く関係ないですが、... 年年大吉【2012/05/26 15:54】
| ホーム |